長崎唯一の猫カフェ「空陸家」とチョコ屋「加加阿伝来所」を訪れる-長崎旅行記12

【甥っ子ちゃんとの長崎旅行】2日目

【個人旅行-スカイマーク便】2019年8月5日~2泊3日

 猫にとっての幸せとは?!

長崎市内で猫雑貨のお店を訪れて、この後の予定は特になくネットで調べた猫カフェに向かおうという事で甥っ子ちゃんと考えが一致。猫雑貨の女ご主人はその猫カフェには行った事が無いとの事。「家に猫がいるので、わざわざそこまで行く必要がないから」と。

 

  「猫喫茶 空陸家 長崎浜町店」を訪問

猫雑貨店でその猫カフェまでの行き方を教えてもらって、辿り着いたペットショップ。こちらの写真はその時に撮り忘れていて、夜に再び店の前を通った時に撮った写真です。

 



1階は普通にペットショップになっています。そこで猫カフェの受付もしているので、お試し30分間で猫の餌付き(チュ~~ル)で合計1,728円。料金を先払いし、猫ちゃんの待つ2階に上がります。2階の猫ちゃんがいる部屋はスタッフさんはいなく、猫だけで入口は2重扉になっています。「万が一、猫が逃げだしたらすぐに店宛に電話して下さい」との注意がありました。

 

初体験の猫カフェに大喜びの甥っ子ちゃん。あまり広くはない部屋に猫ちゃんが6匹程いて、他にお客さんの姿はありませんでした。

 

猫ちゃん達はというと、入ってきた人間というよりかは、その人間が手に持っているエサを目掛けて寄ってきます。

 

まずはテーブルに置いた荷物に餌らしきものが無いか、チェックする猫ちゃん。

 

こちらのボス的な猫ちゃんは、そんな人間達には微動だせずにジッとしていた。

さすがボスは雰囲気が違いますね!

そんなボスとは全然違い、興奮を隠せない猫ちゃん達がエサを手に持った甥っ子ちゃんの後ろに付いていきます。

 

 

こちらの猫カフェでも、よくあるように入場時間は自己管理で予定時刻が来ても何のお知らせもなく、時間が過ぎれば自動的に延長というシステムなので、いくら楽しくてもちゃんと自分の時間管理だけはしておきましょう!

 

そして気にはなっていた動物臭も、最初は匂うけど、途中からはあまり気にはならない感じ。ただこちらの店の口コミは、あまり評判がよく書かれていなかったのが気になっていた。実際に訪れてみると、あくまでペットショップがメインの全国チェーン店。ただ全国チェーンの信用がセールスポイントだったみたいだけど、ボクからするとチェーン店程、そこで勤める人の人間性が出せずに個性が無いと思っている。俗に言う”マニュアル通り”で、自分の心を出した接客が出来ないからだ。

 

このお店も悪く言うと猫カフェの猫ちゃんはほったらかしで、店員さんも若くバイト感覚で自分達のお喋りが仕事より優先って印象を受けた。中には痩せている猫もいたけど、全く餌も与えられずにその辺で野垂れ死にするよりかは、こういったまだ暖かい場所で人間のおもちゃにされても生きていける方が幸せなのかもね?!ただし猫にとって幸せなのかは、猫に聞かないと分からないけどね・・・。

 

あちらに視線を向けると、すっかりここの飼育担当のようになっている甥っ子ちゃん。「まずは君から食べさせてあげる!」と楽しそうにしている。

 

そして手に持った「CIAOちゅ〜る」を後ろの棚に置こうとした甥っ子ちゃん。人間からしたら、この高さに置けば取られないだろうと思うけども、冷静に考えたらそこは棚ではなく猫ちゃんの足場なのである。思わず「そこに置いたらアカンよ!」と注意してしまった。

 

このように猫達からすると、こんな足場を駆け上がる事は朝飯前なのである。

 

