イスタンブールからカタール航空で帰国するが、親切なCAさんに感謝【完結】-トルコ旅行記68

【トルコ周遊10日間ツアー】9~10日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】2019年7月中旬

 日本へ帰国!

 イスタンブール空港にて

さて最終日、トルコの空港に来ています。すでにチェックインと出国審査を済ませて空港の中に入って、後は搭乗時間を待つだけです。

 

とりあえず搭乗開始時間までは1時間半程あるので、どんな売店があるのかと歩き回ります。

 

可愛らしかったものが、こちらのカンカンで出来たてんとう虫のパッケージ。

 

なんと羽が開いて、中身が見えるようになっていた。なかなか面白いパッケージだ。紙では難しいけど、缶の素材を活かした力作である。

 

それと同じメーカーでパンダをモチーフにしたパッケージのチョコも売られていた。こちらも可愛いけど、もうお土産の買い物は済んでいるので見るだけ!

 

近くには余ったトルコのお金を使い果たしたいクマちゃんの姿が見える。

 

レゴのお店もある。ただここはトルコなので警官の等身大より、トルコならではの物を飾ってて欲しかったけど。。

 

この空港は去年できたばっかりで、中は広くとても綺麗。

 

フードコートも安っぽくなくて、お洒落な感じになっていてとても雰囲気が良かった。

 

昼食を食べた後なので、特に食べ物も要らないな。

 

とりあえず搭乗ゲート近くまで行ってみる。

 

搭乗ゲート付近には同じツアー参加者さん達が早々と集まっていた。そこでちょっと変わり種のクマちゃんの人生観について聞いてみた。途中ペプシ・コーラを飲んでいたので「そんなの飲んだら余計に太るのとちゃうの??」と聞くと、クマちゃんは「私には甘いものは欠かせないので、飲んでも太らないジュースを早く開発して欲しいです!」との事。

 

その後、搭乗ゲート付近でお父さんからこちらの住所と電話番号が書いた付箋とクシャクシャなビニール袋に入ったお金を渡される。「今回撮った写真をプリントして送って欲しい!」との事。勿論了解するが、クシャクシャなビニール袋の中には5000円も入っていた・・。こういったお願いは今までの旅行では初めてである。

 

そして色々と話していると、あっという間に搭乗開始の時間になる。楽しい時間はあっと過ぎてしまうものである。

 

 ドーハ行きの飛行機に乗り込む

イスタンブールからドーハまでは約4時間のフライト。

 

そしてなんとこちらはエコノミークラスがダブルブッキングによる満席の為に、ビジネスクラスにランクカップして大喜びの2人組。さらになんと添乗員さんもそのランクアップの恩恵に乗じて、ニコニコ顔でビジネスクラスを満喫していた。

前にとある添乗員さんの話では「お客さんの手前上、ビジネスクラスにランクアップした事はあるけど毎回断ってます・・・」と聞いていただけにその満面の笑みには、ちょっとビックリ。。まあそれは添乗員さんの所属する会社の内規次第なんだろうけど。

 

そして飛行機機内で、お馴染みの阪急交通社のアンケート用紙に記入する。今回は初めて添乗員と現地ガイドの欄を一番下の評価「不満」とした。観光地とかのガイドだけみれば特に問題はないのだが、人間性という点で残念だった。

添乗員さんはさっきの地下宮殿に行きたかったオジサンについて「絶対無理です」と明らかに嘘を言ったし、自由行動を選んだ”LOVE×4姉さん”には「自由行動なのはあなたと○○さん、2人だけなのでちゃんとして下さいね!」と吐き捨てる様に言った事などが頭に残っている。

そのオジサンに付いた嘘は明らかにオプショナルツアーを選ばそうとする行動にしか見えなかった。まあ彼らも仕事なのでそういう売り上げが増えるオプショナルツアーの参加を勧めるように所属会社から言われているだろうけど、そんな嘘をついての不誠実な言動は目に余った。

まあこれまで10回以上もツアーで海外旅行したけど、それまでの添乗員さん達がみんな素晴らし過ぎただけなのかもしれないけど、今回はそういう意味では少しガッカリした旅であった。でも毎回添乗員さんがアンケートを渡す時に「今後に向けて反省を活かす為に何でもアンケートに記入してください」というので、思い切ってその事を記入する事にしてみた。

なので皆さんもアンケートには、不満に感じた事は遠慮せずドンドン記入しましょう!

