”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-72 日本へ帰国・完結編


【幻想の国 エキゾチックモロッコ10日間旅行記】10日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】

日本に帰国の途へ?!

 ビジネスクラスのアメニティー

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発します6

こちらはフライトアテンダントさんに強引に貰った女性用のアメニティーです。

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発します7

ブルガリのポーチを開けて中身を見てみる事に。

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発します8

すると小さなポケットにはブルガリの化粧水や乳液や香水などが収められています。

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発します9

他にはコンパクトや歯ブラシやヘアーブラシなどが入っていました。

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発した機内の様子

こちらは男性用のアメニティー。こちらもポーチはブルガリですが、ポーチの形や色も女性用とは全然違いますね。

エコノミークラスのアメニティーとは雲泥の差ですね!

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発した機内の様子1

ポーチを開けると手前には香水やアフターシェービングローションなどブルガリ製の製品が入っています。

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発した機内の様子2

それ以外に髭剃り&シェービングフォーム、制汗剤、ヘアーブラシ、歯ブラシセット、ティッシュなどが入っています。

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発した機内の様子3

この旅7回目の「ボヘミアン・ラプソディー」はすでにBGMのようになっているので「地球の歩き方 モロッコ編」を見てモロッコの復習をします。

 機内食の寿司!!

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発した機内の様子4

そんなモロッコの復習をしていると、フライトアテンダントさんがテーブルクロスを敷きに来てくれて機内食の時間が来ました。そしてボクが選んだのは勿論お寿司!!

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発した機内の様子5

左手前に乗っているのは鰻のようです。

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発した機内の様子6

カリフォルニア・ロール。海外ではこちらの方が人気があるみたい。

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発した機内の様子7

サーモンのにぎり。ちょっと色が美味しそうな感じではないように見えたが。。

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発した機内の様子8

ちゃんとガリとワサビも用意されています。醬油差しは見慣れたお魚のもの。一気に日本感が出てきました!

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発した機内の様子9

まずはサーモンからいただきます!寿司の食べ方は昔に読んだ漫画「美味しんぼ」で学んだように、醤油はシャリには付けずにネタ側につけます。

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発した機内の様子10

それにしても飛行機内でこんな風景のように、ゆったりワインを飲みながらお寿司を食べれるなんて想像にもしていませんでしたね。。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内から

窓の外は映画「君の名は。」ではないけど”黄昏時”のような景色が窓から見えます。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内から1

お寿司を食べ終わる頃には7回目の「ボヘミアン・ラプソディー」で一番好きなエンディングシーンが流れていました。

何回見ても鳥肌が立つ瞬間です!!

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内から2

窓の外はだいぶ明るくなってきました。

 機内のラウンジへGO!

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内から3

ただ飛行機に乗っているだけでは勿体無いので、この飛行機でもラウンジに行きます。すると他の日本人の先客がカウンターを占領していました。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内から4

その脇には上に上がって来ていた添乗員さんが乗務員さんと交渉をしていました。というのもビジネスクラスに乗られた1人のオジサンの席のリクライニングシートが故障していて、全然動かない状況になっていたのですが運悪くビジネスクラスが満席になっていたので、席替えしようにもできないと言われたようです。

「そこを何とか・・・ビジネスクラスが開いてなければファーストクラスでも・・・」という交渉だったようですが結果としては「空席が無いので、その席で我慢して下さい!」との事でした。温和な性格の添乗員さんも「キツくは言えないので・・・」と言っていましたが、ビジネスクラスに乗っている人は、わざわざエコノミークラスと比べると高い料金を払っているので故障したシートに座らざるを得ないオジサンは怒っていました。しかし飛行機を降りる際にそのオジサンに会ったら「その代わりにビジネスクラスのアメニティーを追加で2個貰えたよ!!」と嬉しそうな顔をしていましたね!

