デルフィ遺跡で蛇の柱やアポロン神殿跡を、現地の猫ちゃんと共に眺める-ギリシャ旅行記8

【神話の国ギリシャとエーゲ海クルーズツアー】2日

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】

 

デルフィ遺跡:見学

デルフィ遺跡で宝物庫が見える

こちらの階段を昇る途中に「アテネ人の宝物庫」があります。その前に「地球のヘソの石」が見えます。

 

デルフィ遺跡でアテネ人の宝物庫が見える

宝といっても闘いで勝利した記念に造られた像が多かったのだろう。

 

デルフィ遺跡でアテネ人の宝物庫が見える2

「BOEOTIANS」の金庫、つまり宝物庫があった場所かな?

 

 オンファロス

デルフィ遺跡でアテネ人の宝物庫前で地球のヘソの石を見る

こちらの石の方が先程博物館で見た「オンファロス」より”地球の中心の石”っぽく見える。

 

デルフィ遺跡でアテネ人の宝物庫から見た山

ツアーなので、どんどん進んでいきます。こちらは撮影に必死でガイディングレシーバー経由の解説も全然頭に入りません。。

 

デルフィ遺跡でアテネ人の宝物庫の壁

こちらの宝物庫の上部には何かのレリーフが飾られているみたい。

 

 アテネ人の宝物庫

デルフィ遺跡でアテネ人の宝物庫の正面を見る

1904~1906年にフランス考古学研究所の手によって、ほぼ完全な状態で復元された「イン・アンティス」のドーリス式宝庫。

 

デルフィ遺跡でアテネ人の宝物庫の正面を見る2

「イン・アンティス」とは神殿形式の1つで周囲を壁で覆い、その内側に2本の柱が並ぶものでギリシャの神殿の中では最も簡単な形式である。

 

デルフィ遺跡でアテネ人の宝物庫の正面を見る3

神殿の正面から見ると、その特徴が分かりやすい。

こちらは紀元前490年、もしくは紀元前508年に建てられたという説がある。

 

デルフィ遺跡でアテネ人の宝物庫の正面を見る4

そして丘を登っていくと、上にアポロン神殿の柱跡が見えてきます。

 

デルフィ遺跡でアポロン神殿を守る?猫ちゃんが寄ってくる

また別の猫が寄ってきました。

 

デルフィ遺跡でアポロン神殿を守る?猫ちゃんが寄ってくる2

こちらの猫は積極的に寄って来て、足元にすり寄ってきます。

「もしかして、これが触って欲しい猫??」

 

 アポロン神殿を守る??猫

無防備にも仰向けになる大胆な猫ちゃん・・・。背中や頭は手が届かないからか、触ってあげると喜ぶみたいですね!

 

デルフィ遺跡で説明のパネルを見る

そういえばアポロン神殿の前辺りのこの付近にスフィンクス像のあった場所だったっけ。

 

デルフィ遺跡でアポロン神殿を見上げる

こういう円柱を見ると「これぞ、ギリシャ!!」という雰囲気が出てくる!

 

デルフィ遺跡でアポロン神殿を見上げる途中に座る男性の姿

ふと横を見ると、タトゥーが入ったごっつい体格のイカつそうなお兄ちゃんが岩に座ってスマホに夢中になっている。。

 

デルフィ遺跡でアポロン神殿を見上げる途中に座る男性の姿2

もしかしてスフィンクス像が上に載っていた柱の一部??

 

デルフィ遺跡でアポロン神殿までの途中2

わざわざここに置いている位だから、何か意味のある柱のハズ・・・。

 

デルフィ遺跡でアポロン神殿までの途中

ただスフィンクス像があったとされる場所はもう少し右側のハズ。。となると画面右側の柱跡の方がそれっぽいような・・・。

 

デルフィ遺跡でアポロン神殿までの途中3

日差しを遮るものがなく、歩いていると段々ポカポカしてきた。

 

デルフィ遺跡でアポロン神殿までの途中4

段々とアポロン神殿が近づいてくる。

 

 蛇の柱

デルフィ遺跡で蛇の柱が見える

こちらのねじ曲がったような柱は紀元前479年にプラタイアの闘いでペルシャ軍に対する勝利を記念して、31のポリスが奉納した「プラタイアの戦勝記念碑」のモニュメントの一部である。