そしてこちらは機内食。メインの料理は後で持ってくるとの事で先にハイネケンを飲む。

 

機内食を食べ終わった後にコーヒーと共にゴディバの小さなチョコレートを持ってきたCAさん。その箱に入っているチョコを鷲掴みに何個か取ろうとすると「そんなに欲張らないで!」というような顔をしていた。

「ちょっとCAさんを怒らせてしまったかな?!」と思っていたらその後さっきのCAさんが、わざわざボクの元へ来てさっき配っていたゴディバのチョコレートを特別に5個程更に持って来てくれたのである。

この優しい心遣いに感動するボクでありました!

そんなお礼に返す物はというと・・・・・勿論これですね! 機内最後尾で食事中の”ルーシーちゃん”を発見し、この寿司キーホルダーをプレゼントする。するとこのルーシーちゃんはなんと日本語が喋れたのです!「おまえ、日本語喋れるんやったら最初から喋っておけ!(笑)」と教育的指導をするボクでした・・・

 

 ドーハ空港に到着し、乗継

そして何の問題もなく乗継地のドーハ空港に到着。

 

お父さんは女性陣に囲まれて大人気!歳の割に可愛さがあった、さすが現役のお父さん。

 

笑顔でベルトをズボンに通すお父さん。ちなみにここでの荷物検査の時に携帯電話を紛失してしまったそうだ。

 

添乗員さんから、パムッカレの石灰棚で撮影した写真を後日このサイトにアップするのでそこからダウンロードして下さいとの事。

 

ドーハ空港で乗継便の搭乗ゲートまで向かいます。

 

この中東も毎回エミレーツ航空のドバイ空港ばかりだったので、今回のドーハ空港はちょっと新鮮な気持ちになった。

 

大阪からだと、カタール航空は今は就航していないのでなかなか来る機会がないドーハ空港。

 

こちらは先程のカタール航空のビジネスクラスで出てきたアメニティー。ちょっと見せてもらう。

 

こちらのブランドが作っているそうだ。

 

ワインリストも豪華で、美味しいワインが出てきたそうだ。飛行機に乗るまではあれだけ怒っていたオジサンもビジネスクラスに乗れたので、上機嫌に変わっていた・・。

 

こちらでは大きなブランド品の袋を提げている奥様。ボクは一切こういった海外有名ブランド品などには興味が無い(というか買えないし・・・)けど、結構海外に行った時に免税店で買う人は多い。。

 

 ドーハから成田空港に向けて出発!

そしていよいよ乗継の飛行機に搭乗開始の時間。搭乗ゲート付近で待っていると、日本人をたくさん見かけるので「いよいよこれから日本に帰るんだな!」という実感をいつもながら感じる瞬間である。

 

こちらの飛行機に乗り込みます。

 

成田空港までは約10時間30分のフライト。人によっては「これだけの時間のフライトはしんどい!」という人も居るけど、ボクは慣れたもので全然気にならない、勿論エコノミークラスの席で。

 

機内食は麒麟ビールと共に頂きます。そんな食事時に見る映画は日本では2017年に日本で公開された「ドリーム」(原題: Hidden Figures)。こちらの映画は映画館に観に行って以来見る。

 

そして食後に機内食と共に出てきたお箸がしっかりとした袋に入っていたので日本人CAさんに「甥っ子が飛行機好きなので、余っていたらお箸貰えませんか??」とお願いすると、快く7本ほどのお箸を持って来てくれました。

今回初めて利用したカタール航空だけど、さっきのルーシーちゃんといい、今回のCAさんといい、とても素晴らしい対応をして頂けて感謝しております!ただ次にカタール航空を利用する日は未定ではありますが・・・。

 

1つの空間の一番前の席になって、足を放り出せてよかったけど前には物をしまうスペースが無いのね。。それに離着陸時はサイドから出てくるモニターも直さないといけないし。

 

 無事に成田空港に到着!

10日ぶりに日本に帰ってきました。こういった通路を見るだけで日本に帰ってきた実感がモロに湧いてきます。

 

そしていつもは関空で挨拶する大谷君と、ここ成田空港で挨拶。

 

そしてまずはトイレに駆け込む。よくTwitterとかで目にする「日本に帰って来てホッする瞬間」とかで取り上げられるのが多い日本のトイレ。日本のトイレはこれだけのボタンが付いているのです。これが日本人のサービス精神というか、多過ぎるというのか・・・。

 

そしてスーツケースを受け取るもいつもなら添乗員さんと全員を見送って帰るのだけど、今回はこのまま関空に帰る飛行機の時間が迫っていた。ドーハ空港からの飛行機が予定より遅れていて、この時点で大阪に戻るジェットスターの出発時刻が1時間を切っていたので焦る・・。そしてスーツケースを受け取り、足早に分かれの挨拶を済ませてまずはABC荷物宅配サービスへ急ぐ。今回は楽天プレミアムカードの無料クーポンを使用していたので1往復分を無料で使用できた。

 

普段国内線を乗り慣れている人なら、どっしり構えているのだろうと思うけど、飛行機出発時間が1時間を切っていたので思いっきり焦るボク。しかも慣れていない成田空港で第2ターミナルからジェットスターが発着する第3ターミナルへ向かおうとすると、ちょうど第3ターミナル行きのシャトルバスが発車した所。。

今回はスーツケースが無いので第3ターミナルまで歩くと15分かかるようなので思い切って走る事に。。その甲斐もあって、出発時刻50分前にチェックインカウンターに到着!

