”神話に魅せられて”ギリシャ旅行記-21 コリントス運河編


【神話の国ギリシャとエーゲ海クルーズツアー】4日

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】

左右絶壁のコリントス運河を観光

 まずは朝食を!?

アテネのオスカーホテルでの朝食会場の様子2

今日の朝はちょっと早い目に朝食。ホテルの中にあるバイキング会場にて朝食を食べます。

アテネのオスカーホテルでの朝食会場の様子

ここのホテルの階段ですが、踊り場が無いのでドアを開けるといきなり階段があります。

その為注意していないと転落する可能性があるので、階段を使われる際は慎重に!

アテネのオスカーホテルでの朝食

ここの朝食バイキングは一応野菜があったので一安心。安定のトマトを頂きます。

 ホテルを出発

アテネのオスカーホテルを出発し道中の様子

まずはバスに乗り込み、移動。今日も朝から雨模様・・・。そういえば傘は持ってくるの、忘れたんだよね。。

アテネのオスカーホテルを出発し道中の様子2

今日は後ろ側の座席に座る。すると後ろのオバサマから「偉い、ちゃんと毎日座席を変えているのね!」と声を掛けられる。こちらこそ「毎日チェックしててくれて、ありがとう」と言いたい。。

バスからの風景 動画

アテネのオスカーホテルを出発し道中の様子3

朝から雨が降っていて、どんより天気だとあまりテンションが上がって来ない。。

バスからの風景2 動画

ギリシャのコリントス運河に到着

ホテルから約1時間ほど、バスに揺られて到着します。

 コリントス運河【Corinth Canal】に到着

ギリシャのコリントス運河の眺め

住所:Παλαιά, ΕΟ Αθηνών Κορίνθου, Loutraki Agii Theodori, ギリシャ

上空から見たGoogle map

ギリシャのコリントス運河の眺め2

□POINT1893年に完成した、ペロポネソス半島の根元のコリントス地峡を削った運河でサロニコス湾(エーゲ海)とコリンティアコス湾を結ぶ。全長が約6km、幅は約24m、深さは約8mに及ぶ。海面の高さが一定の為に、水門はない。この運河の完成により遠回りするルートに比べて約400km短縮になるという。

ただし大型貨物船は通れないので、主に観光船が通り年間約12,000台がこの運河を通行している。

ギリシャのコリントス運河の眺め3

高さは一番高い丘部分が約80m程。約2000年前の時代からここに人口運河を通そうと構想していたが、挫折し叶わなかった。

ギリシャのコリントス運河の眺め4

橋の上からコリントス運河を見下ろすと、河の色が人工的な感じに見える。。底の土が白っぽいからこういう色に見えるのだろうか?!

コリントス運河の眺め 動画

ギリシャのコリントス運河の眺め4

こちらの方面はコリンティアコス湾。この橋は車がビュンビュン走っているが、歩行者用の道は別にあって安全性も考慮されている造り。

ギリシャのコリントス運河の眺め6

雨は一応降っていないが、足元が濡れているのでここを歩いていると”雨に弱い”足袋シューズが弱点を露呈してしまう・・・。

ギリシャのコリントス運河の様子

こちらの地図です。ただコリントス運河の岩盤はあまり強くないので、度々崩落し通行止めになったりしているとの事。

ギリシャのコリントス運河の様子2

反対側の道路を渡った所に設置されていた”何とも言えない可愛さ・・・”のあるゴミ箱。

キレイにされていれば、カワイイのだろうけども。。

ギリシャのコリントス運河の様子3

反対側の歩道に回ってみることに。

コリントス運河の柵を見てみる

こちらの黄色い柵には願掛けのような紐が沢山結ばれている。

コリントス運河の柵を見てみる2

よく見る”縁結び”の願掛けのようだ。

コリントス運河の柵を見てみる3

その隙間からコリントス運河を見下ろす。残念ながらここに居てる時には船は通行しなかった。。

コリントス運河の柵を見てみる4

こういう”おまじない”というか”願掛け”は万国共通みたい。キレイな布から汚い布まで様々。。

コリントス運河からの景色

人間って、ほんと地球上で好き放題やっている。地球上の他の生物は地理を変える事はないが、人類はこうやって勝手に河を造って、自分の都合を最優先にして自然を破壊している。地球上の人類にとっては、その人類の行動が存続の命運を分けるのであろう。

コリントス運河からの景色2

その両端の景色は至って平凡である。特に栄えている訳でもない。

コリントス運河からの景色3

願掛けも一部はチェーンや金属製の鍵も見受けられる。

コリントス運河の眺め2 動画

コリントス運河でバンジージャンプ

橋の横にはバンジージャンプが出来るような内容の看板があった。

コリントス運河でバンジージャンプ2

ただオフシーズンの為か、お店は閉まっていました。。

コリントス運河近くの郵便ポスト

コリントス運河近くの郵便ポスト。ギリシャは真っ黄色の郵便ポストです。

 近くのお土産物屋さんに寄る

コリントス運河近くのお土産物屋さんに寄る

こちらのコリントス運河近くのお土産物屋さんにてトイレ休憩&ショッピング。ちょっとセクシュアルなデザインのトランプ。とあるオジサンが興味深々に眺めていた。。

コリントス運河近くのお土産物屋さんに寄る2

ここでチョコやナッツなどを試食させてくれる。好きなだけ食べ放題とちょっと幸せな時間!

コリントス運河近くのお土産物屋さんに寄る3

この中央のマロン(栗)グラッセが入ったチョコレートが添乗員さんのオススメ。試食してみると確かに美味しい!

1箱12個入って12€という“いいお値段”のチョコ。

するとみんながそれを購入しだして、あっという間に在庫切れ・・・買い遅れたボク。。

ただまた帰りにここに寄るみたいなので、その時までに在庫が回復している事を祈る・・。

コリントス運河近くのお土産物屋さんのポストカード

コリントス運河のポストカード。船が運河を通る時はこんな感じみたい。それにしても河幅ギリギリの様子。

コリントス運河近くのお土産物屋さんのポストカード2

こちらは小舟に牽引されている。上の線路に電車が走っていて、この状態がここでのベストショットみたい。

コリントス運河近くのお土産物屋さんのポストカード3

このハート形の島はなんだろう??

 バスに乗って、お次はミケーネへ移動

コリントス運河をバスから眺める

トイレと買い物を済ませて、バスに乗り込みます。さっき見たコリントス運河をバスからも眺めます。

お次はミケーネ遺跡に向かいます。

この続きはまた次回に!




その公共料金、1%オフにする方法があるんです!
colleee(コリー)を使えばあなたの生活がお得になること間違いなし!
ネットで買い物するならcolleee

↓↓ギリシャ旅行記:初回↓↓

”神話に魅せられて”ギリシャ旅行記-1準備編
「神話の国」ギリシャ旅行編 ベトナム旅行後、一週間の後また海外へ旅立ちます。 お次は...