”世界遺産の旅”チュニジア旅行記-37 ボン岬:レストラン編


【チュニジア世界遺産紀行8日間】5日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】

美味しいシーフードを?!

 昼食会場に向かう!

チュニジア:ボン岬のレストランに向かう

ケリビアの街で城塞跡を見学後、ボン岬にあるレストランに向かいます。そろそろお腹が空いてきた頃合い。

チュニジア:ボン岬のレストランに向かう1

のどかな風景が広がるチュニジア。至る所で羊の放牧が行われています。

チュニジア:ボン岬のレストランに向かう2

ただゴミも至る所に捨てられています。こういうのは後進国に多く、モラルの低さがちょっと問題ですね。

チュニジア:ボン岬のレストランに向かう3

こちらのロータリーにあるモニュメントも残念ながら落書きだらけでした。。

チュニジア:ボン岬のレストランに向かう4

ケリビアの街から30~40分走っていると、海が見えてきました。そろそろレストランに近づいている模様。

 ボン岬付近の景色 動画

チュニジア:ボン岬のレストランに向かう5

そしてレストランに到着します。そこそこ車が停まっていて、眺めがいいので人気がありそうな場所のようです。

 昼食レストランに到着!

チュニジア:ボン岬のレストランに向かう6

こちらがその昼食レストラン。

La Daurade Restaurant

住所:Al Huwariyah, チュニジア

チュニジア:ボン岬のレストランに向かう7

入口の看板はなかなかお洒落なデザイン。

チュニジア:ボン岬のレストランに向かう8

レストランの中に入っていきます。こちらを横に曲がるとトイレがあります。

チュニジア:ボン岬のレストランに向かう9

真ん中右と左側のテーブルが我々団体の席。せっかく眺めがいいレストランなので、ここでは真っ先に窓側の海が良く見える席を確保します。

チュニジア:ボン岬のレストランに入る

外側にはテラス席もあるみたい。もう少し温かくなるとテラス席は気分が良さそうだ。

チュニジア:ボン岬のレストランに入る1

まずは付きだしのパンがテーブルに置かれます。目の前にあると自然に手が伸びてパンを食べがちですが、ツアーで行くと”喰っちゃ寝”の連続で家に帰ってみると体重が増えている事が度々あります。それからいくと「パン位食べない方がいいのでは??」と思ってしまう。。

チュニジア:ボン岬のレストランに入る2

几帳面なキレイ好きな人はウエットティッシュでまずは手を拭きます。せっかく持って来ているのだから、使い切らないと荷物になるという考えの人もいるそうです。

チュニジア:ボン岬のレストランに入る3

まずは前菜の野菜が運ばれてきます。ここでもヨーロッパのように味付けはあまりないので、お好みで添乗員さんが日本から持って来ている青じそドレッシングをかけます。

チュニジア:ボン岬のレストランに入る4

チュニジア・サラダは真ん中にツナが載っていますね。

チュニジア:ボン岬のレストランに入る5

基本的には野菜の味をそのまま味わいたいボクはドレッシングをかけません。別に野菜が味しなくても全然気になりません。ただ地中海沿岸はオリーブが名産品なので、せっかくなのでオリーブオイルだけはかけてみる事にします。

チュニジア:ボン岬のレストランに入る6

そしてドリンクは勿論ビール!こちらのお店では生ビールで出てきました。

チュニジア:ボン岬のレストランに入る7

こちら側の”オジサン連中”と乾杯!今回はビール党が少し多かったような印象です。

チュニジア:ボン岬のレストランに入る8

チュニジアで唯一生産されているビールの「Celtia」。グラスがそれで、中身もそれが入っていたかは分かりませんが・・。とりあえず美味しかったです!ちなみにビール代は6TND(約220円)なり。

チュニジア:ボン岬のレストランに入る9

そうしてサラダを食べ終わり、美味しくビールを飲んでいるとメインのエビが入ったパスタが登場!

チュニジア:ボン岬のレストランで美味しく昼食を食べる

普段のボクなら、まずは注文しないエビのパスタ。エビは嫌いじゃないんだけど、あまり食べたいとは思わない。

チュニジア:ボン岬のレストランで美味しく昼食を食べる1

ボン岬の光を受けて、美味しそうに見える昼食達。

チュニジア:ボン岬のレストランで美味しく昼食を食べる2

食べてみるとなかなか美味しい。

チュニジア:ボン岬のレストランで美味しく昼食を食べる3

気が付けばあっという間に完食。これも美味しいけど、個人的にはミートソース・スパゲティが何回食べても好きだ。

チュニジア:ボン岬のレストランで美味しく昼食を食べる4

デザートはチョコムースが登場。

チュニジア:ボン岬のレストランで美味しく昼食を食べる5

年配の人達とテーブルを囲むと、それぞれに色んな話を持っていて聞いているだけで楽しい。向こうからしてもボクのような”ちょっと変わった人間”に興味があるようで、あれこれとボクの素行を聞いてくる。ボクのような40歳前後のバリバリ現役世代がこんな年配世代に交じって、ツアーに参加してくるなんてと興味深々のようだ。

チュニジア:ボン岬のレストランで美味しく昼食を食べる6

甘ったるいムース。個人的には甘いデザートは要らないと思っているのだが、完食しました・・・。

チュニジア:ボン岬のレストランで美味しく昼食を食べる7

トイレを済ませて、外に出ます。ここからの景色がいいので、ちょっと周りを散策してみる事に。

 レストラン付近を散策!