 

成田空港内で1人だけ汗だくな男。。上着を脱げばよかったのだが脱ぐ余裕もなかった。なので保安検査場で「1人だけ怪しい汗だく男がいる!」と止められるかと思いきや素通り・・。

 

よく見ると雨が降っているみたい。さっきまでは焦っていたので、全然気にしていなかったな。

 

何とかこれで問題なく飛行機に乗り込めると安堵し、おもむろに大好きな缶チューハイに手を伸ばす。ここの売店では「飛行機に持ち込めませんけど、大丈夫ですか?!」と必ず声を掛けられるけど、「ノープロブレム!」と返す。

 

そしてゆっくりと安堵して飛行機の搭乗時刻を待つ。すると隣の搭乗口から出発する予定の新千歳空港行きの最終便がなんと現地の天候不良で、キャンセルになってしまった。。

そのアナウンスを聞いて急に不安になる・・・さっきまで余裕で構えていたのに、今ではアナウンス前の「ピンポ~ン、パンポ~ン」が鳴る度に”ドキドキ・・・”気分。

 

もそんな不安をよそに出発時間20分遅れて搭乗開始になって、一安心・・・。一気に全ての力が抜けた瞬間。

 

そんな余計な心配で疲れたのか、関空へ向かう約1時間のフライト中はグッスリと眠ってしまった。。やっと帰ってきた大阪、やっぱり大阪はいいな~~と思いながら帰路に向かうのである。

 

 

 

 

<完>

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・と見せかけて、今回はまだちょっと続きがあります。というのも今回のトルコ旅行中に何度も遭遇した、大阪トラピックスのツアーで参加していた鹿児島人の”西郷どん”が大阪で1泊してから帰るとの事で「それじゃあせっかくの機会だし、大阪に着いた日にそのまま飲みに行こうか!」とコンタクトを取っていたのである。

 

という事で家に帰らず、そのまま彼が宿泊するホテルがある難波に直行。24時に着き、近くのタコ焼き屋にチェックインしてビールで乾杯する。お互いに旅行後当日なのにそこから3時間、あれこれと話をして盛り上がるのである。

お互いに腐った会社が嫌になって、飛び出して世界を見て回りたいと思って旅行をしているという境遇と歳が2つ違いという事もあり、とても仲良くなった。

 

そしてタコ焼き屋をチェックアウトし、たまたま通りかかった寿司屋のシャッターが昔懐かし、故岡本太郎氏デザインの近鉄バファローズのロゴがペイントされていた。それを見て西郷どんは「オレ、昔ファンだったんすよ!」との事でまたボクとの共通点が1つ見つかる。

ちなみにボクの青春は”近鉄バファローズ”と言っても過言ではない。そう今では既に終わって、無くなっちゃっているけどね・・・。ただ今でもバファローズという名前のプロ野球チームはあるけど、あれは全く別物なんでね。。

 

そして西郷どんが宿泊する「リッチー・リッチー」ホテルまで見送る。いい感じに酔っぱらっている彼は最後に”中村紀洋ばり”の豪快なスイングを見せてくれた。

こうして今回はオマケまで付いた、とても楽しい旅行でしたとさ。

<まとめ>

 

今回の【<おひとり様参加限定>トルコ周遊10日間】、アンケートに色々と不満を記入はしたものの、今回の旅もとても楽しめた。

 

特にイスタンブールの街は歴史もあり、日本では見る事の出来ない文化が創り上げた建物達を見れた事はとてもいい経験になった。

 

そして遥か昔のローマ帝国時代から、首都として栄えたイスタンブール。今のトルコ共和国になってからはアンカラという街に首都を明け渡したものの、その街の威厳は今も朽ちる事はなく、保たれたままである。

 

それ以外にも広大な国土を持つトルコは見所が沢山あり過ぎる。このカッパドキアは写真で見た事があったが、現地でこの奇形な岩々を見れば思わず感動してしまった。自然の偉大さを感じれる瞬間であった。

 

こんなパッと見は雪山にしか見えない山も、長年石灰岩を含んだ温泉水が流れ続けた果ての景色。こんな光景はその辺では見れないものである。

 

古代ローマ帝国の首都が置かれていただけあって、トルコの至る所にはローマ時代の遺跡が残っている。そこには1000年を過ぎても威光を放つものがあった。

 