そういう添乗員さんと航空会社の乗務員との交渉事と言われて、思い出すのが”パパさん”から旅行中に聞いていた話。細かい内容は忘れてしまったのだが、同じように添乗員さんと空港の航空会社担当者が交渉していたが、全然こちらの要求を受け入れようとしてくれなかったそうだ。そこで”元大企業重役だった歴戦の強者のパパさん”がそこで話し合ってもラチが開かないので添乗員さんに「自分の会社に連絡して、会社からその要求を伝えさせなさい!」と言ったらしい。すると大量購入で航空券を安くは買っているが大口旅行会社の得意先なので、そこからの要求に航空会社側としては受けざるを得なかったので、すんなり要求が通ったそうだ。

自分も会社員だった時代があって、担当者レベルで話がまとまらない時は会社の上層部を動かして交渉を有利に手早く進めるという手段を使った事があるのを思い出した。

そういう意味では今回の添乗員さんは添乗員さんばかりを抱えている人材派遣会社に所属している人だったので、阪急交通社側の人間を上手く使えなかったのかもしれない。というよりは今回のトラブルは飛行中だったので、そもそも電話自体出来なかったですね・・・。

それはさておき、またこれも余談ですが元大企業重役だった”パパさん”も機内でひと悶着あったみたい。というのも先程の機内食でお寿司を頼んだのだが、CAのお兄さんが間違えたのを持ってきたので「違うよ!オレは寿司を頼んだんだ。替えてくれ!」と言って交換させました。しかし中々お寿司を持ってこないので、待ちきれずにCAを呼ぶと「申し訳ありません、お寿司が品切れになってしまって・・・」となって”大魔神になった”・・・ではなくお怒りになられたそうです。

”パパさん”がお怒りになった理由は頼んでいたお寿司が無くなったからではなく、問題を起こして相手に迷惑をかけたのにすぐに対応せずに放置したから

ボクも会社員時代に仕事をしていた経験上、問題を起こしてトラブった時程にレスポンス(反応・対応の意味)を早くする事がとても大事であった。呑気な現場が「手が空いてから対応するわ!」とか言って、素早く対応しなかったりするとお客さんが怒り出し、そうなると手のつけようが無くなったりする。

”パパさん”もその対応の悪さにコンコンと説教したら、CAの責任者の女性までお詫びをしに来て、更にファーストクラス用に用意されていたお寿司が出てきたそうです。

その話をこのラウンジで会った時に嬉しそうに教えてくれましたね!

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内から4

だいぶ話が横道に逸れましたが、飛行機内のビジネスクラスのラウンジでジントニックではなくモヒートを頼みました。ジントニックは普段から良く飲むので、たまには違うのをと思って。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内から5

日本へ帰る飛行機内には他のツアーとかの日本人が増えるので、一気に”日本感”が甦ってくる感覚になります。まあ、あと数時間も経てば日本に到着するんだけども。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内から6

あっさりとさっきのモヒートを飲み切り、お次は大好きなジントニックにチェンジ!

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内から7

このラウンジで飲んでいると”パパさん”も参戦して、先程の寿司を巡る経緯を教えてくれました。ただ百戦錬磨の方なので、それぐらいの怒りは瞬時に忘れ去ってにこやかな表情をされていましたね。そういう所に大物感を感じます。それと結構ワインが好きで飲んでいらっしゃいました。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内から8

そんな楽しい人生の大先輩の方々と喋っていると盛り上がってきて、3杯目のカクテルを飲みます。すっかりデキ上がってきているボクちゃん。。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内から9

酒臭かったのか、酔っ払いから絡まれたくなかったのか、こちらのお姉さんの上半身が逃げていましたね・・・・。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内ラウンジで盛り上がる

”パパさん”も盛り上がってきてドリンクのお代わりをしています。76歳ではありましたが、まだまだ元気ですね。この団塊の世代は本当に頑張って働いてきた代わりに、その分も今では考えられないような遊びを経験してきた人ばかりなので、元気な人が多い。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内ラウンジで盛り上がる1

エミレーツ航空のフライトアテンダントさんの化粧について社内規定があるのかを聞いてみたら、特に「ここをこうしろ!」とかはないが”赤色だけはエミレーツ航空の指定色がある”みたい。それ以外化粧の濃さとかは本人に任されているらしいが、周りが濃い化粧をすると同じくらい濃くしないといけないと思ってしまうらしい。。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内ラウンジで盛り上がる2

こうやってラウンジのイスに座ってツアーで仲良くなった人達とお酒を飲みながら楽しくお喋りが出来るのも、ビジネスクラスに乗った特権でもある。人生の大先輩の方々は本当に話の引き出しの数が多過ぎて、話が止まらない・・・。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内ラウンジで盛り上がる3

「じゃちょっとパパさんと記念写真でも・・・・」と思っていたら、”名古屋マダム”もラウンジに現れたので一緒に記念撮影!

