”神話に魅せられて”ギリシャ旅行記-23 ミケーネ博物館編


【神話の国ギリシャとエーゲ海クルーズツアー】4日

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】

ミケーネ遺跡の博物館を観光

ミケーネの古代遺跡の博物館に向かう

まずはミケーネ古代遺跡を見る前に博物館に行って、お勉強タイム。

ミケーネの古代遺跡の博物館に向かう2

この敷地はキレイに管理されています。全然汚れていません!

ミケーネの古代遺跡の博物館に向かう3

こちらの大きな入口から入ります。

2m50cm位の背の高い人でも入れそうな入口。。

 ミケーネ博物館に入場する

ミケーネの古代遺跡の博物館にある遺跡の模型

博物館に入ってまずはミケーネ遺跡のミニチュアを見て、簡単な説明を受ける。

ミケーネの古代遺跡の博物館にある遺跡の模型2

”小高い丘”に築かれているのが一目瞭然な模型。

博物館内のミケーネ遺跡の模型 動画

ミケーネの古代遺跡の博物館にある遺跡の模型3

ツアー参加者の方々も興味深々に模型を見ている。

ミケーネ古代遺跡の博物館にて3

壁には開放的な窓があり、外を一望できる。

ミケーネ古代遺跡の博物館にて

そして博物館入口付近にはパネルが並んでいる。

ミケーネ古代遺跡の博物館にて2

こちらに展示されているもので重要なものの説明が記載されているのだろうが、外国語は全然読めません・・・。

ミケーネ古代遺跡の博物館にて4

現地ガイドさんからちょっと説明があります。こちらのパネルはシュリーマンの顔があるので、この遺跡を発掘した時の様子が描かれていそうです。

ミケーネ古代遺跡の博物館にて4

この辺りはすべてシュリーマンの発掘で見つかった訳ではなく、先程見学した「アトレウスの宝庫」などはもっと前から見つかっていた。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを見る

まずは大量の土器が所狭しと沢山展示されている。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを見る2

興味深げに展示物を見て回るツアー参加者達の様子。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを見る3

色んな模様が彫られている石。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを見る4

昔の人が生活で使っていたと思われる窯や土器が陳列されている。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見学

中にはひび割れてしまった壺も修復されて、展示している。壁にはそれらの壺があったとされる場所が地図に記されている。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見学1

ただこれだけの量があると、すでに土器などを見飽きてしまう・・・。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見学2

他の人達も口には出さないけど、そう思っている人も居るかも?!

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見学3

人型の土器も置いてある。宗教的なものとして造られたのかな?!

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見学4

オリーブオイルを貯蔵する瓶もこの中にあるようだ。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見学5

エジプトの博物館で見た「クフ王の像」並に小さい像がある。。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見学6

こちらはライオンの像だろうか?何となく犬っぽく見えるが、この時代は殆ど犬の像はなくライオンばかりなので、多分ライオンの像だろう。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見学7

こちらは文字が入っており、宗教に使われていた可能性が。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見学8

この辺りから「もう何も考えずにとりあえず写真だけ撮っておこう!」という気分になっていた・・・。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見学9

こちらは象形文字のようだ。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見る様子

とても小さい顔の像もあった。。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見る様子2

像を造る型も展示されている。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見る様子3

フライパンのような調理器具もあるし、貯蔵用の壺みたい。オリーブオイルを貯蔵したのか、それともお酒を貯蔵したのか?

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見る様子4

こちらは口が広い壺。みんなに配る用のものを入れる為の物かな?

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見る様子5

水差し型の壺もある。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見る様子6

こちらは青銅器の破片や槍の穂先のようだ。昔から争いは絶えなかったみたいだ。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見る様子7

ホントに数多くの土器や壺、像などが展示されている。勉強熱心な人はこれだけの点数があっても、しっかり見て回るんだろうな。。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見る様子8

こちらにはスフィンクスのような像も展示されている。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見る様子9

ガイディング・レシーバーもずっと耳に付けていると、耳が痛くなってくるので外していると全然説明が聞けない。常に添乗員さんの近くにいればいいのだが、写真撮影に夢中になって、アッチコッチに行ってるので全然説明を聞けていない。。