それ以上にギリシャ神話での世界と思われていた古代都市の跡まで発見されていて、歴史的に古くから栄えていた場所があったのである。

 

古代からの文化と環境を守り続ける、素晴らしい国であった。

 

よくツアーに参加していると言われる事がある、「アナタ位だったら、個人でどこにでも行けそうなのに」と。

 

ボクはただ海外に旅行したい訳ではない。ツアーで海外旅行に行きたいのだ(個人で海外に行くのが嫌な訳ではなくて・・)。まだ一人で海外に行った事はないけど、もし一人で行ったら誰とも喋らずに過ごす時間が殆どだと思う。

 

でもこの1人参加旅ツアーに参加し続けると、毎回その旅が面白過ぎて仕方がない。”1人参加旅”であるものの、1人だけの旅ではないのである。

 

恐らくこの時の旅に参加しなかったら、ツアー参加者さん達とは出会う機会もなかったのではなかろうか。もし万が一出会う機会があったとしても、ここまで仲良くなる事はなかったハズ。

 

そんなたまたま出会った人達と1つの共通点を共に旅を進める。

 

その共通点とは「旅を楽しむ事」

 

1人で楽しむより、大勢の人達と楽しみを共有すれば、その楽しさは無限大になる。

 

その楽しさを求めて、ボクは毎回旅をする。

 

今回、意外と仲良くなったのは自分の父親と同じ歳の”お父さん”

 

元々技術系の仕事をしていたので、自分からはあまり積極的に話しかけれないタイプだった。そこにボクのような適当に喋る人間が来てくれたから「君のおかげで助かったよ!」と言っていた。

 

そんな”お父さん”とハマムを一緒に体験し、文字通り「裸の付き合い」もした。そして二人っきりになったサウナの中では、そのお父さんの人生観も教えてもらい、とても感動した。


ちなみにこれは余談ではあるが、旅行から帰ってそんなお父さん宛にフォトブックを作ってみた。今回は富士フイルムのフォトブック・サービスを始めて活用してみた。

 

旅行の最後に写真現像用にとお金を貰った事が、それがこのフォトブックを作る動機になった訳ではない。

 

旅行が終わっても、また旅行を思い出しながらお父さんに楽しんで欲しいと思う気持ちからだ。

 

意外と、予算と製作時間がかかり、当初の予定をオーバーして何とか出来上がった力作。こういうのを作り出すと、意外と凝り性のボクは細かい所にもこだわってしまうのである。。

 

お父さんがとても楽しんでいたベリーダンスの写真も存分に盛り込んだ。

 

このフォトブックをお父さん宛に発送して、数日後に電話が掛かってきた。お父さんからだ。

 

電話口で「こんな本が送られてきてビックリして・・・」と、大変喜んでくれたみたいだった。代わりに地元名産の栗羊羹を送るからとの事。

 

そしてこの栗羊羹、とても栗の味が利いていて美味しかったのである!!


 

ちょっと話は逸れてしまったけど、こうやって旅行で出会うというのはボクはたまたまだとは思っていない。たまにその人達の人生観やこれまで生き様を聞く機会があるけど、こうやって旅で出会う人達にあまり後ろ向きな人は見かけない。

 

こうやって”おちゃらける”オジサンも、早々と現役を引退したものの、まだ人生を楽しむ事を引退した訳ではない。

 

そんなツアーに参加する人達は「今の人生を精一杯楽しむ!」と考えている事が共通点なのである。

 

だからたまたまこのツアーで出会った訳ではなく、そういう気持ちを各自が持っていたから出会ったのである。そう、この出会いは”必然”なのである。

 

そう、ボクがここで王様になるのも必然だったのです!!(笑)

そして、この鹿児島から大阪出発ツアーに参加していた西郷どんとの出会いも必然であった。2人共以前働いていた会社を辞めていなければ、こうやって出会う事はなかったハズ。

 

しかも違うツアーで参加していた2人なのに、終わってみれば難波のタコ焼き屋で乾杯をした。今までのツアーでは日本に着いたら、各自流れ解散でその後一緒に・・という事は一度もなかった。でもこの今回のツアーでは初めてそんな出来事が起きたのである。

ボクの大好きだった中村紀洋のスイングを別れ際に何も言わなかったのに、披露してくれる西郷どんはまだまだ色んな引き出しを持っているハズだ。今度の10月には西郷どんに会いに鹿児島を訪れる予定だ。(※この記事は2019年9月に作成)

 

『苦しみをともにするのではなく、楽しみをともにすることが友人をつくる』
 by  フリードリヒ・ニーチェ

 

そんな名言の通り、旅をする度に沢山の友人が出来る。そしてそんな旅行が大好きである。

 