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内ラウンジで盛り上がる4

そうしているともう1人のオジサンも現れて、もう一回記念撮影!

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内ラウンジで盛り上がる5

ちょうど今はインド付近の上空のようだ。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内ラウンジで盛り上がる6

こちらのお兄ちゃんはエジプト出身のフライトアテンダントさん。”パパさん”曰く、この彼が間違えて料理を持って来てその後の対応が悪かった張本人らしい・・・。このスマイルが”お調子者”のスマイルに見えてしまう。。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内ラウンジで盛り上がる7

こちらのお二人も話が盛り上がっている模様。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内ラウンジで盛り上がる8

そしてラウンジを担当してくれたフライトアテンダントさんが日本人に変わったので、ここぞとばかりに日本語で質問攻めにする。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内ラウンジで盛り上がる9

話を聞くと滋賀県甲賀市出身の26歳との事。そう言われて一気に親近感が湧いてくる。外人の美人フライトアテンダントさんとか、見ているだけでは「おおっ~~!」と興味が行くがやっぱり日本語で細かいニュアンスまで意思疎通出来て、思いやり精神のある日本人女性の方がよく感じてしまう。。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内ラウンジで盛り上がる10

そんな可愛らしい滋賀県出身のフライトアテンダントさんと、酔っ払い君との記念写真!

 2回目の機内食

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機で2回目の機内食

機内食のメニューを見ている時は「懐石料理はもういいかな~~?!」と思っていたが、結局日本的な味を食べたくなって懐石料理を頼んでしまった。。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機で2回目の機内食1

「果たして次ビジネスクラスに乗れることがあるだろうか?!」と想像するだけで「この蕎麦の味を脳裏に焼き付けないと!!」と思うけど、食べ物にはこだわりがないのですっかり忘れてしまっているのであります・・・。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機で2回目の機内食2

こんな懐石料理とともに普通のフルーツって組み合わせもどうかと思うけども。。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機で2回目の機内食3

この旅で通算8回目の「ボヘミアン・ラプソディー」を見終わり、9回目を見る時間が無かったのでサウンドトラックで我慢する。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機で2回目の機内食4

そろそろ関空に到着しだす時間になって、慌ただしくメイクを始める前方の女性。メイクをしなくても充分に可愛いハズ(勿論ボクの勝手な想像ですけど・・)なのにといつも思う。そう思うと女性って何気に大変だなと感じる。

 関西国際空港に無事到着!

ドバイ国際空港から関西国際空港へ無事到着

今回も無事に関西国際空港にランディング!

到着時に雨が降っていたけど、槍が降っているよりはマシ!

ドバイ国際空港から関西国際空港へ無事到着1

雨が降っていても帰り道は殆ど電車で、駅から家まで歩いても5分少々。今更濡れても困る事もないしね。

ドバイ国際空港から関西国際空港へ無事到着2

やっぱり日本語を見た瞬間に、とてもホッとする。日本という国の有難味を感じる瞬間でもある。

 日本に帰国し、帰宅の途へ

ドバイ国際空港から関西国際空港へ無事到着3

帰りの飛行機内で全然寝れなかったので、一気に疲れが出てきた感じだが何とか気力を振り絞る。荷物は無事問題なく出てきたし、税関も問題なくパス。ツアー参加者の方々とは添乗員さんと共にここでお別れ。みんなの姿を見送ってボクも添乗員さんにお別れを済ませて、帰路に。

電車に向かう道に見た事のある真っ黄色のパーカー女子を発見。学割で付いてきた無料のWi-Fiを返却している様子。この春から、とあるアミューズメントパークで就職が決まっていてそちらで働くそうだ。この旅を経て培った経験を仕事にも活かして欲しいと切に思う。

ドバイ国際空港から関西国際空港へ無事到着4

ふとエスカレーターに乗って、見えたTOTOの看板を見ると中国人向けの表示内容になっているのだろうか?!いずれ日本も中国の植民地に成り下がる時代が来るのだろうか??

