”世界遺産の旅”チュニジア旅行記-18 スース:旧市街①編

【チュニジア世界遺産紀行8日間】3日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】

スースの街は?!

チュニジアのスースの街に入ってきました

エルジェムの街を出発してから、1時間程が過ぎた所でスースの街に入ってきたようです。

 

チュニジアのスースの街に入ってきました1

連結されたバスが見えます。日本ではこのような車両はまず見かけないですね。

 

チュニジアのスースの街に入ってきました2

欧州などではよく見かけるロータリー交差点、もしくは「ラウンドアバウト(環状交差点)」と言われる円形交差点。十字路の交差点に比べて、断然安全性が高いという。

□POINT十字路の交差点では横切る時に32箇所の交錯点(車同士が接触する点)なのに比べて、この円形交差点では8箇所しか円交錯点がなく接触する確率が少なくなる。そしてこの円形交差点に入るにはスピードを落とさざるを得ないので、もし衝突してもスピードが出ていないので被害が大きくなりにくい。

 

チュニジアのスースの街に入ってきました3

安全性の面では高いが日本では殆ど見かける事はなく、元々銅像やモニュメントが街中にあってそこから放射線状に道路が延びている都市が多いヨーロッパに限定されている。そして交通量が多いと混雑する原因にもなる。それと十字路の交差点に比べるとその使用面積がどうしても大きくなるので、安全性に優れているからと言って全世界に広がる訳ではないようだ。

参考HP⇒⇒ラウンドアバウト(Wikipedia)

 

チュニジアのスースの街に入ってきました4

バスが進むにつれて、外の街並みも賑やかになってきます。

 

チュニジアのスースの街に入ってきました5

それに加えて交通量も増えてきます。

 

チュニジアのスースの街に入ってきました6

フランスの統治下にあった国なので、その影響で円形交差点ばかりのチュニジア。そしてその円形交差点の真ん中にある「中央島」と呼ばれる場所には、このように銅像などが設置されていたりする。

 

チュニジアのスースの街に入ってきました7

この銅像は誰かが馬に乗っているようだ。

 

チュニジアのスースの街に入ってきました8

この時に現地ガイドさんから特にこの銅像についての説明がなかったので、大した人の像ではないのかと思っていた。後日チュニジアの首都チュニスに行った時にも同じ形の銅像を見かけたので調べてみたら、フランスからの独立運動の指導者でチュニジア初代大統領となった「ハビブ・ブルギバ」の像であった。

 

チュニジアのスースの街に入ってきました9

スースのタクシー。こちらのタクシーは相乗り制度になっていて、同じ方面に行く人であれば途中で拾って一緒に乗り合いをするシステムだそうだ。逆に自分だけを乗せて行って欲しい時は”タクシーを貸し切る”事になり、多めに費用が発生するらしい。

 

チュニジアのスースの街に到着

「FUJIFILM」の看板が見える。日本が世界に誇る企業である。

 

 スースの街に到着!

チュニジアのスースの街に到着1

バスが停まって、こちらの場所で下車します。もうこちら、目の前から旧市街地【世界遺産】が始まっています。

 

チュニジアのスースの街に到着2

レトロな観光用の馬車も待機しています。

 

チュニジアのスースの街に到着3

この辺りは「ファルハット・ハシェド広場(Place Farhat Hached)」と呼ばれるスースの中心地でありヘソでもある場所。そして前に見える4階建てのショッピングセンターは”チュニジアで唯一のお土産物専門店”である。

 

チュニジアのスースの街に到着4

こちらは世界遺産のマークが表示されている看板。残念ながら色が剥がれつつあって、落書きもされている・・・。

 スースの旧市街地の観光

チュニジアのスースの街に到着5

それでは世界遺産の街、スースの旧市街地の観光に入ります。

このスースは別名「サヘル地方の真珠」と呼ばれているらしく、ビーチエリア一帯に広がる白い砂浜があり地中海沿岸特有の温暖な気候に支えられてビーチリゾートでもあり、ヨーロッパの富裕層の避暑地でもある。

 

チュニジアのスースの街に到着7

まだチュニジアに来て2日目だけど、若い子たちがとてもフレンドリーのように感じる。2~3人の女の子達がこっちを見て、スマイルを浮かべてくる。そんな子に「ハロ~~!」って挨拶すると「コニチワ~~!ニイハオ~~!」と嬉しそうに返してくれる!イスラム教の国にいるとは思えない女のコ達の対応である。