ボクは旅を重ねる毎に、より強く、より豊かに、より高みに、そしてより楽しい人生になっていくと実感/確信している。

そして、いつか空を飛べる日を目指して!!(笑)

 

こんな自己満足の旅行記をここまでお読み頂きまして、誠にサオルン(トルコ語でありがとう)です!!そんな皆様にもいつか空を飛べる日が来る事を祈っております!(笑)

 

<完>

↓↓↓↓トルコ周遊旅行記:↓↓

”誘惑のトルコ”ツアー旅行記ブログ-1 事前準備&クチコミ編
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコってどんな国なの???行く前にまずはお勉強を!
旅の始まりは成田空港からカタール航空でまずはドーハへ移動-トルコ旅行記2
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコに向かう前にまずは日本を出国し乗継地のドーハに向かいます!
カタール航空でドーハ空港乗継にてイスタンブール空港に到着し、トルコに入国-トルコ旅行記3
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。まずはドーハ空港で乗継し、トルコのイスタンブール空港に到着!!
イスタンブールのヒポドゥロームへ向かい、エジプトから取り寄せたオベリスクを眺める-トルコ旅行記4
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。約20時間の移動の末、やっとトルコのイスタンブールに到着!楽しみにしていたオベリスクが・・・?!
イスタンブールで数々のモスクを代表するブルーモスクは改装中・・・-トルコ旅行記5
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコの大都市イスタンブールでまずは”ブルーモスク”と呼ばれるスルタン・アフメット・ジャーミィを見学!
イスタンブールのアヤ・ソフィアはキリスト教の教会とイスラム教のモスクが重なる場所 -トルコ旅行記6
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコのイスタンブールで”ブルーモスク”を見学後に、お次はアヤ・ソフィアの見学が待ち受ける!?
アヤ・ソフィアの壁に隠されたキリスト教のフレスコ画-トルコ旅行記7
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコのイスタンブールでアヤ・ソフィアを内部見学中。漆喰に隠されたモザイク画に感動?!
オスマン帝国の王達が豪華に暮らしていたトプカプ宮殿-トルコ旅行記8
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコのイスタンブールでブル-モスク&アヤ・ソフィアを見学後、スルタン(王様)達が過ごした宮殿跡で見かけたものは?!
イスタンブールにあるトプカプ宮殿内でハーレムになっていた場所-トルコ旅行記9
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコの元首都イスタンブールで王様達が過ごしたハーレム宮殿跡で見た当時の生活とは?!
トプカプ宮殿から見えるボスポラス海峡の景色は綺麗-トルコ旅行記10
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコのイスタンブールでトプカプ宮殿から見下ろすボスポラス海峡を見て感じたものは?!
イスタンブールの街でも古い歴史のあるグランドバザールを歩く-トルコ旅行記11
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコのイスタンブールで本日最後に訪れるのは熱気溢れる昔ながらの商店が集まるグランドバザール!そこで見たものは?!
イスタンブールで海沿いのレストランで夕食を食べ、郊外のホリデーインに宿泊-トルコ旅行記12
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコのイスタンブールで初日の観光を終了し、レストランで初めてのトルコ料理を味わい、郊外のホリデーイン:ホテルにチェックイン!
イスタンブールからトロイへ向かう途中に昼食を食べ、EFESビールを味わう-トルコ旅行記13
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコでの2日目は朝食を食べて約350km離れたトロイまで長時間の移動・・・・。
トロイへ向かうのにフェリーでバス毎アジア側に渡る-トルコ旅行記14
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。昼食後にレストラン下のブティックでお買い物をする人達を見学して、フェリーに乗りアジア側トルコに乗り込む!?
トロイ遺跡に着くと、まずは大きな木製の木馬がお出迎え-トルコ旅行記15
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。イスタンブールから約5時間かけて移動してきたトロイ遺跡でまず目に飛び込んで来たものとは?!
トロイ遺跡はシュリーマンの夢の跡-トルコ旅行記16
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トロイ遺跡で約4500年前に集落が出来た歴史を目の当たりにして感じた事は?!
トロイ遺跡で見学終了後は、皆で入口にある大きい木馬の中に入る-トルコ旅行記17
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。灼熱のトロイ遺跡を見学後はトロイの木馬の中に入り、トロイを十二分に楽しむ?!
途中でお土産屋に立ち寄った後はアイクルワの「グランド・テミゼル・ホテル」へ向かう-トルコ旅行記18
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。エーゲ海を横目に見ながら、アイワルクのホテルに向かう途中のお土産物屋で、しょっぱいミルクを飲んで・・?!
アイクルワの「グランド・テミゼル・ホテル」で夕食後に、夕陽が沈むエーゲ海を望む-トルコ旅行記19
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。やっと着いたアイワルクのホテルでエーゲ海をバックに美味しい夕食とビールを味わう?!
早朝にホテルのビーチから眺めるエーゲ海の景色も素晴らしい!-トルコ旅行記20
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコのエーゲ海沿いにあるアイワルクのホテルで、朝日を眺めながら優雅にほのぼの~~!!
イズミルで立ち寄った革製品の土産物屋で、即席ファッションショーを開催-トルコ旅行記21
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコの第3の都市、イズミルで日程に入っている革製品のお土産屋さんを訪問しファッションショーで楽しむ?!
イズミルの革製品土産物屋で、品物そっちのけで可愛い店員さんと遊ぶ-トルコ旅行記22
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。イズミルの革製品のお店でファッションショー終了後に、店内の革ジャンを見ながら店員さんと戯れる・・?!
イズミルのプール沿いのレストランで昼食を食べて、近くのトルコアイス屋で弄ばれる-トルコ旅行記23