すっかり猫ちゃん達にモテモテ状態の甥っ子ちゃん。それもこれも「CIAOちゅ〜る」のおかげなんだけどね。。

 

 猫カフェでの様子 動画

 

 猫カフェでの様子 動画2

 

 猫カフェでの様子 動画3

 

それにしても人馴れしている猫ちゃんは、とてもカワイイ。触っても全然嫌そうにしないし。

 

足元を見ると、そろそろボス猫ちゃんが動き出したようだ。

 

猫ちゃんからしたら、こんな柱を一気に駆け上がる事など簡単なもの。こういったように木を登る場合は普段手の奥に収納されている爪が出てくるのである。

 

上から、こちらを興味深々に眺める猫ちゃん。

 

ボス猫ちゃんはボクのカバンに興味を惹かれた様子。「ニャンダ、コレ~~??」って感じだ。

 

こちらの猫ちゃんはちょっと変わった感じの顔をしている。

 

お目目がクリクリしていた猫ちゃん。

 

ボス猫ちゃんは相変わらずボクのカバンに興味深々。だけど何も食べ物は入っていないんですけどね・・・。

 

そんなボス猫ちゃんに、甥っ子ちゃんは猫じゃらしを持って勝負を挑みます。

 

ここで甥っ子ちゃんがボス猫ちゃんの、とある習性を発見します。というのも猫じゃらしでお尻周辺を触れると、後ろ脚を掻くというもの・・・下品で失礼・・・単に糞をした時などに砂を掛ける行動だったようだ。

 

 猫カフェでの様子 動画4

 

この猫カフェではソフトドリンクは飲み放題だった。エサが無くなった頃に興味深々に甥っ子ちゃんに寄ってくるボス猫ちゃん・・・ちょっと来るのが遅いような・・・。

 

こちらではボス猫の居ぬ間に、別の猫ちゃんがボクのカバンを襲撃しています。

 

「こんなカバンのどこに惹かれるのだろう??」と思って、見てるだけ。もうこのカバンも10年以上は使っている値打ち物。

 

壁を見ると、どこかで見た事のある黒猫の時計が見えます。そういえばニトリで、ある子へのプレゼントとして購入した事があったっけ。

 

この猫カフェに滞在中には、他のお客さんは入ってきませんでした。猫アレルギー持ちのボクには30分位の滞在がちょうど良かったけど、この後でくしゃみが100回程出て止まらなくなる事態に陥ってしまいましたが・・・。

 

最後に猫ちゃんとチューをしようとする甥っ子ちゃん。それは猫ちゃんに避けられてしまいましたが、帰ってから調べると猫ちゃんも色んな菌を持っているので噛まれたりすると下手したら入院しないといけない事態もあるようで。。なのでチューも基本的にはしない方がいいらしい・・。

 

という事で猫カフェを出て、次の目的地も無いので中島川付近をブラブラ”さるく”します。

 

この辺りから、急にくしゃみが止まらなくなってきて「ハクション大魔王」状態でしたね・・。

 

  チョコレート専門店「加加阿伝来所」訪問

ここのお店、最初は何の店かは分かりづらかったけどチョコレート専門店のようだ。


【加加阿伝来所】

住所:〒850-0873 長崎県長崎市諏訪町7−6
TEL:095-895-5548


「この真夏にチョコレートってどうかな~??」とお土産にはちょっと迷っていた甥っ子ちゃん。「お土産にあげるチョコなら、だいたい貰ったみんなは溶けていようが食べるよ!」と言うと、じゃ買いたいとの事でお店に入ります。

 

中学生1年生でありながら、ちゃんとお姉さん達や学校の友達宛にもあれこれ考えてお土産を購入する甥っ子ちゃん。

 

鼻息を荒くして、買い物をしていましたね。。

 

お金を払って、商品を手渡される時に甥っ子ちゃんが「小分け用の袋、3枚くださいっ!」って言うと、店員のお姉さんはすかさずに「ちゃんと3枚入れてますよ!!」と返されて、ちょっと恥ずかしそうにしていた甥っ子ちゃん。