 

チュニジアのスースの街に到着8

とりあえずこのグランド・モスクの周辺を一周してから、解散し約1時間のフリータイムに入るようだ。

 

チュニジアのスースの街に到着9

このスースの街は紀元前9世紀頃にフェニキア人により建設された。その後7世紀頃にイスラム教のアラブ軍の侵略により支配され、その時に「スーサ」という名前に変えられる。そしてアグラブ朝時代はヨーロッパ進出の拠点&港としても発展する。ちなみに「リバト」はその時代にアラブ軍が前線基地として築いたものである。その後はノルマン人やスペイン、フランスと支配される事になり、最終的にフランス風の「スース」という名前に街が変わる事となる。この街の世界遺産に登録されている旧市街(メディナ)はアラブ軍が支配していた時代の古の街並みが残る地域である。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いていきます

左手に見えてくる建築物は「グランド・モスク」で9世紀の頃に建てられた”チュニジアでは唯一ミナレット(尖塔)をもたないモスク”である。何故ミナレットがないかというと、その理由は後程分かるのである。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いていきます1

この辺りはメイン通りだけあって、色んなお土産物屋さんがあるがこの広場の手前に見えた4階建てのショッピングセンターでは全部値段が決められていて、下手にこの辺のお店で交渉して買うより”安く、かつ品質もいいもの”が買える可能性が高いそうだ。なので現地ガイドさん曰く「お土産を買いたいなら、後でそのショッピングセンターに行った方がいいですよ!」とのアナウンスがあります。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いていきます2

確かにこの辺の商店は、まず値段交渉から入るのが個人的に面倒臭く感じる・・・。そして店頭に商品を置きっぱなしにしている事が多く、保存状態がよくないのであまり品質もよろしくないしな。。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いていきます3

こちらの「グランド・モスク」は建てられた当時は”モスク兼要塞”として、アラブ軍に使われていた。なのでモスクらしい装飾等はなく、厚い壁で覆われて銃眼の穴も空けられている。そして特徴的なのは、通常メディナの中心にモスクを造るらしいのだが、このモスクは港や武器庫を守る要塞も兼ねていたのでメディナの中心地ではなく端の港よりに造られている

それとミナレットを持たない理由は、近くにある「リバト」というスースのメディナで最も古く、前線基地の要塞とされていた建物に約38mの監視塔があったので、そちらからアザーンを流していたのでわざわざミナレットを建てなかったとか。でもここに見える低い塔のような場所にスピーカーが設置されているので、ここからアザーンを流していたのでそれで充分だったのかもね。。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いていきます4

左に見える「グランド・モスク」は、後で見る要塞「リバト」と同じような外観です。パッと見だけでは同じものに見えて、後程リバトに入場するのですが、てっきりグランド・モスクに入ったものと勘違いしてました・・・。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いていきます5

イスラム圏では犬より猫ちゃんを見かける機会の方が多い。特に街中では全然犬を見かけずに猫ちゃんばかり。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いていきます6

警戒心の少ない猫ちゃんは我が物顔でスースの街を、悠然と歩いていました。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いていきます7

スースで見かけた女の子も髪の毛をスカーフのようなもので隠している子もいましたが、全般的には可愛らしい今時のファッションをしている子が多かった。

 

 スースの街の様子 動画

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いていきます8

現地ガイドさんの後ろについて、ゾロゾロと皆で付いて行きます。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いていきます9

こちらの黄色いカゴには亀が入っていました。売り物なのかな?!

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周します

こちらを左に曲がります。このグランド・モスクを一周して、簡単にこのスースの街を案内してから自由時間となるようです。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周します1

こちらの親子は怪しげなアジア人に対して、冷ややかな目で見ています・・・。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周します2

こちらの猫ちゃん達も先程の親子と同じように、冷ややかな目でこちらを見物しています。「またアジア人が来おったニャー!」というような顔?!