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。イズミルで横にプールが見えるレストランで食事し、その後は本場のトルコアイスを楽しむ?!
世界七不思議にも数えられる、アルテミス神殿を訪れるが・・・-トルコ旅行記24
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。イズミル付近にある古代の”世界七不思議”の1つアルテミス神殿跡を見学し、その後エフェス神殿に向かう!
古代ローマ時代の大規模な遺跡が残るエフェス神殿-トルコ旅行記25
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。イズミルにある古代ローマ時代の遺跡が残る”エフェス神殿”を訪れ、そこで見た景色とは?!
エフェス神殿で有名なケルスス図書館やスコラスティカの浴場を見学-トルコ旅行記26
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。古代ローマ時代の遺跡が残る”エフェス神殿”で大きな図書館跡と地下で繋がっていたとされる怪しい館の正体とは?!
エフェス神殿内の大きな劇場跡から、昔のローマ時代を妄想する-トルコ旅行記27
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。古代ローマ時代の面影が残る”エフェス遺跡”で巨大な大劇場に隠された血の跡とは?!
パムッカレへ移動し、温泉プールがある「パム・サーマル・ホテル」にチェックイン-トルコ旅行記28
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。イズミルでエフェス遺跡を見学し、一路白い石灰棚が特徴のパムッカレへ向かう途中に黄金の飲み物に・・?!
パムッカレのホテルで夕食後は、温泉プールでツアー参加者さんと童心に帰って遊ぶ-トルコ旅行記29
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。白い石灰棚が特徴のパムッカレで【パム・サーマル・ホテル】にチェックインし、名物の温泉プールを満喫?!
パムッカレにある、こちらもローマ時代のヒエラポリス遺跡を訪れる-トルコ旅行記30
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。早朝のパムッカレのホテルで羊の大群に出くわし、古代ローマ人も愛した温泉が湧き出る石灰棚を目指す?!
パムッカレの石灰棚に流れる温泉で、足湯に浸かる-トルコ旅行記31
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。パムッカレの世界遺産でもある温泉が湧き出る石灰棚に入って、みんなとはしゃぎ回るの巻!
パムッカレの石灰棚で運命的な”西郷どん”との出会いが待っていた-トルコ旅行記32
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。パムッカレで温泉の湧き出る真っ白な石灰棚に入って、ローマ人の愛した温泉と絶景を堪能?!
ヒエラポリスにある、ローマ時代の遺構を足元に見ながら泳げる温泉プール-トルコ旅行記33
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。パムッカレで世界遺産の石灰棚を楽しみ、ローマ遺跡が眠る温泉プールを見て感動?!
アクシェヒルの昼食で”トルコ風ピザ”を味わう-トルコ旅行記34
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。パムッカレからコンヤへ約400kmの長い道のり。途中アクシェヒルの街のレストランで美味しいトルコ風ピザの昼食を頂きます!
コンヤの街でインジェミナーレ神学校を眺める-トルコ旅行記35
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。パムッカレからコンヤへは約400kmの長い道のりをかけて移動し、まずはインジェミナーレ神学校を訪問!
コンヤのメヴラーナ博物館に置いてあるムハンマドの髭は本物?-トルコ旅行記36
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。アナトリア地方の回旋舞踊が有名なコンヤ街で、メヴレヴィー教団の創始者の霊廟であるメヴラーナ博物館を見学!
メヴラーナ博物館でイスラム神秘主義のメヴレヴィー教団をお勉強-トルコ旅行記37
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。コンヤの街を代表するメヴレヴィー教団の創始者の霊廟であるメヴラーナ博物館を堪能し、そこで見たものとは?!
コンヤの街で五つ星の「グランド・ホテル・コンヤ」にチェックイン-トルコ旅行記38
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。コンヤの街で観光を終えてグランド・ホテル・コンヤにチェックインし、夕食前にスーパーへお土産を買いに走る?!
「グランド・ホテル・コンヤ」で夕食を食べ、近くのスーパーマーケットへ繰り出す-トルコ旅行記39
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。コンヤの街で宿泊するグランド・ホテル・コンヤで美味しく夕食を食べて、再びスーパーマーケットへみんなで向かう!
カッパドキアに向かう途中に、スルタンハンのキャラバンサライで休憩-トルコ旅行記40
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。朝食を食べてカッパドキアに向かう途中のスルタンハンの街でキャラバン隊の休憩地をまずは見学!
ヘレケの街でツアー公認のトルコ絨毯屋を訪れ、魅惑のトルコ商法を体感-トルコ旅行記41
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。カッパドキアに向かう途中にお次は恐怖の絨毯屋さんを訪問?!ツアー公認のお土産物屋だが、トルコの絨毯屋には注意?!
カッパドキアに到着し、「ギョレメ・カヤ・オテル」のテラス席で昼食-トルコ旅行記42
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。カッパドキアにあるお洒落な外観をしたギョレメ・カヤ・オテルのレストランで、尖った岩山が見える景色を見ながら昼食を頂きます!
カッパドキアで大昔の人達が蟻のような生活をしていたカイマクル地下都市-トルコ旅行記43
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。カッパドキアで蟻の巣のように地下に数階もの穴を掘って、昔の人達が暮らしていた跡があるカイマクル地下都市を見学!
人が造ったとは思えない程に、深く広範囲に掘られていたカイマクル地下都市-トルコ旅行記44
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。世界遺産のカッパドキアで蟻の巣のようなカイマクル地下都市を身をかがめて降りていき、そこで見かけた光景とは?!
カッパドキアでも写真スポットとして人気の「3姉妹の岩」-トルコ旅行記45
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。世界遺産の奇形な岩が目立つカッパドキアで、お次は「三姉妹の岩」と呼ばれる岩がある写真スポットを訪問!
カッパドキアでも奇形な岩が立ち並ぶラクダ岩やゼルベ谷を見学-トルコ旅行記46