チュニジア:ボン岬のレストランで美味しく昼食を食べる8

レストランの裏から海の方へ向かう道があります。そこを進んで行きます。

チュニジア:ボン岬のレストランで美味しく昼食を食べる9

その道の先にも何かカフェかレストランのようなものがあるようです。

チュニジア:ボン岬のレストラン付近の景色

廃船がポツ~~ンと置かれている。

チュニジア:ボン岬のレストラン付近の景色1

ここでももう少しスッキリとした天気だったら、もっと景色が綺麗だったんだろうね。

 ボン岬付近の景色 動画

チュニジア:ボン岬のレストラン付近の景色2

とりあえずもう少し海の方まで行ってみる。

チュニジア:ボン岬のレストラン付近の景色3

どうやらこの白い建物もレストランのようだ。海沿いの絶景のテラス席。

チュニジア:ボン岬のレストラン付近の景色4

ただお客さんの姿はあまり見えなかったけどね・・・。

チュニジア:ボン岬のレストラン付近の景色5

海風で劣化した看板かなと思っていたけど、よく見たらこういうデザインの看板みたい。

チュニジア:ボン岬のレストラン付近の景色6

ロケーションだけ見れば、こちらのレストランの方が良かったね。

チュニジア:ボン岬のレストラン付近の景色7

この辺りは大昔に海底から隆起したのか、珊瑚のような尖った岩が目立った。

チュニジア:ボン岬のレストラン付近の景色8

方角的にこの先にイタリアのシチリア島があるらしく、晴れて澄んでいる天気の日はそれが見えるらしい。

チュニジア:ボン岬のレストラン付近の景色9

ゴツゴツした足元の岩場は、底の硬い靴の方がいい。

チュニジア:ボン岬から海を見下ろす

この海は地中海。イタリア経由でアフリカ大陸に渡ってくる時はこの場所に上陸していたのだろう。

チュニジア:ボン岬から海を見下ろす4

ツアー参加者の皆さんも思い思いに散らばって、それぞれ好きに写真を撮っている。

 ボン岬付近の景色 動画2

チュニジア:ボン岬から海を見下ろす5

地面には何か曲線模様が入っている。自然に出来た跡だろうか?!

チュニジア:ボン岬から海を見下ろす6

いいカメラアングルを求めて、ゴツゴツした岩場を乗り越えていく。もしこけたら岩の角が皮膚に刺さるだろう・・・ただそれを恐れていてはいい写真は撮れないのである!

チュニジア:ボン岬から海を見下ろす7

こういう岩場に出来た水辺に蟹がいたりするのだが、ここには居なかった。。

チュニジア:ボン岬から海を見下ろす8

この先はシチリア島がある・・・ハズ・・・。シチリア島といえばゴッドファーザーのイメージしかない。。

チュニジア:ボン岬から海を見下ろす9

先程の廃船で記念写真。この船の端で寝っ転がるのも、意外と難しかった。。

チュニジア:ボン岬から海を見下ろす1

もう一枚記念写真を。こちらの方がお気に入り!

チュニジア:ボン岬から海を見下ろす2

大好きな”大文字ポーズ”

チュニジアの太陽と海と風をこの体で受け止める!

チュニジア:ボン岬から海を見下ろす3

天気は良くなかったけど、チュニジアはいい国だと感じている顔。

 ケルクアン遺跡に移動

チュニジア:ボン岬からケルクアン遺跡に移動

昼食会場からバスに乗り、ケルクアン遺跡に移動します。

チュニジア:ボン岬からケルクアン遺跡に移動1

この辺はチュニジアの中心街ではなく、郊外なのでのんびりとした雰囲気が漂っています。

チュニジア:ボン岬からケルクアン遺跡に移動2

道中、モスクが見えると何気に写真を撮ってしまう。ただチュニジアに来るとモスクだらけなんだけど。。

チュニジア:ボン岬からケルクアン遺跡に移動3

またたんぽぽ畑が見える。一面黄色くて、思わずバスの車窓から見惚れる瞬間。

こんな感じで旅は続きます。

↓↓↓↓チュニジア旅行記:初回↓↓

”世界遺産の旅”チュニジア旅行記-1 準備編
トラピックスの1人参加限定旅ツアーで訪れたチュニジア旅行8日間の旅行記。まずはチュニジアってどんな国なのでしょうか?治安は大丈夫?!