ドバイ国際空港から関西国際空港へ無事到着5

関西国際空港からはJRで家まで帰ります。その連絡通路の柱はちょっとお洒落な感じ。

帰りは豪勢に特急はるかに乗って天王寺まで帰ります。カッコつけて”豪勢に”と言ってるけど、実は自由席なんですがね。。

雨が結構降っていたのと疲れがピークに差し掛かっていたのもあって、天王寺からタクシーで家まで帰る事に。そのタクシーの運転手さんに「今まで海外はどこに行った事があります??」って聞いてみると「一回だけあるけど、その時の飛行機でテロ予告があってその検査で出発予定時間が大幅に遅れて、もう海外には行きたくない!」と言ってましたね。。

人生は何事も経験で、後はそれをどう活かすかだけだと感じました!

早速スーツケースを開き、お土産類だけを先に取り出しオカンに優先権を与えて選んで貰います。こちらはビジネスクラスのラウンジに置いてあったおつまみ類。今回の旅の戦利品とでも言いますかね。

ちなみにタクシーの運転手さんにも1つプレゼントしました!

こうして今回も大変楽しかったモロッコ旅行は幕を閉じるのであった。。


1人参加旅のツアーを探すなら阪急交通社(トラピックス)で検索を!



イモトのWi-Fiを申し込むなら、コチラから!


24時間オンライン予約可能★世界中のオプショナルツアー予約はVELTRAへ


<総括>

今回のモロッコ旅行は今までの旅行の中でも一番楽しかったと言っても過言ではない位、素晴らしく楽しめた旅行であった。と言っても毎回旅行後はその旅が一番良かったと思っているのだが・・・。

モロッコ・マラケシュでジャマ・エル・フナ広場のカフェを満喫6

しかし今回はそう思う根拠として、まずは往復エミレーツ航空のビジネスクラスに乗った事が挙げられる。今まで夢に見ていた世界に自費で27万円上乗せして、自己投資の意味合いで自分の気持ちを貫いて体験してみた。周りの慣れた人から見ると「そんなはした金で騒いで、小さい男だな~~!」と思われるかもしれないが、そんな事はボクにとってはお構いなし。

関西国際空港からビジネスクラスに乗り喜ぶボク

自分の人生は自分の物。

エミレーツ航空のビジネスクラスの機内のラウンジで記念撮影

「周りにどう思われるか?!」を気にし過ぎると、”自分らしさ”を殺してしまいかねない・・・。

カサブランカまで向かうエミレーツ航空A380-800の飛行機のビジネスクラスで出てきた昼食のメイン2

このツアーにビジネスクラスで申し込む時に費用の件と共にちょっと脳裏をよぎったのが「若いのにビジネスクラスに乗って・・・アイツ!!」と妬まれるかもという事。

確かに逆の立場だとそう思いかねないが、それは相手が勝手に思う事。気の合わない人間が居たとしても、その人間に合わせて自分を曲げてまで生きるつもりはボクにはない。

実際ツアーに行ってみると、そういった声は全然無く「羨ましい~~~」としか言われなかった。それと共に「大富豪の息子」というイメージが勝手に付いたみたいだったけど(笑)。。

モロッコのカサブランカ空港でA380-800のビジネスクラスに搭乗6

実際には無職で会社員時代にせっせと貯めた貯金を切り崩して、自分への投資と強引に思ってビジネスクラスに乗った程度の人間なんだけどね。。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内ラウンジで盛り上がる4

でもビジネスクラスに初めて乗ったので、色んなものがエコノミークラスの対応と違い過ぎた。それにとても感動してしまった。ボクが会社員を辞めたいと思った1つの理由に「違う世界を見てみたい!」がある。

ドバイ国際空港から遂に関西国際空港に向けて出発した機内の様子4

その世界がビジネスクラスにあった。今までは他の人と同様に「ビジネスクラスに乗るのであれば、そのお金で2回旅行に行った方がいい!」と考えていた。そんな考えの人が多過ぎて、自分はそうは考えたくないと思った。それもあって思い切ってビジネスクラスに乗ったのもある。

