行ってきたイタリア旅行記-47-マテーラ編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)


イタリア周遊10日間 ひとり旅ツアー(阪急交通社)口コミ旅行記-7日目

マテーラ観光

マテーラの街の観光はまだまだ続きます。

マテーラのサッソ・カヴェオーソ地区をどんどん進む3

こうやって見る限りは穏やかな街。キレイに管理されていて、全然汚れていないし。

マテーラのサッソ・カヴェオーソ地区をどんどん進む4

そろそろ目的地付近。

マテーラのサッソ・カヴェオーソ地区を通る車

サングラスをした可愛らしいお姉ちゃんが乗ったオート三輪車。こういう乗り物は現地でよく見かけた。ごっつい車より、この街ではこれぐらいのサイズの方が機動力があって重宝されているのだろう。

サン・ピエトロ・カヴェオーソ広場(Piazza S. Piero Caveoso)

マテーラのサッソ・カヴェオーソ地区の広場

この付近の「サッソ・カヴェオーソ地区」の中心的広場。ここからグラヴィーナ渓谷の絶景を眺める事ができる。

マテーラのサッソ・カヴェオーソ地区の広場2

丘の上のチヴェタ地区も見える。

マテーラのサッソ・カヴェオーソ地区の広場とパトカー

フラフラ~とパトカーがやってきて、警官同士がお喋りしていた。のんびりして平和な感じ。

【洞窟教会】マドンナ・デ・イドリス教会(Madonna de Idris)

マテーラのサッソ・カヴェオーソ地区の広場からみるデコボコ教会

この丘の上にあるボコボコした岩山はなんと教会なのです。しかも入場のできる教会、ですが我々のツアーは素通りですが。。内部にはフレスコ画があるみたいですが、痛みが激しく修復の為に外部に移管されたものも多いとか。

サン・ピエトロ・カヴェオーソ教会(S.Pietro Caveoso)

マテーラのサッソ・カヴェオーソ地区の広場からみるデコボコ教会2

こちらは聖ペテロと聖パウロを捧げる為に造られた教会で14世紀初め頃に完成した。横はグラヴィーナ渓谷でスレスレの場所に建てられている。「建設中に誰か落ちたのでは?」と思うような場所。

グラヴィーナ渓谷

マテーラのサッソ・カヴェオーソ地区の広場からみる絶景

なだらかな岩山に緑がかっている。

マテーラのサッソ・カヴェオーソ地区の広場からみる絶景2

この洞窟住居も元々はこんな岩山だったんだろう。

マテーラのサッソ・カヴェオーソ地区の広場からみる絶景3

ここもマテーラの撮影スポット。パノラマに撮るのもアリだ。

サン・ピエトロ・カヴェオーソ広場の景色 動画

マテーラのサン・ピエトロ・カヴェオーソ教会

こちらの教会の正面には3つの像が飾られている。「聖母マリア」と「聖ペテロ」と「聖パウロ」の像である。ちなみに左側の鐘楼は後から付け加えられたものだそうだ。

マテーラのサン・ピエトロ・カヴェオーソ教会2

こちらの教会も内部の見学ができるみたいで、フレスコ画が飾られているようだ。

マテーラのサン・ピエトロ・カヴェオーソ教会3

上の岩山なんて教会には見えない。。

マテーラのサン・ピエトロ・カヴェオーソ教会4

バチカン市国にもあるように「サン・ピエトロ」というのは「聖パウロ」の意味である。

マテーラのサン・ピエトロ・カヴェオーソ教会5

教会の脇を進んでいく。向こう側は崖である。

マテーラのグラヴィーナ渓谷を見る

岩山がそびえている。

マテーラのグラヴィーナ渓谷を見る2

この渓谷にそって、街が形成されている。

マテーラのグラヴィーナ渓谷を見る3

下には川がある。あまりキレイな感じではなさそうな。。

グラヴィーナ渓谷の眺め 動画

後ろはごわごわした岩山がそびえる。なんとか頑張ったら登れそう?!

