ポズナンの夜の街を1人で散策してみたら・・編-ポーランド旅行記-13

ポーランド旅行記:2日目

阪急交通社ツアー「おひとり様参加限定:決定版ポーランド8日間」にて–2019年11月–

 

ポズナンで夕食を

さて遠路はるばるポズナンの街まで移動してきて、ホテルの部屋にチェックイン後にホテルの中にあるレストランで夕食タイムです。

 

既に時間は20時頃と、お腹がそれなりに空いてきた頃合い。ご飯が早く食べたくて、ウズウズしているような感じにも見えるツアー参加者さん達。

 

この周辺がボクら団体の席のようだ。こういったビュッフェスタイルが多いけど、自分の席を取る時には荷物をそのまま置いていかない事。「こんなホテルの中のレストランだから、荷物を盗る人間はいないよ!」と油断していると、いつの日か痛い目に遭う事になるのだ。

 

さてビュッフェではまずお皿を持たずに置かれている料理を先に偵察する。

 

ビュッフェスタイルで食べ過ぎてしまう人程、とりあえずお皿を持って目に付いた料理を片っ端から取っていく事が多い。だけど「腹八分」という言葉にもあるように、食べ過ぎは良くないのである。

 

だいたいビュッフェスタイルでは「早く料理を取らないと無くなる・・・」という事は殆ど無いので、まずは料理の偵察をするのが大事なのである。

焦っても何も良い事はないのである!

ただボクの場合は偵察というよりかは、写真を撮る為だけにお皿を取らずに料理の偵察をするのである。

 

最近はまずデザートには手を出さない。ただ女性は「主食がケーキ?!」と思う位に、お皿にテンコ盛りに取ってくる人も居たりで驚かされる事もある。

 

ビュッフェスタイルで偵察する事でのメリットの1つは、先に料理を取ってきた人が味見した感想を自分が料理を取る前に知る事が出来る事。こちらのスープはそこそこに評判がよかったのでチョイスしてみた。カボチャ味が濃厚で美味しかったけど、自分で入れたので綺麗に入れれずにフチにスープが付いちゃったね。。

 

こちらが本日の晩御飯。「偵察」って偉そうに言いながらも、大体ビュッフェスタイルで取る料理は同じようなものが多いんだけどね。。

 

さて食事に欠かせないポーランド産ビール、こちらは500ml入りで17ズローチ(約500円)。ちなみにこのビールの背後に写っているオジサンは「キリスト教信者の割合が高い国しか、安全じゃないので行かない!イスラム教の国なんて怖くて行けない!」と言っていた。するとそんな発言などを聞いていたある奥様から、旅の後半に”お坊ちゃま”と命名されて、そこから”お坊ちゃま”と呼ばれる運命になるのであった。

 

食事の時にアルコールを飲むと、だんだんと饒舌になってきてコミュニケーションも円滑になってくる。ポーランド2日目にして段々とツアー参加者さん達と打ち解けてくる食事タイムであった。

 

食後にスーパーに買い物へ

添乗員さんがまた明日のデザート用の買い出しがてらにスーパーに行くとの事で「夕食を食べ終わった後に、一緒に行きたい人はロビーに集合してください」と言っていた。そして食後にロビーに向かうと、何と参加者はボクだけだった。。

 

という事で添乗員さんと2人で夜のポズナンの街に繰り出す事に。今回の添乗員さんはボクより歳が10個程上で噛めば噛むほどに味が出てくるようなイメージの人だった。

 

添乗員さん曰く「この通りはポズナンでもメインストリートで、銀座の通りのような道」と言っていた。まずはスーパーに行ってみて、帰りにちょっとここを寄り道してみる事にする。

 

まずはスーパーに入る。ポーランドにはチェーン店のスーパーが主に2種類あり、添乗員さん曰く「カエル」と言っていたこちらのスーパーマーケット。

 

今年(2019年)は沢山お土産にチョコレートを買ったけど、またこうやって店頭でチョコレートを見るとまた買いたくなってくる。。

それにチョコレートはお菓子の中でも特にパッケージが凝っているので、どうしてもボクの場合は目が行ってしまうのである!

スープが国民食であるポーランドなので、スープの素はやっぱり買う必要がある。建築家のオジサンが気に入ったポタージュスープを求めて、旅の後半は「スーパーに行く時間ある??」って常に添乗員さんに聞いていた記憶が甦る。

 

こちらのグミっぽいのは箱で1.99ズローチではない。多分100gかそこらで1.99ズローチ。

 

ポズナンの夜の街を散策

スーパーマーケットで最後まで物色していたら、店員さんが「もう閉店時間だよ!」というジェスチャーをしていたので足早に会計を済ませて店を出る。そしてホテルに帰る添乗員さんと別れて、さっきのポズナンの銀座通りを1人歩く事に。

 

そんなポズナンの銀座通りというストリートにも、このように堂々とエロチックなお店がある。さすがポーランドである。

 

こちらは路面電車を改造して、それを出店として活用しているカフェ。ただ21時40分頃だったので、閉まっているお店もそこそこにあった。

 