ドバイ国際空港から関西国際空港に向けて飛んでいる飛行機の機内ラウンジで盛り上がる10

あまりクドクド伝えても仕方ないので、まとめると「ビジネスクラスに乗って、本当に良かった」と思った。その費用の価値はあると思う。ただ費用的にまたビジネスクラスに乗れるかは別だが。。

カサブランカのハッサン2世モスクを満喫する3

モロッコ旅行をとても楽しめたもう1つの要因は、来ていたメンバーとの交流である。この1人参加限定旅は他の普通のツアーに比べても、参加者同士で仲良くなり易い。

シャウエンの街の人気の場所で仲良く写真撮影を3

今回のツアー参加者は24名と多かったので全員との交流は難しかったが、特に波長の合ったこちらの2人の面白さというか、ノリの良さには感心した。毎回その旅行で初めて会う人とこれだけ仲良くなれるのかと思うが、今回もとても仲良くなれて好き勝手な事を言い合える仲になれた。

と言うか、いつでも誰にでも好きな事を言うボクですが・・・(笑)

やっぱり食事が終わった後も別個にお酒を飲みながら、各自好き勝手な事を言い合える時間が作れればとても仲良くなれて楽しい旅になりますね!

サハラ砂漠で星空観賞しに歩く様子7

勿論モロッコという国もとても素晴らしい国でした。

写真的に一番気にいっているのは、サハラ砂漠に朝日鑑賞に出かけた際のラクダ隊が歩いている風景です!

モロッコのワルザザートのアイト・ベン・ハッドゥ内を上の方まで登った頂上で写真撮影タイム8

他にもアイト・ベン・ハッドゥも素晴らしかった。その他にも実際にモロッコに来るまでのイメージとは全然違っていて、素晴らしい場所ばかり。そして想像以上に緑が溢れる国であった。

ちなみにこんな事を言っているボクですが、この後に北海道・チュニジアと行って「チュニジア最高~~!」と言っているので全然アテにならないですけどね~~(笑)。

ともかく今回のチュニジア旅行はメンバーにも恵まれて、最高に楽しかった。自分としても「ヘタに遠慮して気を使って・・・」とかしていると楽しめないので「素直に自分らしさを出して楽しもう!!」と思っているのも幸いしているのかと思う。

