行ってきたイタリア旅行記-45-マテーラ編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)


イタリア周遊10日間 ひとり旅ツアー(阪急交通社)口コミ旅行記-7日目

マテーラ観光

マテーラの街に到着

そうしている間にマテーラの街に到着。アルベロベッロからは約1時間半の道のりでした。

マテーラの街に到着2

バスを降りて、現地ガイドさんと合流。ここから徒歩でマテーラの洞窟住居まで向かいます。

マテーラの洞窟住居【世界遺産】

マテーラの洞窟住居の景色

イタリア南部のバジリカータ州にある街「マテーラ」。1993年にこの地域が世界遺産に認定される前はゴーストタウン街として、荒廃していた場所。この付近の旧市街は「サッシ」と呼ばれ、その意味は「岩」。その言葉通り、この辺りの住居は岩をくり抜いて造られた建物ばかりである。
その始まりは8世紀頃に東から迫害を逃れてきたキリスト教の修道士が住み着いたのがきっかけとされていて、この地の岩山は凝灰岩で構成されていて容易に掘ることが出来た為、横穴住居を掘ってそこを住居とした。その後12~13世紀頃に修道士が姿を消し、その後農民がこの地に移住しだしました。この洞窟住居では奥に家畜を飼い、水も電気もない生活を送らざるを得ない環境で、次第に貧しい人達だけが残っていき近代化に取り残されていきます。
そして1950~60年頃にイタリア政府はスラム化したマテーラの街の治安悪化や衛生状態を懸念し、その当時の住民約2万人を強制移住させる事になった。その後ゴーストタウンとなるが、世界遺産に登録されたのを機に映画の撮影にも使われ、またこの洞窟で住み始める人も出てきて今に至る。

マテーラの街に到着しバスを降りる

この辺りは普通にキレイな街並みが広がっている。

マテーラの街の現地ガイドさんと合流

こちらがマテーラの現地ガイド「アンジェラ」さん。カールした金髪とゴールド色のスニーカーが印象的な人でした。

マテーラの街の中心部を目指し歩く

この街並みを見ていると、洞窟住居なんて全然イメージできない感じ。とりあえず歩いていきます。

マテーラの街の中心部を目指し歩く2

この辺りは色んなショップが並んでいます。

マテーラの街の中心部を目指し歩く3

そして広場みたいな所にやってきました。

ヴィットリオ・ヴェネト広場Piazza Vittorio Veneto

マテーラの街の中心部の広場に到着

1932年に設置されたという噴水から「噴水の広場」という名前でも親しまれた広場。実際、この広場の地下には、貯水槽が設置されていて雨水や湧き水を貯めていたという。

マテーラの街の中心部の広場に到着2

公共の建物っぽい市庁舎的なもの?