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。奇形な岩が有名なカッパドキアで、次は「ラクダ岩」を見てから奇形なキノコ岩が沢山並ぶゼルベ谷を見学!
カッパドキアでも奇形岩群が見渡せるゼルベ谷やウチヒサール渓谷-トルコ旅行記47
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。カッパドキアで奇形なキノコ岩が沢山並ぶゼルベ谷で落ちたら命が危険な崖を攻めて絶景撮影を試みる?!
カッパドキアの洞窟ホテル「ウチヒサール・カヤ・ホテル」にチェックイン-トルコ旅行記48
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。訪れたカッパドキアで洞窟ホテルとして有名な「ウチヒサール・カヤ・ホテル」に宿泊し、鳩の谷と呼ばれる渓谷を眺めて食事を!
カッパドキアの「ウチヒサール・カヤ・ホテル」で楽しみにしていたハマム体験-トルコ旅行記49
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。カッパドキアのウチヒサールで洞窟ホテルの「ウチヒサール・カヤ・ホテル」で周囲を散策し、夜はお楽しみのハマム・マッサージを体験?!
トルコと言えば「トルコ石」という事で、トルコ石の土産店「Agad」訪問-トルコ旅行記50
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。朝食を食べて、今日はまずカッパドキア近くにあるツアー日程に組み込まれている、トルコ石専門店を訪問!
キリスト教徒が岩に穴を掘って隠れていた、カッパドキアのギョレメ野外博物館-トルコ旅行記51
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコ石専門店での買い物を済ませて、隠れキリシタンが生活していたギョレメ野外博物館を見学!
ギョレメ野外博物館では岩を掘って住み着いたキリスト教徒が壁にフレスコ画を残した-トルコ旅行記52
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。カッパドキアを代表するギョレメ野外博物館で岩山に掘られた洞窟でキリスト教徒が残したフレスコ画を見学!
カッパドキアのネヴシェヒルで人気の洞窟レストラン「EVRANOS」でマス料理-トルコ旅行記53
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。カッパドキアのネヴシェヒルにて雰囲気のある洞窟レストランでマス料理がメインの昼食を頂きます!
トルコアイス発祥店「MADO」で美味しいアイスクリームを食べる-トルコ旅行記54
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。カッパドキアで昼食後はホロ酔い気分で陶器屋を訪れ、その後はトルコアイス発祥の店「MADO」を訪れます!
首都アンカラで「ビルケント・ホテル」にチェックインし、夕食は1人で寂しく・・-トルコ旅行記55
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。カッパドキアから首都アンカラに向かい、ビルケント・ホテルにて寂しい夕食を食べる?!
イスタンブールへ向かう途中のサービスエリアで、現地の可愛らしい女の子と絡む-トルコ旅行記56
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。首都アンカラに最終地イスタンブールへ向けて出発。その途中に見つけたカワイイ女の子達と・・・?!
ボスポラス海峡を横目に見ながらイスタンブールへ帰ってきた-トルコ旅行記57
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。首都アンカラに大都市イスタンブールへ、世界中の人々が憧れるボスポラス海峡を横目に見ながらやっと到着します!
イスタンブールに戻ってすぐにレストランでケバブ料理を食べる-トルコ旅行記58
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。数日振りに戻ってきた大都市イスタンブールで観光に向かう前に昼食を食べて腹ごしらえを!
ドルマバフチェ宮殿編にある世界最大級のシャンデリアは、重量が4トンを超える・・-トルコ旅行記59
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。イスタンブールでまずはお腹いっぱいになって、オスマン帝国時代の王族が過ごしていた豪華なドルマバフチェ宮殿を見学します!
 ボスポラス海峡沿いのオルタキョイで名物のイモ料理を食べながら休憩-トルコ旅行記60
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。イスタンブールでドルマバフチェ宮殿を見学後に近くにある港のようなオルタキョイを訪れて、ボスポラス海峡に架かる橋を見ながら景色を楽しみます!
イスタンブールの「SULTANA'S」で本場のベリーダンスを鑑賞 -トルコ旅行記61
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。イスタンブールで観光を終えて宿泊するホリデーインに向かい、今晩はディナー付きのベリーダンス・ショーを満喫します!
ベリーダンスを鑑賞 していたら、ステージに上げられスルタンに任命される-トルコ旅行記62
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。イスタンブールの夜はディナー付きベリーダンス・ショーで、まさかの素人参加で壇上にあがり、なんとスルタン(王様)役に抜擢?!
”オリエント急行”の始発駅であるイスタンブールにあるシルケジ駅-トルコ旅行記63
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコの最終日は自由時間にイスタンブールの街を縦横無尽に歩きまくる男が出現?!
デルフィ遺跡から持って来た蛇の柱と、貯水池だった地下宮殿でメデューサを発見-トルコ旅行記64
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。イスタンブールの街で自由時間、好きに歩き回り「蛇の柱」にリベンシし、その後は薄暗い場所でメデューサの顔を探す?!
ガラタ塔の展望台を目指してガラタ橋を早歩きするが・・-トルコ旅行記65
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。イスタンブールの街での自由時間、3つ目のチェック・ポイント「ガラタ塔」を目指してがむしゃらに速足で行った結果は・・・?!
下がレストラン街になっているガラタ橋といにしえのエジプシャンバザール-トルコ旅行記66
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。イスタンブールの街での自由時間で3つの目的地を訪れて、帰り道にガラタ橋下のレストランで「オハバー??」と声を声を掛けられる?!
イスタンブールのレストラン「Sur Balik」での塩焼きのスズキ料理が美味しかった-トルコ旅行記67
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。イスタンブールの街で自由時間が終了し、「Sur Balik」というイスタンブールの街並みを一望できるテラス席で昼食を食べて酔っぱらう?!