ミケーネ古代遺跡の博物館の土器などを展示物を見る様子10

この壺などの模様もそれぞれに名前や意味などがあるのだろう。

ミケーネ古代遺跡の博物館の展示物を見て回る

可愛らしい人形のようなものや尿瓶みたいなものもある。

ミケーネ古代遺跡の博物館の展示物を見て回る2

それらを入れるレトロな箱まである。

ミケーネ古代遺跡の博物館の展示物を見て回る3

こちらはこの博物館内の展示物でも一目置かれているものが展示されている。

 アガメムノンの黄金のマスク(レプリカ)

ミケーネ古代遺跡の博物館の展示物を見て回る3

こちらはレプリカで本物はアテネにある国立考古学博物館に保管されている。

ミケーネ古代遺跡の博物館の展示物を見て回る4

シュリーマンが「アガメムノンのお墓を見つけた」とこの場所を発掘した時に喜んだのだが、実際にはアガメムノンより前の時代の遺跡であった。その場所を発掘してみると合計5つのマスクが見つかった。結局このお墓はアガメムノンのものではなかったが、これらのマスクは「アガメムノンの黄金のマスク」という呼ばれ方になっている。

ミケーネ古代遺跡の博物館の展示物を見て回る5

これらシュリーマンの発掘したお墓は王様のものであり、男性は戦士だったので闘いに使う道具も一緒に見つかった。

ミケーネ古代遺跡の博物館の展示物を見て回る6

こちらは兜のようだ。

ミケーネ古代遺跡の博物館の展示物を見て回る8

これはライオンの顔を真似た兜かな?!

ミケーネ古代遺跡の博物館の展示物を見て回る9

これらお墓には沢山の黄金製品が入っていて、その当時の繁栄していた時代の勢力の大きさを感じさせる。

ミケーネ古代遺跡の博物館の展示物を見て回る7

ちなみにシュリーマンは息子の名前に「アガメムノン」と名付けるぐらい、夢中になっていたそうだ。そんな理由で名前を付けられた息子は苦労したんだろうな・・・。

ボクの兄が同じ苗字の有名なデザイナーの名前を付けられ、その名前が原因でイジメられた事があったそうだ。

そう考えると名前ってホント大事だね!

大きな墓碑のようだ。残念ながらティッシュケースのように穴が開けられている・・・。

まだまだ壺の世界が続きます。。

こちらは闘いに向かう王様の様子でも描かれているのかな?!

もう何を見ても「ふ~~ん」としか、言葉が出てこない。。

壁にはキレイな絵が描かれていたのだろう。左には原画のようなものがある。

こちらは祭祀センターから見つかったテラコッタ像。「テラコッタ」とはイタリア語で「焼いた土」「素焼き」という意味がある。

凄い点数が保管されている。3000年前以上の物と思うと、とても貴重な品々である。。

こちらは後で行くミケーネ宮殿の主体部の模型。ミケーネ文明が繁栄していた絶頂期の宮殿部分である。

キレイな壁画も残っているみたい。

やっとグルっと博物館を一周してきて、出口が見えてきてホッとする。。

ミケーネ古代遺跡の博物館の展示物を見て回る

1本の剣が展示されている。その剣の形に合わせて、後ろの文章のレイアウトも調整されている所が面白い!

王様の剣っぽい匂いがするような。。

ミケーネ古代遺跡の博物館の展示物を見て回る2

ここでは時代とともに作る土器の発達が分かり易く見られる。時代を重ねる毎に精密に、また小さくなっているのが見て取れる。

ミケーネ古代遺跡の博物館の展示物を見て回る3

こちらはライオンゲートのパネル。後で実物を見れます。

ミケーネ古代遺跡の博物館の展示物を見て回る4

ミケーネ時代固有の建築上の特徴である”三角形の開口部”がこのライオンゲートでも設けられている。

ミケーネ古代遺跡の博物館を出る

そしてやっと博物館を出て遺跡に向かう。ここには放し飼いの犬がいた。それとも野犬?!

ミケーネ古代遺跡の博物館を出る2

これからミケーネの古代遺跡の見学に行きます。歩いてすぐの場所にあります。

この続きはまた次回に!




その公共料金、1%オフにする方法があるんです!
colleee(コリー)を使えばあなたの生活がお得になること間違いなし!
ネットで買い物するならcolleee

↓↓ギリシャ旅行記:初回↓↓

”神話に魅せられて”ギリシャ旅行記-1準備編
「神話の国」ギリシャ旅行編 ベトナム旅行後、一週間の後また海外へ旅立ちます。 お次は...