 

こちらは一粒270円のチョコレート。さすがに甥っ子ちゃんはこちらには全然手を出していませんでしたね。。チョコレートと言えば、知り合い経由で呼ばれたマリベル・チョコレートのセレモニーの時に1個500円のチョコを沢山食べた記憶が蘇った・・・。

 

こちらの「軍艦島チョコレート」を甥っ子ちゃんにプレゼント。別にパッケージが軍艦島のデザインになっているだけで、チョコのお味が軍艦島テイストな訳ではありませんので。。

 

そしてこちらはその後、ポップコーンのお店で何個か甥っ子ちゃんが購入したらオマケとして無料でくれたポップコーンをお返しに貰います。そこのお店で対応してくれた店員のお兄さんも優しく、色んな味を試食させてくれて甥っ子ちゃんに「もう1個オマケ欲しいって言ってみ!もしかしたらくれるかも??」とコソコソ伝えると珍しく恥ずかしがり屋の甥っ子ちゃんがそのまま店員さんに言いました。

すると優しい店員さんは更にもう1個オマケでくれました。4個買ったポップコーン、ついでに2個オマケで合計6個となりましたとさ!

 

勢いに乗って買い過ぎたポップコーンに、少し反省する甥っ子ちゃん。。

 

  長崎での晩飯を食べに”さるく”

一旦ホテルに戻って荷物を置いて、晩飯を食べに再び長崎の街に繰り出します。この時は19時過ぎ。

 

ここ長崎でも進出していた「ファースト・キャビン」。名古屋ではお世話になった事のあるカプセルホテルです。ちなみにこの1号店はこの長崎でちゃんぽんの発祥地として有名な「四海樓」と同じ名前のパチンコチェーン店がある大阪で、そのパチンコ屋本店のビルに入ったのが始まりです。今では27店舗にまで広がっているそうです。

 

そしてガイドブックに載っていた”一口餃子”で有名な「雲龍店」を見つけます。ただし店内は狭いらしく、あまり落ち着いて食べれないとの口コミがあったのでパスする事に。

 

西側に見える稲佐山の頂上方面に夕焼けが見えます。

 

そんな甥っ子ちゃんも夕焼けの写真を撮っています。

 

さすがiPhoneで撮っただけあって、いい感じの夕焼け具合の写真。

 

何気なく歩いてきたこの場所だけど、思案橋近くでこの辺りではスナックやラウンジなどが多く営業している”夜の街”という感じの場所だった。子供を連れて歩き回るにはあまり向いていない場合だったね。

 

そんな甥っ子ちゃんはここでも何かを見つけて、写真を撮っていた。その視線の先にあるのは・・・

 

JALが経営する「JAL CITY」でしたね。勿論あの飛行機会社の系列会社です。

 

昨日も来たけど、イマイチ賑わいを見せない長崎の中華街。ここから写真を撮るだけだといいけど、あまり入りたくなるようなお店は残念ながら見つけられなかった・・。

 

この日は火曜日だったけど、意外とシャッターが閉まったお店もチラホラとあって、何か盛り上がりに欠けるような感じ。

 

とりあえず中華街にあったお土産物屋さんを物色。自分が九州男児だったら、絶対に買ってしまいそうなTシャツを発見。

これの”大阪男児Ver”を真っ黄色で出してくれたら、必ず買います!

という事でこの後の様子はまた次回に続きます!

↓↓↓↓長崎旅行記:初回↓↓

”ふらっと長崎へ”旅行記ブログ-1 神戸空港スカイマーク~長崎空港到着編
定番の甥っ子ちゃんとの旅は、今回長崎を訪問!そこで繰り広げた珍道中をお送りします。まずは初体験の神戸空港からスカイマーク飛行機で台風を恐れずに長崎空港へ向かいます!