マテーラの街の中心部の広場に到着3

この辺りは洞窟住居ではなく、比較的新しい建物が並ぶ。

マテーラの街の中心部の広場に到着4

ここは下にも行けそうな感じ。

マテーラの街の中心部の広場でトイレ休憩

マテーラの街の観光前にトイレ休憩。ここは有料で50セントが必要です。

マテーラの街の中心部の広場でトイレ休憩2

階段を降りて地下に進んでいきます。

マテーラの街の中心部の広場でトイレ休憩3

するとトイレ前に係員が居て、料金を徴収しています。こういう所はアナログなんですね。

ヴィットリオ・ヴェネト広場から見るサッシの絶景

マテーラのヴィットリオ・ヴェネト広場から見た洞窟住居の風景

トイレ後、近くの展望台から見たマテーラ洞窟住居集合地の景色。

マテーラのヴィットリオ・ヴェネト広場から見た洞窟住居の風景2

中々の絶景!洞窟住居が並んでいるが、遠くから見ているだけではそのイメージが湧きにくいが。。

マテーラのヴィットリオ・ヴェネト広場から見た洞窟住居の風景3

岩の上に建てられたのではなく、岩を削って建物を造った街。でも全部が全部ではないけど。。

ヴィットリオ・ヴェネト広場で記念撮影

マテーラのヴィットリオ・ヴェネト広場から見た洞窟住居の風景で記念撮影

とりあえずここでマテーラの世界遺産となっている洞窟住居をバックに記念撮影。

マテーラのヴィットリオ・ヴェネト広場から見た洞窟住居の風景で記念撮影2

「皆さ~ん、こちらがマテーラの洞窟住居でございま~す!」ポーズ。

マテーラのヴィットリオ・ヴェネト広場から見た洞窟住居の風景で記念撮影3

これも定番ポーズになりつつ「落ちる~~っ!」ポーズ。「そんな事してるといつか本当に落ちますよ!」という声が聞こえてきた・・。

マテーラのヴィットリオ・ヴェネト広場から見た洞窟住居の風景4

この場所はマテーラの街でもナイスショットのポイントでもある。みんなここでは写真撮影に夢中だ。

マテーラのヴィットリオ・ヴェネト広場の露店

この辺りは露店が並ぶが、特徴的な物は見当たらない。

マテーラのヴィットリオ・ヴェネト広場の地面

この付近の地面はキレイに石が敷き詰められている。キレイに管理されているようだ。

マテーラのヴィットリオ・ヴェネト広場の土産物店

ちょっとこのお土産物屋さんに入ってみるが、特に興味を引く雑貨はなかった。

マテーラのヴィットリオ・ヴェネト広場にある地図

このエリアの地図。

マテーラのヴィットリオ・ヴェネト広場の記念硬貨

マテーラの記念コインがゲットできる自販機。そういえばスペイン旅行の時に記念コイン好きの男がおったな。。

マテーラのヴィットリオ・ヴェネト広場の露店の様子

こちらは街のコンビニ的な露店。

マテーラのヴィットリオ・ヴェネト広場の露店で見つけたキャプテン翼グッズ

なんとイタリアのマテーラでも「キャプテン翼」のグッズが置いてある。。

恐るべしイタリア!!

マテーラの街の中心部の広場から歩く

ここからまた歩いて移動します。

マテーラの街の中心部の広場から歩く2

このエリアは比較的キレイな建物が並ぶ。

マテーラの街の中心部の広場から歩く3

まだレストランやカフェが開くには早い時間なのか、テントがまだ閉まっている。

マテーラの街の中心部の広場から歩く4

この辺りはショッピング街なのか、沢山のお店が並んでいる。世界遺産の周りで観光客を目当てに出店しているのだろうか。

サンタ ルチア教会(Santa Lucia)

マテーラの街の中心部の広場から歩く5

この教会は素通り・・・。

マテーラの街の中心部の広場から歩く6

コルソ通りといわれるキレイな通りを進んでいきます。

マテーラの街の中心部の広場から歩く7

こちらはだいぶ近代的なキレイな建物が並んでいるので、昔からの洞窟住居が本当にあるのかと思ってしまう。

サンフランチェスコ・ダッシジ教会

マテーラの街の中心部の広場から歩く途中にある教会

コルソ通りを進むと、教会らしき建物が見えてきた。

マテーラの街の中心部からコルソ通りには車も通る

ただこの通りは車も通るので、歩く時は周りに注意しながら歩いて下さい。

マテーラの街の中心部からコルソ通りで見かけた美女

近くを歩いていた美人さん。頭のワンポイントが可愛らしい!ただ後で見た時にタバコを吸っていたので、それにはガッカリ。いくらの美人さんでもタバコ1つでイメージが大幅に下がってしまうので、とても勿体無い。

プルガトリ教会

マテーラの街の中心部からコルソ通りの別の教会

右手にはまた教会があります。この地区には沢山の教会はあるみたい。

マテーラの街の中心部からコルソ通りの別の教会の扉

よ~く見ると教会の扉にはドクロをモチーフにした彫刻だらけ。王様ドクロや法王ドクロなどもある。

マテーラの街の中心部からコルソ通りの土産物店

マテーラの本屋?雑誌だらけのお店。

マテーラの新市街の街並み

こういう感じでマテーラの街歩きは次回に続きます!

↓↓続き↓↓
>行ってきたイタリア旅行記-46-マテーラ編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)
1人参加旅のツアーを探すなら阪急交通社(トラピックス)で検索を!
↓↓前↓↓
>行ってきたイタリア旅行記-44-アルベロベッロ編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)
↓↓イタリア旅行記:初回↓↓
>行ってきたイタリア周遊10日間 旅行記-1(阪急交通社ひとり旅ツアー)