”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-44 サハラ砂漠④編


【幻想の国 エキゾチックモロッコ10日間旅行記】6日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】

サハラ砂漠の風に吹かれて?!

サハラ砂漠で朝日鑑賞を終えた後、初めに車で来たスタート地点まで戻ってきました。

 まずはトイレ休憩!

サハラ砂漠でベルベル風朝食をいただきます

砂漠の掘っ立て小屋みたいなトイレで用を足します。そのトイレの窓からの景色は勿論砂漠が見えます。

サハラ砂漠でベルベル風朝食をいただきます1

こちらのトイレはこのように簡易式なものでした。こういった形状のトイレはモロッコに多く見られポピュラーでした。

 放し飼いのラクダ?!

サハラ砂漠でベルベル風朝食をいただきます2

トイレを済ませて外に出ると、元気に走り回るラクダの姿が目に入ってきます。

サハラ砂漠でベルベル風朝食をいただきます3

さっきまで体に付けていた装備を外され、気持ち良さそうに走っています。

そんなラクダの様子 動画

サハラ砂漠でベルベル風朝食をいただきます4

放し飼いにしても、どっか逃げないのか?!こっちの見てる側がちょっと心配になる。。

サハラ砂漠でベルベル風朝食をいただきます5

目の前を悠然と歩いていくラクダ。ひとこぶラクダのようですね。

サハラ砂漠でベルベル風朝食をいただきます6

ラクダのこぶには昔から「水が蓄えられる」と信じられていたが、迷信で実際は「脂肪」が詰まっているそうだ。

サハラ砂漠でベルベル風朝食をいただきます7

砂漠の背景にラクダがとても似合いますね。

サハラ砂漠でベルベル風朝食をいただきます8

こちらのガイドさんはこちらで終了。感謝の気持ちとして暗がりに使用していたヘッドライトをプレゼントしました。

 ベルベル風朝食の時間!

サハラ砂漠でベルベル風朝食をいただきます9

こちらのテントで”ベルベル風朝食”をいただきます。

サハラ砂漠でベルベル風朝食をいただきます10

ちょっとしたバイキングになっていて、パンケーキのような”ベルベル風オムレツ”がありましたね。他はゆで卵やヨーグルトなどもありました。

メルズーガのサハラ砂漠でベルベル風朝食を食べます

パンやハムもあり、至ってフツーの朝食です。ただ食事会場が青空の下という開放的な感じが何とも言えない爽快感がありました。

メルズーガのサハラ砂漠でベルベル風朝食を食べます1

バックには砂漠が広がる光景を見ながらの食事です。勿論ミントティーもあります。

メルズーガのサハラ砂漠でベルベル風朝食を食べます2

ベルベル風オムレツはあまり味がないので、蜂蜜のような甘いものをかけて食べます。この絵だけ見ると、「おでん」っぽく見えますが”ベルベル風朝食”です!

メルズーガのサハラ砂漠でベルベル風朝食を食べます3

こうやって朝日を浴びながら朝食を食べる機会も意外と少ないので、気持ちいいです!

メルズーガのサハラ砂漠でベルベル風朝食を食べます4

おかわりは自由です、勿論ある分のみですが。

メルズーガのサハラ砂漠でベルベル風朝食を食べます5

皆さん食欲があるので、ほとんど用意された朝食が無くなっていましたね。

 ホテルに一旦戻る

メルズーガのホテルに戻る

”ベルベル風朝食”を美味しく頂いた後は、サハラ砂漠にお別れをしホテルまで戻ります。

メルズーガのホテルに戻る1

砂だらけの荒野にも、こうやってポツーンと青々とした木が立っていました。植物の生命力の凄さを感じます。

メルズーガのホテルに戻る2

スッキリした気分なので、あっという間にホテルまで到着。その時間も行きに比べると短かったように感じました。

メルズーガのホテルに戻る3

ホテルに到着します。サハラ砂漠の砂だらけになった足をシャワーで洗い流します。

モロッコのメルズーガのホテルに一旦戻る

明るい時間帯に泊まった部屋を見ると、またちょっと違った感じでモロッコテイスト溢れるイイ感じの部屋でしたね。

モロッコのメルズーガのホテルに一旦戻る1

裏からは「カンカンカンっ」と工事している音が聞こえます。

モロッコのメルズーガのホテルに一旦戻る2

モロッコで旅行中、ず~~っと帯同してくれた現地ガイドさんに定番の日本土産”寿司キーホルダー”をプレゼント!ニッコリしてくれました。

 エルフードの街に戻る

モロッコのメルズーガのホテルからエルフードに戻る

ホテルをチェックアウトし、メルズーガを後にしてエルフードの街に戻ります。

また4WD車の狭い後部座席に乗って、約40分程揺られます。

モロッコのメルズーガのホテルからエルフードに戻る1

道中ではまたここぞとばかりに”パパさん”がポケトークを活用して、現地ドライバーさんとお喋りをしています。

ちなみに最後部の席は足を折り畳んで乗らざるを得ない席なので、ふくらはぎが直ぐに張ってきます。今回はビジネスクラスに乗ったので、道中の飛行機内では全然ふくらはぎが張る事が無かったのですが、この車では速攻ふくらはぎがパンパンになりましたね。。