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周します3

全然知らなかったのだが猫ちゃんも人間と同じように、オナラやしゃっくりや咳もするそうだ。こちらはグランド・モスク前に鎮座する猫ちゃん。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周します4

スースの街は何か雰囲気が違って、ほんとリゾート地のような感じでテンションがあがる。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周します5

スースの街の旧市街は高さ約8mの壁で囲まれた約700m×約450m位の広さになっている。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周します6

正面に見える建物はホテルで、その名は「ホテル メディナ」。このメディナにあるホテルの中では上のランクだそうだ。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周します7

右側に見えるチュニジアの鳥籠もインテリアとして、例えば中にライトを入れて照明代わりにしたりすれば可愛らしくてイイと思うけどお土産で持って帰るには嵩張る。。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周します8

グランド・モスクの裏側を進んで行きます。こちら側にも色んなお店が並んでいます。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周します9

グランド・モスクの壁沿いには柵で囲まれたエアコンの室外機が数台見える。9世紀頃に建てられた建物も今は21世紀の文明と融合しているのだ。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周して見かけたものは

街中でベンチに腰掛けて新聞を眺めるオジサンが、ちょっと派手目な帽子で”いい雰囲気”を醸し出している。もしこの光景が日本だったら、こういうオジサンは競馬新聞と睨めっこしているのが多いんだが果たしてこのオジサンは何を読んでいたのかな?!

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周して見かけたものは1

グランド・モスクの裏側にもこの低い塔みたいなのがあった。モスクというよりは、元々は闘いを想定して要塞の造りで「ついでにモスクまで入れてしまえ!」という感じだったのかも。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周して見かけたものは2

こういうチュニジア的な衣装を着たほうが雰囲気が出て楽しめそう。そういえばエジプトのクルーズ船内で現地の民族衣装を着たガラベイヤパーティーをしたっけ、あれはあれでとても楽しめたね。

 

行ってきたエジプト旅行記⑨(阪急交通社1人旅限定参加ツアー/ブログ・口コミ)
阪急交通社(トラピックス)の1人旅限定参加ツアーで行ってきたエジプト8日間旅行のブログ/口コミ。4日目の夜は民族衣装を着たガラベイヤ・パーティーで女装して盛り上がるの巻。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周して見かけたものは3

「FAST FOOD」と記載していて、手軽に食べれる「ファースト・フード」と思っていたが言葉的には早く食べれる「ファスト・フード」が正解のようだ。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周して見かけたものは4

さっき昼食で食べたブリックのような食べ物かな? よく見るとお店のオジサンがポーズしてましたね!

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周して見かけたものは5

この辺は露店が集まっています。怪しげな商品もありそう??

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周して見かけたものは6

こちらの通りは「中国ストリート」と呼ばれるらしく、中国製品ばかりが売られている商店が並んでいるそうです。チュニジアは中国との経済・貿易関係を強化する目的で「一帯一路」プロジェクトに参加しています。表向きは「歴史的なシルクロードの再活性とこのルート上にある各国との経済・貿易関係を拡大する目的」とあるが、実際は中国によるチュニジアに対しての投資である(支配にもなりかねない)。

 

 スースの街の様子 動画2

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周して見かけたものは7

こちらのお菓子は試食させてくれたが、香ばしくて美味しかった。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周して見かけたものは8

アフリカ大陸でも中国製品が溢れているという、世界の実情が見える。日本人からすると「中国製って・・・・」と思うかも知れないが、世界中には”中国製品”が蔓延している。日本も中国に実質支配される日が来るのかもしれない。。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周して見かけたものは9

そんな現状をアフリカ大陸で思い知るのであった。。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周して見かけたものは10

イスラム圏の国でも女性は甘いものが好きみたいだ。

 

チュニジアのスースの街の旧市街を歩いて一周して見かけたものは11

チュニジア名物のお菓子「マクルード」。どこでも見かける事ができる。

 

チュニジアのスースの街の旧市街で自由時間にラバトへ向かう

これで簡単にスースの旧市街の案内が終わり、「SOULA SHOPPING CENTER」の前で解散しこれから自由時間となります。

その様子は次回に続きます!

↓↓↓↓チュニジア旅行記:初回↓↓

”世界遺産の旅”チュニジア旅行記-1 準備編
トラピックスの1人参加限定旅ツアーで訪れたチュニジア旅行8日間の旅行記。まずはチュニジアってどんな国なのでしょうか?治安は大丈夫?!

コメント