”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-40 メルズーガ②編


【幻想の国 エキゾチックモロッコ10日間旅行記】5日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】

砂漠のホテルで星空観賞!

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルでまったりと

メルズーガのホテルで夕陽が沈んだ後の景色を眺めていると、こちらの”写真家お姉さま”「ねえ、あなたの部屋はどうだった?ワタシの部屋は絶対、ハズレだよ~~!何なら見に来て~!」と言うのでお部屋を見に行く事に。

 他の部屋の視察

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルでまったりと1

そのお姉さまに付いていくと、2階に登った所に部屋がありました。お部屋に入ると窓からは外の砂漠が見る事ができます。ボクの部屋はホテルの内側に窓があるので、残念ながら砂漠が見えないので「ここ、砂漠が見えるからめちゃくちゃイイじゃないですか~!」と一応持ち上げるも”写真家お姉さま”はそんな言葉は無視して「これ見て~~!」と言っています。

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルでまったりと2

この”写真家お姉さま”のエピソードで一番笑わせていただいたのが、こちらのベッドの毛布。なんと”虎さん”の絵が入った可愛いデザイン!

このお姉さま、猫が好きなので「これも可愛らしくてイイじゃないですか~~!」と更に持ち上げてみると「やだ~~、気持ち悪い~~!こんなので寝れな~い!」とワガママな感じで手が付けれないモードに突入しています!

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルでまったりと3

よく見ると部屋全体が虎柄のような感じでしたね。ちなみに後でこの虎柄の毛布は裏返しにして、別のベッドで寝たそうだ。。

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルでまったりと4

こちらはその横の別の人のお部屋。こちらはもっと狭く何故かベビーベッドもありました。

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルでまったりと5

部屋それぞれに個性的で、これはこれで”旅の醍醐味”という事で楽しみましょう!

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルでまったりと6

ちなみにその”写真家お姉さま”にボクの部屋を見せたら「ここ、当たりよ~!めちゃめちゃいいじゃな~い!」と言ってましたね。他の人も同じように言ってました。

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルでまったりと7

段々暗がりになってきた砂漠地帯。地平線の果てのボヤっとした雰囲気が何ともいえない。

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルでまったりと8

この後はホテル内で夕食を食べて、その後ホテル脇で星空観賞をします。その時に足元が暗いみたいなので、頭に取り付けるタイプのライトを装備して夕食に挑みます。

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルでまったりと9

迫りくる夕闇も砂漠では幻想的。

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルでまったりと10

楽しくて、楽しくて仕方ないモロッコ旅行。最初にビジネスクラスの興奮で一気にテンションが高くなっているので、相乗効果で気分はフワフワ状態!!

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルで陽が沈む

すっかり辺りは暗くなってきました。果たして夜空の星はどれだけ見えるのだろうか?

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルで陽が沈む1

星空といえば去年南米のボリビアでウユニ塩湖に行った時の星空が綺麗すぎる位見えて、それが頭にこびり付いている。。

ウユニ塩湖&マチュピチュ ペルー大周遊HISツアー 旅行記⑩
HISウユニ塩湖+マチュピチュ10日間ツアーの6日目。待望のウユニ塩湖で写真撮りまくり

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルで陽が沈む2

何をしているのか、分からない現地の方ですかね? 何となく写真を撮らせてもらいました。

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルで陽が沈む3

もうすぐ夕食ですがまだまだ星は見えません。

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルで陽が沈む4

添乗員さんがスマホに入れている「星空観賞用アプリ」を説明してくれました。このアプリを起動して空にかざすと、その方向にある星座が表示されます。それで光っている星が何座かを特定する事ができます。

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルで陽が沈む5

夕食までの間に他の部屋を見せてもらいます。こちらの部屋はボクの部屋と同じ並びにあるので、部屋の造りは同じですがグリーン系の色に統一されています。

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルで陽が沈む6

ボクの部屋と合わせて3部屋がこのような造りになっていて”当たり”のようです。




 砂漠のホテルで夕食を

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルで夕食会場に向かう

やっと夕食の時間となりました。ホテル内のレストラン会場に向かいます。

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルで夕食会場に向かう1

2つのテーブルに分かれて座ります。

モロッコのメルズーガの砂漠ホテルで夕食会場に向かう2

他にはあまりお客さんの姿が見えませんが・・・。

まずは大きな器に入った温かいスープが運ばれてきました。

こちらのスープは6人で分けて頂きます。

なかなか美味しいお味のスープ。

横のグループは大学生の一番の若手がスープを先輩方に装っているようです。年功序列なのか?一番年下の宿命なのか?それとも優しさの表れか?






ボクはここでもスープをパンに付けて食べます。こうすると単純なパンの味が美味しくなります!

それと前菜にとオリーブの実が出てきました。

レストラン会場の壁にかかっていた絵。

隣の”ゆ~ちゃん”はマンゴージュースを頼んでいた。モロッコはでこのようにクルクルとしたストローが多かった。

今日のメイン料理はタジン鍋の予定です。

このレストランはアルコールが置いてなかったので、水の大(1ℓ)を頼みました。

先にレーズンの入ったようなパンが出てきます。

メインのタジン鍋が出てきます。これぞ、モロッコの料理という感じですね。

こちらのウエイターのお兄さんも日本人観光客に慣れているのか、まずは写真タイムという事ですぐにはフタを開けずに、写真を撮る時間をくれます。




タジン鍋のフタを開ける様子 動画

野菜と共にビーフ肉が入っているみたい。

ちょっとお肉は硬めだったけど、美味しかったですね。

デザートはティラミス。

それと共にオレンジのスライスにシナモンパウダーがかかって出てきた。

意外とオレンジとシナモンパウダーが絶妙なコンビネーションをみせて、個人的には美味しかった。

オレンジの甘味がシナモンで抑えられた後に出てくる感じかな?!




 誕生日のお祝い!

お誕生日のお祝い音楽演奏 動画

ここでツアー参加者で前日誕生日を迎えられた方にお祝いとして、スタッフさんが民族音楽を演奏してくれました。

色んな太鼓でそれぞれリズムを刻んで、手慣れた様子で演奏してくれます。

思った以上に長く演奏してくれました。

ノリノリのオバサマの姿も見えます。

他の人達は撮影に大忙しの人と、見守っている人に分かれているようです。

ただハッピーバースデーの演奏からが結構長く続いているので、ちょっと飽きてきたような空気が流れています。。

気が付いたら他の国から来ている観光客の方も陽気な音楽に誘われて横に来ていましたね。

お誕生日のお祝い音楽演奏2 動画




 ホテルの外で星空観賞!

星空観賞をする時は周辺が暗い場所の方が見やすく、添乗員さんの計らいでホテル側と交渉して消せる照明を消してもらい夜空を鑑賞します。

ただ残念ながらボクのスマホではこれが限界でした・・・。全然星空はキレイに写せませんでした。。

なお、北斗七星など綺麗に見えて感激しました。残念ながら死兆星は見えませんでしたね。。

星空もそこそこに部屋に引き上げます。また別の人達が「アナタの部屋を見させて!」と言ってきたので見せると「いい部屋だわ~~!」と言って帰って行きます。

明日はちょっと早く起きるので、今晩は”当たり”の部屋で早めに就寝する事とします。

明日のサハラ砂漠の様子は次回に続きます!

↓↓↓↓モロッコ旅行記:初回↓↓

”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-1 準備編
阪急交通社の1人参加限定旅ツアーで訪れたモロッコ旅行10日間の旅行記です。まずはモロッコという国の紹介を!