”世界遺産の旅”チュニジア旅行記-5 バルドー博物館③編


【チュニジア世界遺産紀行8日間】2日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】

バルドー博物館の?!

 バルドー博物館見学の続き

チュニスのバルドー博物館で見学はまだまだ続きます

こちらのバルドー博物館は2010年から2年間の改築を行い、2012年7月に新装オープンしディスプレイなども一新されたみたい。

チュニスのバルドー博物館で見学はまだまだ続きます1

床にはモザイクだらけで圧倒されます。

チュニスのバルドー博物館で見学はまだまだ続きます2

こちらの間は明るい天井窓があるようだ。

チュニスのバルドー博物館で見学はまだまだ続きます3

壁のモザイクは宮殿を建てられた時に造られたのだろう。

チュニスのバルドー博物館で見学はまだまだ続きます4

ここの天井はとてもキレイ。明るい採光窓と調和するように白い幾何学模様の彫刻。それとシャンデリア。

チュニスのバルドー博物館で見学はまだまだ続きます5

これだけ豪華に内装を造っているという事は、それだけ重要な部屋だったのだろうか。

博物館内の様子 動画

チュニスのバルドー博物館で見学はまだまだ続きます6

端には防弾ガラスで囲まれた石碑のようなものがあります。そのガラスには何故がヒビが入っています・・・何があったのでしょうか?!

チュニスのバルドー博物館で見学はまだまだ続きます7

この部屋中央の床には、人の顔や動物や魚介類、天秤などのモザイクがありました。

チュニスのバルドー博物館で見学はまだまだ続きます8

この日のバルドー博物館は他の観光客はあまりいなく、空いていてゆったりと見学する事ができました。

チュニスのバルドー博物館で見学はまだまだ続きます9

そんな作品より豪華な天井を見上げてしまう。。他の参加者さん達も天井ばかり見ていましたね。

博物館内の様子 動画2

チュニスのバルドー博物館で作品を見て行きます

先程の間に一旦戻り、次のブースに向かいます。

チュニスのバルドー博物館で作品を見て行きます1

チラホラ他の観光客の姿を見かけましたが、僅かな人しか居ませんでした。

チュニスのバルドー博物館で作品を見て行きます2

壁にあるモザイクは植物の恵みを描いているのでしょうか?壺から派生した枝から、沢山の葉が枝分かれして生えていますね。

チュニスのバルドー博物館で作品を見て行きます3

上の方にも大きなモザイクが飾られている。後で2階から見れるので、そちらからの方がよく見える。

チュニスのバルドー博物館で作品を見て行きます4

あまり大き過ぎるモザイクは作品というより、景色に見えてしまうような感じが。。

チュニスのバルドー博物館で作品を見て行きます5

足元には大きな魚がそこら中に描かれている「魚の道」。

チュニスのバルドー博物館で作品を見て行きます6

よく池にいる鯉が餌を求めて、集まって来ている光景に近いような・・・。

チュニスのバルドー博物館で作品を見て行きます7

モザイクもだんだんと大きな作品が増えてくる。年々質と共に大きさも拡大していったのだろうと推測。

チュニスのバルドー博物館で作品を見て行きます8

こちらは「オデュッセウスの間」で一気にモザイクのタッチが細かくなってきて、人間などの描写がより一層細かく表現されている。

チュニスのバルドー博物館で作品を見て行きます9

床の絵は魚などが溢れんばかり入った”生け簀”のようにも見える。。

チュニスのバルドー博物館でオデュッセウスの間を見学5

遠くから見ると絵のように見えるが、これも細かいタイルなどを合わせて作ったモザイクである。

チュニスのバルドー博物館でオデュッセウスの間を見学6

こちらはドゥッガ遺跡のとある邸宅から発見されたモザイクをこの部屋に展示しているのである。後日ドゥッガ遺跡にてその現場跡を見る事になる。

チュニスのバルドー博物館でオデュッセウスの間を見学7

壁にも大きなモザイクがあり、神話の世界だろうか?なんだか全然理解できない・・・。

チュニスのバルドー博物館でオデュッセウスの間を見学8

モザイクとひと口に言っても、その技師達が細かい1つ1つの石片に心を込めて動きや表情などを造りだしていっているのである。それを目の当たりにした時の感動は計り知れない。。

チュニスのバルドー博物館でオデュッセウスの間を見学9

このような作品にどれだけの時間を職人が要したかは分からないが、その職人のプライドが込められている事は分かるような気がする。。




 「オデュッセウスとセイレーン」

チュニスのバルドー博物館でオデュッセウスの間を見学

こちらのモザイクはこのバルドー博物館を代表する有名な作品のひとつである。古代ギリシャの吟遊詩人「ホメロス」の叙事詩”オデュッセウス”の一場面を描いたシーンである。