しばしこの渓谷からの景色に見とれる一同。もう少しで洞窟住居の内部見学できる場所がある。

この辺りの洞窟住居は古いものが多い。

この先に洞窟住居で暮らしていた当時の生活環境を再現した見学施設があります。

この辺は何軒か見る事ができるようだ。

こちらがその入口で入場料は3ユーロ。

洞窟住居の内部を見学

中に入ると家具などが所狭しと置かれている。

天井はそこそこに高い。勿論空調設備はないが、暑くもなく寒くもない。

こちらは台所だろうか。ちゃんと窯のようになっており、火を使って料理していたようだ。

マテーラの洞窟住居の内部を見学

こんな狭い空間で10人位がここで生活していたそうな。夜は寝るだけだったんだろう。

マテーラの洞窟住居の内部を見学2

農耕用の道具が多数置いてある。

マテーラの洞窟住居の内部を見学3

なんとこの洞窟住居では家畜も一緒に住んでいたそうだ。牛や馬なんて、遠くで見ていれば気付かないが近寄るとその臭いはクサイ・・・。その家畜と同じ屋根の下で暮らすと想像するだけで劣悪な環境だったのだろう。

マテーラの洞窟住居の内部を見学4

当時はとても質素な生活だったのだろうな。今の物が溢れた時代に住んでいる人間からすると想像すらつかない。。

マテーラの洞窟住居の内部を見学4

小さい頃からこういう所で暮らしていれば、それが普通になるので家畜と一緒に住んでいても気にならないかもしれない。「住めば都」という言葉もあるし。

マテーラの洞窟住居の内部を見学5

勿論当時は電気がないので、自然光を取り入れて照明代わりにしていたのだ。

マテーラの洞窟住居の内部を見6

糸を織る機械。お母さんの昼間の仕事道具だったのかな?

マテーラの洞窟住居の内部を見学8

ここは雨水を管を使って引き寄せ、トイレにしていたそうな。。

マテーラの洞窟住居の内部を見学終了

改めてマテーラの洞窟住居について感慨深く感じる。岩山をあんなにうまく活用できるなんて。。

マテーラの洞窟住居の内部を見学終了2

今となっては一部は電気が通っていますが、最近この付近に住みだした若手の建築家は水道と電気のない生活を送っているとか。。

マテーラのサッシ付近で売っていたお土産

この辺りの柔らかい岩を加工したお土産などが並んでいる。

マテーラのサッシ付近で売っていたお土産物屋さん

岩が名物なマテーラ。岩が名産物な街である。

マテーラのサッシ付近で売っていたお土産物屋さんから見た景色

何万年もかけて、この水流が渓谷を刻んでいったのだろう。気の遠くなりそうな時間がかかってこうなるだ。

マテーラのサッシ付近で売っていたお土産物屋さんから見た景色

上の方に向かって階段を登っていく。

マテーラのサッシ付近を進んでいく

この辺りの洞窟住居は廃墟になっているのか、それとも人が住んでいるのかは見た感じだけでは分からない。

マテーラのサッシ付近を進んでいく2

そろそろお疲れモード、「早く昼ご飯が食べたい!」と思っているのでこんなパネルも気にせず進む。

マテーラのサッシ付近で売っていたお土産2

街中で岩を掘った作品を売っているお土産物屋さんがある。

マテーラのサッシ付近で売っていたお土産3

オジサンとオバサンがやっているみたい。

マテーラのサッシ付近で売っていたお土産4

ただここに置いてある岩を加工したものも、興味を引くほどのものが無かった。

マテーラのサッシ付近で売っていたお土産5

こういう置物を買っても、その時はいいが時間が経てば邪魔になるだけやし。また買って持って帰るのも注意しないと割れちゃうし。。

マテーラのサッシ付近で売っていたお土産を加工するオバサン

おもむろにタバコを吸って、一見ヤンチャ系なオバサン。指にもタトゥーを入れて、ちょっといかつい感じ。。。

マテーラのサッシ付近で売っていたお土産を加工するオバサン2

この置物、笛にもなっていて息を吹くと音がする。イカツイ感じのオバサマだけとこういう所は可愛く見える?!

マテーラのサッシをまだまだ歩く

充分にマテーラを歩いて満喫!

マテーラのサッシをまだまだ歩く2

意外と岩山に緑が生えている。やっぱり緑は人間が生きていく為には欠かせないものと再認識する瞬間。

そんなマテーラの観光はまだまだ続きます!

↓↓続き↓↓
>行ってきたイタリア旅行記-48-マテーラ編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)1人参加旅のツアーを探すなら阪急交通社(トラピックス)で検索を!
↓↓前↓↓
>行ってきたイタリア旅行記-46-マテーラ編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)
↓↓イタリア旅行記:初回↓↓
>行ってきたイタリア周遊10日間 旅行記-1(阪急交通社ひとり旅ツアー)