本当に毎回シュクラン(感謝)、シュクラン(感謝)の気持ちである。

ここまでブログを読んで頂いた貴方にもシュクラン(感謝)、シュクラン(感謝)である。

『1つの旅が終わる瞬間。しかしそれは新しい旅の始まりにしか過ぎない!!』

by 管理者ヒロくん

以上。 ご静聴ありがとうございましたorz

”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-1 準備編
阪急交通社の1人参加限定旅ツアーで訪れたモロッコ旅行10日間の旅行記です。まずはモロッコという国の紹介を!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-2 ドバイまでビジネスクラス搭乗①編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。初日、楽しみにしていたエミレーツ航空のA380-800のビジネスクラスに念願の搭乗?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-3 ドバイまでビジネスクラス搭乗②編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。エミレーツ航空A380-800のビジネスクラス初搭乗で喜ぶ男が・・?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-4 ドバイまでビジネスクラス搭乗③編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。エミレーツ航空A380-800のビジネスクラスで映画「ボヘミアン・ラプソディー」を見て騒ぐ男が?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-5 ドバイ到着編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。エミレーツ航空A380-800のビジネスクラスであっという間にドバイ空港に到着、そこで待ち受けるものは?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-6 カサブランカまでビジネスクラス搭乗①編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。ドバイよりカサブランカに向かってまたエミレーツ航空ビジネスクラスに乗り、楽しい時間を満喫?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-7 カサブランカまでビジネスクラス搭乗②編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。カサブランカに向かうエミレーツ航空ビジネスクラスでまた暴れる?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-8 カサブランカ①編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。カサブランカまで約20時間のフライトでやっと辿り着いて、そこで見かけた光景とは?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-9 カサブランカ②編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。カサブランカに到着して早々、ムハンマド5世広場に行き鳩の大群に襲われる?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-10 カサブランカ③編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。カサブランカでモロッコ最大のハッサン2世モスクを見上げる?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-11 ラバト①編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。ラバトで宿泊するホテルに向かい、そこで夕食も食べますが・・・?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-12 ラバト②編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。ラバトのホテルで朝食と美女を堪能?!し、世界遺産を見に行きます!!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-13 ラバト③編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。世界遺産ラバトの街で「ムハンマド5世の霊廟」を観光し、それを警備する兵隊さんに・・?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-14 ラバト④編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。世界遺産ラバトの街から250km離れた青いシャウエンの街まで長い移動が・・・
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-15 シャウエン①編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。ラバトからやっとたどり着いた「青い街のシャウエン」を見て興奮度はMAXに・・・?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-16 シャウエン②編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。「青い街のシャウエン」で昼食を食べて、その後は感激の街散策?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-17 シャウエン③編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。「青い街のシャウエン」でキレイな写真が撮れるスポット巡りで、ナイスショットを?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-18 シャウエン④編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。「青い街のシャウエン」はまだまだ続きます。どれだけ写真を撮っても飽きない街?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-19 シャウエン⑤編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。「青い街のシャウエン」で可愛い”シャウエン猫?”ちゃんに出会う?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-20 シャウエン⑥編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。「青い街のシャウエン」を一望できる高台から見た風景とは?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-21 フェズに移動編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。シャウエンの観光を終えて約200km離れたフェズの街まで長時間の移動が・・・
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-22 フェズ①編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。神のお告げで生まれたフェズの街を探索し王宮の正門前で・・?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-23 フェズ②編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。1000年以上の歴史を持つモロッコの元首都フェズ。その全景を見渡す高台へ・・?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-24 フェズ③編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。フェズの街にある陶器工場を見学する。そこでもポケトークが大活躍?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-25 フェズ④編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。フェズの街にてポケトークで遊び、世界一の迷宮であるメディナを散策する?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-26 フェズ⑤編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。フェズの街で世界一の迷宮と言われるメディナに足を踏み入れる?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-27 フェズ⑥編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。フェズの旧市街地の一般家庭を訪問し、美味しいミントティーを楽しくいただきます!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-28 フェズ⑦編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。フェズの旧市街地をひたすら歩いて写真に収めていきます!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-29 フェズ⑧編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。フェズのメディナ(旧市街地)のレストランでタジン鍋の昼食を美味しく楽しくいただきます!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-30 フェズ⑨編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。世界遺産の街、フェズのメディナ(旧市街地)でカラウィン・モスクなどを見て回る!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-31 フェズ⑩編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。世界遺産の街、フェズのメディナのお店でターバンを強奪する男、現れる?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-32 フェズ⑪編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。フェズのメディナでとても”イイ匂い?!”のする皮なめし場の見学と皮製品のショッピングの巻!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-33 フェズ⑫編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。フェズの”世界一の迷宮”と言われるメディナをやっと脱出する?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-34 イフレン編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。イフレンの街で絶滅したハズの「アトラス・ライオン」に襲われる?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-35 ミデルト編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。雪が積もった景色が美しいアトラス山脈を見ながら楽しむミデルトでの昼食の巻!