リガ旧市街地で夕食を食べるも食中毒発生か?!-バルト三国旅行記-8

バルト三国旅行記:2日目

阪急交通社ツアー「バルト3国周遊 8日間」-2019年12月17~24日

怪しい味にはご注意を!!

ここはラトビアの首都リガ旧市街地でも、その中心地にある広場。12月中旬~下旬の一番盛り上がるクリスマスマーケットではあるが、雪が無いとこれらの雪だるまのオブジェもちょっと寂しそうな感じの顔をしているような。。

 

リガ旧市街地にて

今日は朝エストニアを出発し、午後にリガの街に着いてから観光は続いています。今は旧市街地にて約1時間のフリータイム。流石に12月だけあって気温が寒く、体が冷えてきたのでホットワインで体を温めました。

 

クリスマスマーケットに来る現地の人達の恰好を見ると、ここが寒いのが分かると思う。後は雪が降ってくれさえすれば完璧なんだけどね。

 

リガ中心部のクリスマスマーケット 動画

 

子供向けのちょっと小さめなメリーゴーランドも用意されている。ただし残念ながら大人は乗れない、小さいサイズであった。

 

広場にチラホラと設置されている、こちらのテーブルはホットワインを飲む時用の簡易なテーブル。

 

大きなモミの木があるだけで、クリスマスの雰囲気が一段と出てくる感じがする。それだけテレビとかのメディアによって、洗脳されている証拠なのかもしれないけど・・・。

 

このバルト海地方で伝統的な木の食器も置かれている。色は木目調でシンプルだけど、その分色んな形があって中々面白い。

 

クリスマスマーケットも本場ヨーロッパで12月に見ると、雰囲気があってとてもいい。ただ今回はバルト三国の周遊ツアーでそれぞれの国をゆっくりと観光する事が出来ずに、同じようなクリスマスマーケットばかりだったので、最後にはクリスマスマーケットもすっかり見飽きてしまったけど・・・。

 

 

旧市街で夕食を頂きます!

夕食はリーガ大聖堂のある広場から歩いてすぐの場所にある、こちらのレストランです。

 

レストラン【Garlic Pub(Kiploku Krogs)】

 

住所:Jēkaba iela 3/5, Centra rajons, Rīga, LV-1050

 

 

こちらのお店の売りはニンニク料理らしく、最初に出てきた料理からニンニクの強烈な味がする。個人的には毎日ニンニクを食べる人間なので大歓迎ではあるけど、女性陣はちょっとニンニクには遠慮ガチな様子。

 

テーブルの向かいにはさっき色々とお喋りした”第二のお父さん””自称エロ坊主オジサン”。最終的にはこのお二人とはとても仲良くなりましたね。他の人達が「1人参加の男同士でこれだけ仲良く喋っている光景を、今まで見た事がない!」とまで言われる位に。

この三人の共通点は”酒飲み”という所が馬が合ったのかな?!

 

ガーリックの効いたサラダなんて初めて食べた。中々記憶にも口臭にもインパクトが残る、ニンニク料理専門店。賛否両論あるかもしれないが、こういうお店のチョイスも普段中々行けないので面白いとは思う。

 

そしてこちらのレストランでは黒ビールがあったので、黒ビール(1杯5ユーロ)を注文。黒ビールを飲むと、ヨーロッパに来ているような雰囲気が出てくるようにも感じる。

 

こちらはメイン料理の豚肉とイモのポテト。そんなに量が多くないのが何気に嬉しい。

 

最初はぎこちない会話だけど、時間を共にすると段々と会話が滑らかになってくる。

それとこういった食事時はアルコールを飲むので、余計に舌が円滑になってくるのだ!

 

結局このテーブルもお一人様専用のテーブルとなってしまった。右に座っているオジサンは普段はタイに在住しているらしく、翌月末にタイに行くという話をしたら色んな事を教えてくれた。ちなみに左側に座っている”自称エロ坊主オジサン”も一時タイに住んでいた時期があるので「タイのナナプラザは最高!是非行ってみて!」との事だった。

 

美味しかった豚肉、ただしポテトは全部食えない事は無かったけどお腹いっぱいになってしまうので少し残した。しかし意外と周りに座った人達は全部完食していて、食欲がある事に少し驚いた。。

 

そして、こちらが曰く付きのデザート。個人的には全部食べるつもりはなかったので、少しだけ食べてみた。味は普通にデザートっぽく甘かった。しかし数人のデザートとして出てきたものが変な味がしたという。

 

レストランを出た後、その話で持ち切りに。添乗員さんはみんなと離れた席で食事をしていたので「味がおかしいのは私の分だけかな?!」と思ったそうだ。

そしてみんなの食べ具合を見に行ったら普通に完食している人もいて「???」と思っていたが、後で聞いてみたら数人が同じようにデザートを食べたら変な味がしたらしい。人によっては「石鹸の味がした!」という人もいて、逆に「石鹸の味ってどんなん??」とか突っ込んでみたくなった。。

 

結局、その後「リガでの食中毒事件」と称される事になる事件であった。一応現地会社のミキトラベル経由で苦情を申し立てたらしいけど。ちなみに添乗員さんはその日の夜、お腹が大変な事になってしまったそうだ・・・。

 

