”誘惑のトルコ”ツアー旅行記ブログ-19 アイワルク-グランド・テミゼル・ホテル編


【トルコ周遊10日間ツアー】3日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】2019年7月中旬

エーゲ海は別格!?

トルコのアイワルクにあるホテル【グランド・テミゼル・ホテル】にチェックインしました。ボクの部屋がルームキーの電源との接触が悪かったのですが、それは改善されず・・・。


グランド・テミゼル・ホテル
(Grand  Temizel Hotel)
【五つ星ホテル★★★★★】

Grand Hotel Temizel – Sarımsaklıda 5 Yıldızlı Otel
Grand Hotel Temizel – Sarımsaklıda 5 Yıldızlı Otel


 夕食はホテル内でバイキング!

という事で気を取り直して、ホテル内の夕食会場に向かいます。

ポテトフライはどこで食べても、安定した味です!

ブドウとスイカ。トルコでは必ずと言っていいほどスイカが出てきますね。

女性には大人気のケーキ。でもボクは全然手を出しませんが・・・。

「君子危うきには近寄らず」ではないですが、イマイチ見ただけで何か分からないものはチャレンジしないボク。。

こんなペーストしたものじゃなく、ペーストする前の固形のものであれば興味があるのですが。。

色々と得体の知れないものが置いてあるのが、外国でのバイキングの面白い所。人によっては「これ、何??」って嬉しそうに呟きながら、チョイスしていきます。

大好きな野菜類に交じって、コーンたっぷりのお皿もあります。

とりあえず葉っぱ系をたっぷりと頂きます。

こちらは日本語で書かれたドリンク類のメニュー。ちょっと怪しげな日本語もありますが、それはご愛敬という事で。。

大きなトマトが目を引く、野菜中心の夕食です。

ボクの食事はとてもヘルシーでしょ!!

そしてここでも勿論ビールを頼みます。20トルコリラで約400円。

遅れてレストラン会場に来たからか、何人か座っている席がなく、誰も座っていない席にポツ~ンと座ります。今回は関東組だったからか、それともまだ現地2日目で仲良くなってないからか、「こっち空いてるから、座り~や~~!」という声を期待していましたが残念ながらありませんでした・・・。そう声を掛けてくれるのは関西人だけかな?!

そう思っていると、これまた遅れてレストラン会場に入ってきたお父さん、勿論こちらの席が空いているので呼び寄せます。昨日の夕食時も横に座って、ゆっくりマイペースで食事していたお父さんです。

ドリンクはトルコ名物の蒸留酒:ラキを試します。このお酒の面白い所はラキを水で割ると、このように牛乳かと間違う位に白くなる所です。ただお父さんにラキの味の感想を聞くと、首を軽く振ってましたね・・・。

ちなみにこのお父さん、自分からドンドン喋っていく性格じゃないらしく「アナタみたいな人が居てくれると助かるわ!」と言っていただけました。長野から来られている73歳のお父さん。自分の父親と同じ歳で、本当に”お父さん”という感じでもあります。

この旅でこの後も色々と交流を重ねて、とても仲良くなりましたね!

今日も相変わらず黙々と料理を食べるお父さん。野菜で葉っぱというか、雑草のようなものを食べている顔が馬のように見えたのはご愛敬・・・。

こちらのフルーツは隣の奥様方が美味しいと言っていたので、これだけお代わりしてみました。

プラムのような果物でしたが、味は”桃”でしたね!

こちらのホテルの珍しいシステムは、食事時のドリンク代はフロントで清算するという事。夕食時にカードキーを渡すと、それにウエイターがオーダーしたドリンクを記録してくれてフロントにて清算。ただ細かいお釣りが揃っているのかと思ったら、あまり無くて・・・(笑)・・こういうのもご愛敬?!

 エーゲ海の夕陽鑑賞!

夕食会場から外が見えてて、夕焼けの景色が気になっていたので早めに夕食会場を後にしてビーチに向かう。

前には大きなプールも広がっている。今回も海パンを持って来ているが、使う機会があるかな?!

ホテルから海辺にあるビーチまでは歩いて1~2分程の距離で、とても近い!

するとビーチ一面にチェアが並んでいる。

リゾート地だけあって、ピーク時には大勢の人が押し寄せてる光景が目に浮かぶ。

桟橋のような場所に着くも、すでに来ていた人から「もう夕陽は沈んじゃったよ!とても綺麗だったけど!」と言われた。。遅かったかな・・・?!

まあ夕陽は消えたけど、その余韻はまだ残っているので、それを楽しもう!




 ビーチから眺めるエーゲ海の景色 動画

静かに波が打ち寄せるエーゲ海。

気温的にも暑くも無く、太陽が沈んだからと言って急に冷えてくる訳でもなく、ちょうどいい気温といったとこ。

ここで一杯、ビールでも飲みたい雰囲気の場所だ。

そんな気持ちを全身で表現する男!!

ここのホテルは欧米人に人気のあるリゾートっぽくて、アジア系観光客の姿は全然なく、欧米人だらけで混雑していた。

夕焼けはどこで見ても綺麗だけど、改めて海外で見る夕焼けも勿論綺麗である。

とりあえず、この場所で静かな波の音を聞きながら少しゆったりしてみる。




 ビーチから眺めるエーゲ海の景色 動画2

日中は海水浴するお客さんで溢れていそうな場所。

早くも「トルコに来て良かった!」と思う瞬間。

エーゲ海って響きもそれを助長させる感じで、余計にリラックスできる気がする。

ビーチを歩いてもキリが無さそうなので、戻る事に。

 ビーチから眺めるエーゲ海の景色 動画3

このホテル、レストラン会場は1階と2階に分かれていて、我々の夕食会場は2階だったけど、1階の一般人レストランは大盛況だった。

この時期は7月中旬だったけど、この時間誰もプールに飛び込んでいる人は居なかった。

ちなみに夜は下にバーがあり、音楽が鳴っていてお客さんの騒ぎ声などで部屋で窓を開けると、とてもうるさかった。。

ホテル内のお店をちょっと見てみる。

そんなに買いたくなるものも置いてなかったね。

という事で部屋に引き上げます。




 ホテルの部屋にて、くつろぐ

部屋の電源が接触悪くて、何回もカードキーを差し込む。上手くいったと思ったら、急に電源が落ちたり・・・と中々楽しませてくれる部屋でした。。

こちらはバスルーム。先程は電気が付かなかったので、写真を撮り忘れていました・・。部屋に入るとそれぞれの写真を撮るルーチン・ワークがありますので。

それと部屋のWi-Fiはフリーでしたが、そこそこ電波は強かったですね。

あまりデラックスなホテルには泊まれないので、アメニティー類は少なめ。もう慣れちゃいましたけどね。。

一応バスタブは付いているけど、シャワーだけで済ませます。

毎日、朝食後に快便なボク。

最後に下品な内容で、失礼!!

今日も早めに就寝し、明日に備えます!

その様子はまた次回に続きます!

↓↓↓↓トルコ周遊旅行記:初回↓↓

”誘惑のトルコ”ツアー旅行記ブログ-1 事前準備&クチコミ編
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコってどんな国なの???行く前にまずはお勉強を!