車内でポケトークを試す様子 動画

モロッコのメルズーガのホテルからエルフードに戻る2

見たような光景のエルフードの街に到着。

モロッコのメルズーガのホテルからエルフードに戻る3

昨日車を乗り替えた化石販売所前で4WDを降りて、バスに乗り替えます。

 カッターラの地下水道溝跡を見学!

モロッコのカッターラの地下水道溝を見学

エルフードの街を出発し、トドラ渓谷を経由しワルザザートへ向かう途中にカッターラという場所にある「地下水道溝」の跡地を見学します。

モロッコのカッターラの地下水道溝を見学1

辺りは荒野が広がっていて、何もない場所。

モロッコのカッターラの地下水道溝を見学2

今では使われていない水道溝で、有料だが地下に降りてその様子を見学できるとの事。

モロッコのカッターラの地下水道溝を見学してみる

せっかく時間があるので有料の地下水道を見学しようと思って、その入口に向かうも門番が居なかった。

モロッコのカッターラの地下水道溝を見学してみる1

どんなものなのか、下に降りてみることに。

モロッコのカッターラの地下水道溝を見学してみる2

地下水道溝といっても、普通に地下にトンネルを掘っただけの跡地。。

モロッコのカッターラの地下水道溝を見学してみる3

別にそれ以外に何かがありそうな感じでもなさそう。

モロッコのカッターラの地下水道溝を見学してみる4

その水道溝跡にはこのように所々に穴が空いていて、そこから水を汲みだしていたのかなと思ったけど、この穴を掘る工事用に空けた穴だそうだ。

モロッコのカッターラの地下水道溝を見学してみる5

電灯の付いていない場所の先にも何かあるかな?と思って、暗闇を進んでいくもトンネルが続いているだけでそれ以外は何も無し。。

モロッコのカッターラの地下水道溝を見学してみる6

一応見学できる場所ではあるが、観光場所としてはあまり魅力を感じなかった。。

モロッコのカッターラの地下水道溝を見学してみる7

モロッコは水資源を大事にする国なので、アフリカ大陸でもこれだけ緑が豊かなんだろう。至る所でこのような水道を設置しているそうだ。

モロッコのカッターラの地下水道溝を見学してみる8

こういう感じでオアシスから水を運んでいるみたい。

モロッコのカッターラの地下水道溝を見学してみる9

ちょっと盛り上がっている地面は先程地下水道溝から見えた穴の跡である。

モロッコのカッターラの地下水道溝付近の様子

1200年前からモロッコの人々の生活の役に立って来た地下水道溝。ただ今はもう使われていない。

モロッコのカッターラの地下水道溝付近の様子1

等間隔にず~~っと続いている穴ぼこ。

モロッコのカッターラの地下水道溝付近の様子2

土だけで造られているので、崩壊し易く現在は使いづらいようだ。

地下水道溝付近の景色 動画

モロッコのカッターラの地下水道溝付近の様子3

どこでも楽しそうな”メグちゃん””や~だ~♡姫”。。笑いが絶えませんね(笑)!!

モロッコのカッターラの地下水道溝付近の様子4

そんな様子を撮影しているボクの写真も撮られちゃいましたね。

モロッコのカッターラの地下水道溝付近の様子5

こちらの穴は空気穴でしょうか? ちゃんと格子がはめられています。

モロッコのカッターラの地下水道溝付近の様子6

横の小屋では、ちょっとしたお土産が販売されていて休憩用のミントティーもありドライバーさんなどが休憩していました。

モロッコのカッターラの地下水道溝付近の様子7

こんな場所でも観光ルートの中に入っているので、ちょこちょこ観光客は来るようです。ただトイレはありませんが。

モロッコのカッターラの地下水道溝付近の様子8

そろそろ出発の時間、あまり見るものも無いので早々にバスに引き上げます。

 トドラ渓谷に向けて出発!

モロッコのカッターラの地下水道溝付近の様子9

お次はトドラ渓谷に向かいます。約1時間程またバスに揺られます。

そんな様子はまた次回に続きます!

↓↓↓↓モロッコ旅行記:初回↓↓

”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-1 準備編
阪急交通社の1人参加限定旅ツアーで訪れたモロッコ旅行10日間の旅行記です。まずはモロッコという国の紹介を!