ポズナンの街を写真に撮っていると、店員のお兄さんがそんな写真撮影に夢中なボクを見つけてピースサインをしていた。添乗員さん曰く「ポーランドではケバブ料理が最近人気なんですよ!」と言っていたけど、その通りにケバブ料理のお店がそこらにあった。

 

ただもうお腹はさっき晩御飯を食べた後で膨れていて、何も摘まむ気はないのでとりあえず街歩きを楽しむ。

 

そんなポズナンの銀座通りを抜けると、自転車を押したブロンズ像が置かれていて、その先では路面電車が走っている場所に出てきた。

 

ただこの辺を歩いていた人達は続々と奥に進んで行くので、もう少し先まで歩いていく事にする。こういった時はあまり深く考えずに周りの人の流れに付いていくのも手である。

 

ポズナンの旧市街地にて

そんな風に他人の後ろに付いて、歩く事5分程でポズナン旧市街地の広場に出てきたようだ。何も考えずに歩いてきたのが正解だった。

 

三又の鉾を持っているという事は、この像はポセイドンの像なのかな?!

 

ポズナン旧市街地の夜の景色 動画

 

このポズナンの旧市街地の建物もライトアップされていて、とても綺麗である。ただ単純な色だけでなく、建物内部の照明がブルーだったりするとまたそれが綺麗に見えるのである。

 

今回のツアー参加者さん達は全然夜歩きしない人達だったけど、こうやって夜歩きすると同じツアー代金を他の人より有効活用できているような感じもする。

 

11月中旬で日が落ちると肌寒くなってくる時期のポーランド。広場では店の前にストーブが置かれていて、ジャンパーを着こんだ人達がそれでもテラス席でくつろいでいた。

 

明日ここを観光するけど、他の人達より一足先に訪れると後でその場所に来た時に人一倍その場所の事が記憶に残る感じがする。

 

そろそろ写真も撮り終えて広場から出ようとすると、広場の外れに立っていたお兄ちゃんから何か話しかけられたけど無視した。日本でもそうだけど、人が集まる場所で声を掛けてくるヤツにはろくな事がない。

何か変な物の押し売りだったりする事が殆どなので、そういった風に声を掛けられた場合は無視するに限る!

治安の悪い場所だと別だけど、ヨーロッパなどでは夜の街歩きも全然怖くはない。でもそれを他人に話すと「あなただから出来る事で・・・」と言われるけどね。。

 

来た道を引き返し、銀座通りを戻る。街角には大勢の若者達の姿が見える。

 

まだ22時頃とあって、まだまだ楽しみたい若者達が溢れているようにも見える。

 

ケバブ料理はトルコに行った時に沢山食べたけど、日本でも結構屋台とかで増えている。やっぱりぶっとい肉棒から切り分けるアクションも楽しめるとあって、人気なのかな?!

 

銀座通りも飲食店が集まるエリアは夜遅くても人気があったけど、こちらの世界的服飾チェーン店がある場所は既に閉店していて閑古な場所だった。

 

程なくしてホテルに到着。ポズナンでも一段と背の高い建物なので、遠くからでも比較的判り易いホテルである。

 

帰ってきたホテルにて

レストランフロアの上にジムが見えたので、試しに寄ってみる。しかし時間が遅かったからか、誰もいない。。高校時代によくしていたベンチプレスがあったけど、久々で周りに誰も居なかったので万が一があったら困るので重し無しでちょっとだけトライしてみた。

 

ここでしっかりトレーニングするつもりは毛頭なく、あくまでも試しで来てみただけなので軽く器具を触ってみるだけで退室する。

 

誰も居ないトレーニング・ルームも何だか寂しい感じ。。

 

ポズナンの夜の景色をタイムラプスにて 動画

新しく機種変更したサムスンのギャラクシーS10にある新しいカメラ機能”タイムラプス”を初めて使用してみる。撮った動画を倍速で再生するという機能である。手でカメラを持って撮るのはシンドイので、三脚などで固定して撮る必要があるけど。

 

こちらは昨日購入したテキーラの入ったビール。これを飲みながら今晩を過ごす。

 

世界遺産トルンの街で購入した、トルン名物のジンジャーブレッド(ピエルニク)。2つ購入したけど、袋に空気がパンパンに入っていたのでちょっと持ち帰りに苦労しそうな感じ。。だけどくれた袋はトルンの街を可愛らしくデザインした絵が入っていたので、もう一枚貰っておけばよかったな。

 

こちらはお酒の入ったチョコレート・ボンボン。オカンの好物なので購入する。1箱14.99ズローチで約430円程。

 

また沢山買ってしまったチョコレート、第一弾。こちらは1枚3.49ズローチで約100円。

 

こちらのチョコは種類ごとに1枚ずつ購入する。1枚2.99ズローチで約85円なり。

 

こちらは味見もせずに大量買いしたスープ。ただちょっと塩味が強すぎて、あまり美味しくなかったんだけどね。。ちなみに1袋約50円なので、美味しいスープだったらバラマキ土産にちょうど良さそうだったね。

ポーランド旅行はまた次回に続きます!
↓↓↓↓ポーランド旅行記:初回↓↓

”魅力溢れる”ポーランド旅行記ブログ-1 事前準備&クチコミ編
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたポーランド旅行記の口コミブログ。まずはポーランドの国を簡単にお勉強!