螺旋状に絡み合った3匹の太い蛇からなる青銅製の柱で、その上には黄金の鼎を支えており台座にはその31のポリスの名が記されていた。

 

デルフィ遺跡で蛇の柱が見える2

□POINT本来はもっと柱などがあったハズなのだが、330年にコンスタンティノープル(Constantinople)を造営したコンスタンティヌス帝がここデルフィから数々のモニュメントを持ち去って新都に飾ったそうだ。

現在でもイスタンブールにはその時の青銅製の「蛇の柱」が飾られている。

 

デルフィ遺跡で蛇の柱が見える3

この辺りにも沢山の銅像が並んでいたのだろう・・。

 

デルフィ遺跡でアポロ神殿前で説明が

そしてこの辺りがデルフィ遺跡の中心部でもある「アポロン神殿」のあった場所です。

 

 アポロン神殿跡

デルフィ遺跡でアポロ神殿前で説明が2

こちらには6本の柱が復元されており、紀元前329年に完成したドーリス式神殿の円柱跡だ。

 

デルフィ遺跡でアポロ神殿に到着し記念撮影

ただアポロン神殿も初代は火災で焼失し、2代目は大地震で崩壊した。ここに復元されている神殿は3代目のアポロン神殿である。

 

デルフィ遺跡でアポロ神殿に到着し記念撮影2

「とりあえず、記念撮影しておきますか!」

 

デルフィ遺跡でアポロ神殿に到着し記念撮影3

アポロン神殿の地下には「アポロンの神託」が行われていたという「アデュトン(奥室)」があったとされるが、現存する神殿の遺構には地下室の痕跡は残っていないという。

しかも巫女ピュティアの座す鼎が「大地の裂け目」の上に置かれていたというが、それも今となっては確認できない。。

 

デルフィ遺跡でアポロ神殿からまたまた登ります

まだまだ上に昇って行きます。

 

デルフィ遺跡でアポロ神殿から昇る途中に見かけた猫

またここでも猫ちゃんが待ち構えています。

 

デルフィ遺跡でアポロ神殿から昇る途中に見かけた猫2

さっきの猫ちゃんかな?!

 

デルフィ遺跡でアポロ神殿から昇る途中に見かけた猫3

ほんと、ギリシャの猫は人懐っこい子ばかり。全く警戒感がなく寄ってきます。

猫好き女子にとって、ギリシャという国は楽園ですね。。

 

デルフィ遺跡を上から見下ろす

この辺りにはおびただしい数の銅像が沢山あったのだろう。。今となってはその足場の岩ばっかりが残っている。

 

デルフィ遺跡を上から見下ろす2

アポロン神殿を上から見下ろす。遠くまで見通せて素晴らしい絶景である。

 

 アポロン神殿を見下ろしての絶景 動画

 

 劇場跡

デルフィ遺跡を上から見下ろす3

その辺りには演劇や音楽が催された劇場がある。

 

デルフィ遺跡の劇場跡

紀元前4世紀頃に造られ、その後紀元前2世紀頃に修復され現在に至る。残存状態がよく、現在も夏場などにギリシャ劇などが上演されているそうだ。

 

劇場跡の様子 動画

しっかり猫ちゃんが付いて来ていますね。。

 

デルフィ遺跡の劇場跡で猫の写真を撮る

劇場の写真もほどほどに、猫ちゃんの撮影をしだすオジサン。

 

デルフィ遺跡の劇場跡で猫の写真を撮る2

超至近距距離でスマホ撮影して”嫌がられる”オジサン。。

 

デルフィ遺跡の劇場跡で猫の写真を撮る3

ここデルフィ遺跡の主みたいな猫ちゃん。「餌、持って無くてスンマセン・・・」

 

デルフィ遺跡の劇場跡2

古代ギリシャ人はここで色んな演劇を見て、巡礼の疲れを癒したのだろうか?