でも海外旅行時のトラブルが旅行した時の一番の思い出であり、自分自身へのお土産でもある。旅行好きな人の話を聞いていると、大概その人の過去の失敗談やトラブル事例などが必ずと言っていい程に口から出てくるのである。

 

さてそんな食中毒事件の話などで、急に盛り上がりを見せるツアー参加者一同。ここはリガの旧市街地の観光を始める時にバスで降りた場所だけで、一部の人達は「こんな場所、通ったっけ??全然覚えてない・・・」との事。

 

リガ城付近の夜景色 動画

 

ここでバスに乗り込み、本日宿泊するリガのホテルまで向かいます。

 

この旧市街地まで歩いて行けそうな距離のホテルだったら、夜な夜な歩いて1人で再度旧市街地を見て回ろうと思っていたけど、結構遠いホテルだったのでそれは断念する事に。

 

 

リガの【Rija VEF Hotel】にチェックイン

こちらは本日リガで宿泊するホテル。こちらはバスが停まれる駐車場側からの入口付近。

 

【Rija VEF Hotel】

 

住所:Brīvības iela 199c, Vidzemes priekšpilsēta, Rīga, LV-1039

 

ホテル内の内装は至ってシンプルな感じ。

 

さてホテルの部屋はどんな感じでしょうか?!

 

ベッドが2つ用意されているけど、あまり広くはない部屋。その分、お値段も抑えられていそうな感じも受ける。

 

シンプルなテーブルと椅子にテレビ。

 

ここもシャワーだけでバスタブは無し。このシャワー扉は珍しくL字タイプになっていて、両サイドを閉めるタイプだった。

 

こちらはホテル正面側の外観。三ツ星ホテルなので、こんなもんだと思うけども。

 

近くで散歩がてらにお買い物に行く

ホテルの看板、帰ってから値段を調べてみたらそれ相応の値段になっていた。

 

リガの旧市街地中心部までは歩いて約1時間かかりそうなのでパス。目の前にはトラムが走っているので、それに乗れば20分程度では着くのだがチケットを買ったりという行為がめんどくさいので近くにある大型のスーパーに向かう。

 

ご覧のように昼間見た事のある建物が見えて、その前の道には2両連結のトラムが走っていて、値段の割にはトラムなどを活用すれば旧市街地へのアクセスもあまり悪くない場所である。

 

リガの街にはユーゲントシュティール様式の建築物が並ぶ。

 

ホテル周辺はあまり人通りはない。12月だと寒いからかもね。

 

グーグルマップで調べたらホテルから歩いて5分程の所にショッピングモールみたいなのがあるみたいだったので、とりあえず散歩がてらに歩いてみる。

 

近くのショッピングモールにて

こちらがそのショッピングモール。周辺には大きな駐車場があったけど、あまり車は停まっていなかった。

 

建物内に入ると、ここでもクリスマスの飾りつけをしていてクリスマスソングも流れている。そんなクリスマスソングに耳を傾けていると、何と日本語のクリスマスソングが流れだした。その曲はというと・・・

 

なんと森高千里の「ジン・ジン・ジングルベル」であった。まさか日本から遠く離れたヨーロッパのバルト三国で日本語の曲を聞けるとは思いもよらなかった。。

 

結構売り場が広い、大型のお店が建物内に広がっていた。

 

こちらはリガの旧市街地で購入した、チョコレートのLaima。ボクが購入したサイズより大きいものが売られていたね。

 

特に買いたい物も特になかったので店内を物色していたら、日本の茶立てがこんな場所でも売られていた。しかしその横に売られていたのは日本茶では無かったので、その辺がちょっとチグハグにも見えたけど・・・。

 

こちらは可愛らしい容器に入ったキノコ、キノコと言っても色んな種類が置かれていた。

 

こちらはワインのセット売りの容器。海外の売り場ではこのように商品を置く際に、商品正面のラベルをキチンと正面に向けて展示するという考えがあまり無いようだ。なので、こちらの商品もそれぞれ正面を向けて置かれていない。日本人なら絶対ラベルを上に向けて陳列すると思うのだけど。。

 

だからこちらの棚だけは写真撮影用に、ラベルを正面に向けて自分で揃えてから写真を撮る事に。。

 

こちらはラトビアの伝統的な薬草酒で、蒸留酒に当たるアルコール度数が40%前後のお酒。てっきり色からしてチョコレートのお酒かと思って購入したので、全然見当違いの思いっ切りアルコールの味しかしなかった・・。

 

ここでは色んな種類のビールやお酒が売られていたので、思わず大量買い。勿論今日一晩では全部は飲みませんよ!

 

こちらはリガのチョコレート屋さんで購入した、チョコレート関連のお土産。さっきの薬草酒も、チョコレート屋さんに置いてあったので勝手にボクがチョコレートのお酒だと勘違いしただけなんだけどね。。

 

とりあえず寝る前にビール1本開けて、明日の日程の予習をする。明日はリトアニアにまずは移動するが、今日と同じように約5時間の移動となる。。

こんな旅はまた次回に続きます!

↓↓↓↓バルト三国旅行記:初回↓↓

クリスマスマーケットを求めて12月のヨーロッパへ!-バルト三国旅行記ブログ-1
阪急交通社トラピックスのツアーで訪れた12月のバルト三国。楽しみにしていた12月のクリスマスマーケットを求めて、飛行機に飛び乗ります!