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-36 ズイズ渓谷編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。ミデルトで昼食を食べた後はモロッコのグランドキャニオンと呼ばれる「ズイズ渓谷」に向かう!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-37 エルフード①編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。エルフードに向かう途中にオアシスの村を見学!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-38 エルフード②編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。サハラ砂漠の入口の街、エルフードで古代の化石を楽しみ砂漠のホテル目指して4WDに揺られるの巻!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-39 メルズーガ①編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。サハラ砂漠に埋もれる街メルズーガのホテルに到着!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-40 メルズーガ②編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。サハラ砂漠に埋もれる街メルズーガのホテルで伝統的な音楽を聴き、透き通るような綺麗な星空を堪能の巻!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-41 サハラ砂漠①編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。朝早くにサハラ砂漠へ行き、真っ暗な砂漠の世界に足を踏み入れて見えたものとは?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-42 サハラ砂漠②編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。早朝のサハラ砂漠で輝く太陽を目の当たりにして感じた事とは?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-43 サハラ砂漠③編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。早朝のサハラ砂漠で朝日を拝み、その帰り道で見つけたものとは?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-44 サハラ砂漠④編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。早朝のサハラ砂漠でベルベル風の朝食を食べながら見つめた砂漠の景色とは?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-45 ティネリール編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。トドラ渓谷へ向かう途中にサービスエリアオアシスが見える絶景ポイントに向かう!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-46 トドラ渓谷編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。迫りくる巨大な岩肌と澄んだ水が流れるトドラ渓谷で見えた光景とは?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-47 ワルザザート①編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。ワルザザートへ向かう途中のレストランで昼食を食べる事に。湯気と共に湧き上がるものとは?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-48 ワルザザート②編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。ワルザザートのホテルへ向かうも添乗員さん曰く「あまりよろしくないホテルなんで・・・」の言葉が?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-49 ワルザザート③編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。迎えた7日目はワルザザートの観光でモロッコ最大の映画スタジオを見る!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-50 アイト・ベン・ハッドゥ①編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。ワルザザートで世界遺産の「アイト・ベン・ハッドゥ」に足を踏み入れる?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-51 アイト・ベン・ハッドゥ②編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。世界遺産の「アイト・ベン・ハッドゥ」の頂から見える絶景とは?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-52 アイト・ベン・ハッドゥ③編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。世界遺産の「アイト・ベン・ハッドゥ」の頂上で美女達と戯れる?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-53 アイト・ベン・ハッドゥ④編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。世界遺産の「アイト・ベン・ハッドゥ」でいまだに住んでいる個人宅を見学しミントティーを味見する?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-54 ティシュカ峠編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。マラケシュまで移動するのにモロッコで一番標高の高い峠を越え、アルガンオイルのお店に寄り道!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-55 マラケシュ①編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。マラケシュに到着し、スーパーでお菓子などのお土産を大量買いしエラい事に・・?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-56 マラケシュ②編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。マラケシュに到着し、デラックスなホテルを満喫する!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-57 マラケシュ③編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。マラケシュでまずはメナラ庭園を散策する!?
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-58 マラケシュ④編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。マラケシュのランドマークであるクトゥビア・モスクを見上げている間に犬に襲われる?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-59 マラケシュ⑤編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。マラケシュのメディナを歩き回って喧騒を楽しむ?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-60 マラケシュ⑥編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。マラケシュのバヒア宮殿で豪華な内装に驚嘆し、当時の様子を妄想してみる?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-61 マラケシュ⑦編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。マラケシュのバヒア宮殿で当時を思い起こされる美女達と遭遇?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-62 マラケシュ⑧編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。マラケシュのバヒア宮殿を後にして、メディナを散策する?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-63 マラケシュ⑨編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。マラケシュで500年前の王様達のお墓の跡を見学し、いかついタトゥーにビビる?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-64 マラケシュ⑩編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。マラケシュの街で購入したお土産とは?!それと美味しい昼食を食べて満足な一日!!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-65 マラケシュ⑪編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。昼食後マラケシュのホテルで一旦休憩しスーパーで買い物を済ませてジャマ・エル・フナ広場に向かう!!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-66 マラケシュ⑫編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。マラケシュのジャマ・エル・フナ広場でモロッコの熱気を感じて圧倒される?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-67 マラケシュ⑬編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。ジャマ・エル・フナ広場で怪しげな美女軍団と遭遇し、マラケシュ最後の夜を満喫?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-68 カサブランカ空港編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。いよいよモロッコ最終日。マラケシュから約240km離れたカサブランカ空港へバスで揺られる旅?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-69 カサブランカ空港②編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。ついに楽しかったモロッコを出国!しかしカサブランカの空港でもまだまだ遊びますよ?!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-70 ドバイまでビジネスクラス帰国編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。カサブランカ空港からビジネスクラスに搭乗し、ドバイ空港へ向かい帰国の流れに!
”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-71 ドバイ空港のラウンジ編
心躍るモロッコ旅行(阪急交通社ツアー)の口コミ旅行記ブログ。モロッコからドバイ空港へ到着し、初体験のドバイのビジネスクラス・ラウンジに潜入の巻?!