  1. 旅行を楽しんでいるヒロキに乾杯

    まとめは、なんかホロリときました
    旅行を選んだ自分も、その時出会えた方達も必然❓

    やっぱり、人生楽しまないとね

    で、トルコの地下は行きたかったけど行けなかったのてで、すごく行った気になりました。

    そして、また会える日を楽しみにしています

  2. メグちゃん

    コメント、ありがとうございます!
    人生での出会いは偶然ではなく必然と捉えるだけで、その数倍もの感激を得る事が出来ます。捉え方1つで、楽しみも倍増しますね!

    トルコの地下都市は蟻さんになった気分になれます!
    こちらこそ、またメグちゃんの笑顔に出会える日を楽しみにしています!!

    以上 よろしくお願いします。

  3. その添乗員さん、よくて仕事干されて悪くてクビかな。。。

    • 阪急交通社さんではお客様の声を一番に反映したいとの事で旅行でのアンケート内容を重要視しているようです。
      実際にその時に起きた事についてはそのツアーに参加していた人間にしか分からないので、伝えるべき所は今後同じツアーに参加する人達の事を考えると記入した方がいいかと。
      (と別の添乗員さんも言ってました)

      後はその内容をどう反映し、反省点あれば改善しては阪急交通社さんとその添乗員さん次第であるかと思います。

      まだまだ阪急交通社さんにはお世話になる予定なので、より良い旅行になるようご尽力頂けますと幸いですって感じです!