 

デルフィ遺跡の劇場跡3

劇場内への立ち入りは禁止になっているみたい。

 

デルフィ遺跡の劇場跡4

この観客席は35列の大理石製の座席が設けられていて、約5000人を収容していたと考えられている。

 

デルフィ遺跡を上から見下ろす3

この劇場の観客席の上段は標高約590mほどの高さでアポロン神殿やアテナ・プロナイアの神域や奥に広がる素晴らしい眺めを堪能できるみたいだ。

 

デルフィ遺跡の劇場跡で猫の写真を撮る4

アポロンが猫になってこの遺跡を見守っているように感じるような、感じないような・・・・。

 

デルフィ遺跡で再びアポロン神殿の写真を撮る

劇場まで行って、デルフィ遺跡の観光は終了です。また下に降りる時にアポロン神殿の横を通ります。

 

デルフィ遺跡で再びアポロン神殿の写真を撮る2

 

 デルフィ(アポロン)の神託とは?!

巫女ピュティアの口を通して告げられるアポロンの言葉は時としてギリシャ世界の命運を握る程の力を持っていた。

そうして神託の言葉はしばしば曖昧な多義的であり、どのようにも解釈ができるものだったそうだ。その為に神託をどう解釈するかは神託を求める側の問題で、実際に神託がどれほどの直接的な影響力を持っていたかは不明である。

 

 デルフィ(アポロン)神託の手順

神託を授ける巫女ピュティアは50歳以上の地元の農婦から選ばれ、夫や子供からは離れて暮らし生涯アポロンに仕えたとされる。

巫女ピュティアは神託の日、朝一番でカスタリアの泉で身を清め、カッソティスの泉の水を飲み神殿地下のアデュトン(奥室)に入り「大地の裂け目」の上に置かれた三脚の鼎に座った。

月桂樹の葉と大麦の粉を聖なるかまどでいぶした煙に身を浸し「大地の裂け目」から湧き上がる蒸気を吸って憑依(トランス)状態となり”アポロンのお告げ”を口走ったという。

その意味不明な言葉を近くにいた神官が聞き取り、書物にその内容を記し神託の伺い手に渡していたとされる。

 

「大地の裂け目」から吹き出たガスでラリってる状態になっていたようだ。ちなみにその後の地震でこの裂け目が閉じて、その後は神託が行われなくなったという説もある。

 

デルフィ遺跡で再びアポロン神殿の写真を撮る3

ヨーロッパ系の学生たちの集団が社会見学か?という感じで集まっている。

 

デルフィ遺跡観光終了しガイドさんと記念撮影

デルフィ遺跡の観光を終了し、お世話になった現地ガイドさんに日本のお土産で喜ばれるダイソー108円の「寿司キーホルダー」をプレゼントして記念撮影する。

 

デルフィ遺跡観光終了しガイドさんと記念撮影2

ほんとにこのダイソーの「寿司キーホルダー」は海外の人にあげると、とても喜んでくれる!

 

デルフィ遺跡観光終了しガイドさんと記念撮影3

この現地ガイドさんの笑顔が、その喜びを語っている!!

 

 デルフィ遺跡の主?!

デルフィ遺跡観光終了し主である猫の写真撮影

呑気にベンチの下で日向ぼっこをしていた猫。

 

デルフィ遺跡観光終了し主である猫の写真撮影2

「お前ら、もう帰るのか? 元気でな!!」

 

デルフィ遺跡観光終了し主である猫の写真撮影3

「そろそろ腹、減ったニャ~」

 

デルフィ遺跡観光終了しお疲れのワンちゃんの写真を撮る

こちらの日陰には犬が横たわっている・・・。

 

デルフィ遺跡観光終了しお疲れのワンちゃんの写真を撮る2

「生きているのかな??」と思う位、無防備に横たわっている・・。

 

デルフィ遺跡観光終了しお疲れのワンちゃんの写真を撮る3

目だけはしっかり、こちらを見ていましたが近寄っても微動だにしませんでした。。

「この時期はメシが少ないので、必要最低限しか動かないワン!」

 

という事でこの後はバスに乗り込み、デルフィ遺跡を後にします。

この続きはまた次回に続きます!

↓↓ギリシャ旅行記:初回↓↓

”神話に魅せられて”ギリシャ旅行記-1準備編
「神話の国」ギリシャ旅行編 ベトナム旅行後、一週間の後また海外へ旅立ちます。 お次はというと・・・ 『ギリシャ』 ギリシャ神話の数々が生まれた場所で...