チュニスのバルドー博物館でオデュッセウスの間を見学1

初期のモザイクに比べると、この時代のモザイクはもはや芸術の域に達しているように感じる。

チュニスのバルドー博物館でオデュッセウスの間を見学2

一番左に居る海老を掲げている人は、実は物語には全然関係ない人物でこのモザイクの”スポンサー”だとか。今も昔も芸術には多額の資金が必要でそれを捻出した人のワガママを聞かざるを得ないが為にこの画の端に登場しているのだそうだ。

そう言えばイタリアのバチカンにあるシスティーナ礼拝堂の壁画にも、キリストやモーゼの物語の画の中に全然関係ないスポンサーが描かれていたっけ。。

チュニスのバルドー博物館でオデュッセウスの間を見学3

こちらは地中海沿岸のセイレーンの島付近を航海している様子を描いている。この付近ではセイレーンの妖艶な歌声を耳にすると洗脳されてしまい、この岩礁を無事に通り抜けた者がいなかったがオデュッセウスは船員たちの耳を蝋で固めて、その声を聞こえないようにして突破したのである。ただし好奇心の強かったオデュッセウスはその美しい歌声を聞きたかったので、洗脳されてもいいように自分の体を柱に括り付けにさせたのである。

そういう場面が細かく描写されているこのモザイクに関心してしまう。各人物の表情がリアルで、更にそれら船員が持っている盾1つずつも細かく影まで表現していて、その”こだわり”が約2000年を経過していても伝わってくる作品である。

チュニスのバルドー博物館でオデュッセウスの間を見学4

こちらは竪琴や笛を使って船員を誘惑するセイレーン。「セイレーン」と聞いて想像するのは人魚の外見をしているイメージだが、この叙事詩が描かれたギリシャ時代のセイレーンは海を飛び交う鳥人間だった。その為に羽が生えていて、足は鳥のようになっている。

「オデュッセウスとセイレーン」の様子 動画

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で溢れています

こちらの画にも同じようなスポンサーさんの姿が。。芸術といっても所詮は人間の造りだしたものである。その裏側には”人間ならではのエゴ”が隠されている作品も意外とあるのだ。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で溢れています1

でもそんな人達が芸術に資金を出してくれたから、これらの芸術作品が今に残る訳であって、こういった支援者が居なかったらこの画は存在していないのである。そう思うとそういう支援者が画の片隅に出演している方が、その芸術の裏側まで見えていいのではないかとまで思ってしまう。。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で溢れています2

この時代は紙に絵を描くのではなく、モザイクで表現する時代。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で溢れています3

食糧の糧となる動物達にも尊敬を払っていた当時の人々。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で溢れています4

上を見上げると大きなモザイクが見えます。上からでないと何が描かれているか、分かりませんね。。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で溢れています5

そんなモザイクと共に”ゴージャス”という言葉が似合う豪華な天井裏の装飾。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で溢れています6

こちらは海の神「ポセイドン」が画の中心に描かれている。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で溢れています7

豊作になるように稲植えのシーズンに祈願していたのだろうか。




博物館内の様子 動画3

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で溢れています8

すっかりモザイクに麻痺してきたのか、見慣れて床のモザイクも全然気にならないようになってきた。。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で溢れています9

幾多の人々に踏まれてきたモザイクは今も輝きを失っていない。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で大きな作品を見学

ポセイドンの片手にはトレードマークの三又の矛を持っている。こちらは「ネプチューンの勝利」といって、ネプチューン(別名:ポセイドン)が海馬に乗って勝利を祝うシーンが描かれている。脇にはホラ貝を持ったネプチューンの息子であるトリトンとネレイスを従えている。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で大きな作品を見学1

「鴨2匹が今晩の夕食ですよ~~!」って言っていそうなお母さん。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で大きな作品を見学2

「パパは鴨の燻製が一番の好物なんだよ~~!そろそろ海の神様の仕事も疲れてきた・・・」と言っていたかも。。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で大きな作品を見学3

近くで見ると人物は細かい破片で造られているのが分かる。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で大きな作品を見学4

昔からワンちゃんは人間に気に入られていたのだろう。




チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で大きな作品を見学5

それらの写真を作品間近で撮影する男。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で大きな作品を見学6

「馬車で走る前から、ちょっと重たいんで降りてもらってもいいですか??」というような表情をしている馬さん。。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で大きな作品を見学7

ここまで細かく表現しているモザイクは、見ていると想像力を掻き立てられて面白くなってくる!

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で大きな作品を見学8

お次は上の階に登ります。

チュニスのバルドー博物館はモザイク作品で大きな作品を見学9

登った2階にも大きな作品が飾られています。



1人参加旅のツアーを探すなら阪急交通社(トラピックス)で検索を!



イモトのWi-Fiを申し込むなら、コチラから!


こんな様子はまだまだ続きます!

↓↓↓↓チュニジア旅行記:初回↓↓

”世界遺産の旅”チュニジア旅行記-1 準備編
トラピックスの1人参加限定旅ツアーで訪れたチュニジア旅行8日間の旅行記。まずはチュニジアってどんな国なのでしょうか?治安は大丈夫?!