行ってきたエジプト旅行記⑪(阪急交通社1人旅限定参加ツアー/ブログ・口コミ)


エジプト旅行記:阪急交通社(トラピックス)1人旅限定参加ツアー


阪急交通社(トラピックス):1人旅限定参加ツアーのエジプト旅行記の続きです。

(ブログ/口コミ)

アスワンハイダムに向けて移動

エジプト旅行5日目はまずイシス神殿を見学し、その後アブシンベル神殿に行く前にアスワンハイダムを訪れます。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アクセサリー 貴金属

その前に貴金属のアクセサリーショップを訪問します。こちらもツアーに組み込まれているお土産物屋さんです。

貴金属のお土産物に訪問

エジプト旅行 ブログ 口コミ アクセサリー 貴金属

待ってましたと言わんばかりの店員さん。何やらカードを渡しています。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アクセサリー 貴金属

こちらのスエヒログラフが解読できる表が入ったお店の名刺。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アクセサリー 貴金属

エジプトとかでは銀行にお金を預けても日本ほどの信用がないので、貴金属アクセサリーに変えて体に付けて保管するという考えがあります。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アクセサリー 貴金属

アクセサリーの説明。名前入りのカルテューシュでデザインしたアクセサリーも作ってくれます。なお引き渡しは後日ツアー中になります。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アクセサリー 貴金属

オバサマ達は貴金属に興味深々!こういうショップは旅行会社が公認の為にまがい物は殆どないでしょうがその分価格は多少上乗せされています。

私はアクセサリー類は全く興味がないので、気配を消して時間を過ごします。写真には写っていませんが反対側にはちょっとしたお土産雑貨などを置いていました。しかし雑貨の品質は微妙な感じで塗装もあらかったりするものがあり「購入したい」と思えるものは残念ながらありませんでした。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アクセサリー 貴金属

添乗員さんと現地ガイドさんからのプレゼント、手提げの袋です。このアクセサリーショップを出た所にいた物売りのおばちゃんから買ってくれました。黒と白のデザイン2種。サンキューです!

 アスワンハイダム周辺

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

その後バスに乗ってアスワン・ハイ・ダムを通ります。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

なおアスワン・ハイ・ダムはエジプトの産業の礎となるものなので軍隊がしっかり警備しています。観光バスは普通に通れますが乗用車は厳しいセキュリティーがあります。

この辺りがエジプト情勢の不安定さを象徴しているように感じます。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

広がるアスワン・ハイ・ダムでできたナセル湖。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

周辺には軍事基地もあります。エジプトの電力の半分以上を賄う重要な発電所でもあるこのダム。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

下流には緑が生い茂っています。ダムが出来る前はナイル川の氾濫が度々あり、安定した生活ができなかったみたい。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

これは水門。水量を調整しています。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

途中砂漠が広がります。ここで置いてかれたら、待っているのは・・死?!

アスワン・ハイダムに到着

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

広大なナセル湖。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

ナセル湖は世界で2番目に大きい人造湖。ちなみに世界最大の人造湖はガーナのヴォルタ湖だそうだ。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

発電所らしき建物。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

のどかな感じ。アスワン・ハイ・ダムもエジプトでは観光地。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

「とりあえず記念撮影しときますか~!」って感じ。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

ツアー参加者の人達も記念撮影。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

お気に入りのペルー帽子でのバックショット。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

辺りには人が全く見当たりません。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

でも発電機は地下に埋め込まれているハズなので、当然ながら見えません。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

エジプトに敬意を払って、お祈りポーズ。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

ハルク・ホーガン ポーズ。気持ちのいい天気。

ですがここの土台の上に立って撮影していると近くにいた警備兵に怒られました・・・。

ちなみに今回の旅行で履いていった足袋スニーカーは結構評判でした。空港で並んでいる時も外人さんらが興味深々で見ていました。ツアー参加者さんにも「どこで買ったの?」とか色々と聞かれました。

3か月程前に奈良に行った時、長時間歩いた後に靴のソールがペローンと剥がれてしまいました。その時、丁度目の前にこの足袋スニーカーを置いてあるお店がありました。「これも何かの運命だ!」と思い即決で購入。

留め具も小鉤(こはぜ)になっており、本格的な足袋の雰囲気になってます。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

ナイル川は「白ナイル」と「青ナイル」の2本の川より出来ている。また源流については諸説あるので、これだと確定できるものはない。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

アスワン・ハイ・ダムの断面図。

このダムを建設する時に多くの遺跡が水没しました。これから行くアブシンベル神殿も水没する予定でしたが、国際社会からの反発で移設する事になりました。5年の年月と3,600万ドルの費用がかかったそうです。

ちなみにその時の費用をユネスコと諸国が資金を出しました。日本もその資金を出しておりエジプト政府よりそのお礼として、ツタンカーメンのマスクが日本(他にも数カ国も)にも貸し出された経緯があります(約50年前)。その後はツタンカーメンのマスクは国外への持ち出しはされていません。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

エジプトの車のナンバー。地域により表示が変わるらしく、それで地方を見分けれることができるそうな。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム

こちらはアスワン・ハイ・ダムのモニュメント。ダム建設にロシアの資金援助を得た為、それの友好を象徴しているそうです。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム 砂

アスワン・ハイ・ダムを後にします。これから300kmの道のりを約3時間かけてバスで移動します。ちなみに途中のトイレ休憩はありませんでした。

 砂漠でエジプトの砂取り

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム 砂

その前にエジプトの砂を取ろうという事で道端にバスを止めます。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム 砂

中東といえば砂のイメージがあります。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム 砂

熱心に砂を取るオバサンの後ろでちょっとしたオフザケを。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム 砂

あまり砂を欲しくなかったけど、添乗員さんがチャック袋をくれたので一緒に砂取りを。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム 砂

こちらのオバサマはたっぷり砂を取っています。荷物が重くなるだけのように思えます・・・。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム 砂

大量の砂を取ってご満悦のオバサマ。

「とったど~~!」って感じ。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム 砂

こちらは後日送ってもらった写真。香水用の瓶に砂を入れたらオシャレな感じになってます。

これもいいお土産となったそうです。

エジプト旅行 ブログ 口コミ アスワン・ハイ・ダム 砂

途中、辺り一面砂漠・・・・・。

アブシンベル神殿への道のりは遠い・・・・。
続きは次回。

↓↓エジプト旅行記:初回↓↓
>行ってきたエジプト旅行記①(阪急交通社1人旅限定参加ツアー/ブログ・口コミ)