行ってきたイタリア旅行記-19-フィレンツェ編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)


イタリア周遊10日間 ひとり旅ツアー(阪急交通社)口コミ旅行記-4日目

フィレンツェ市内観光

シニョリーア広場(Piazza della Signoria)

シニョリーア広場にて

□POINTヴェッキオ宮殿前の大きな広場は14世紀からフィレンツェ市民にとっては重要な集会や祭事が行われた重要な場所。広場には
「ダビデ像」(レプリカ):ミケランジェロ制作
「ユーディットとホロフェルネス像」(レプリカ):ドナッテロ制作
「コジモ1世の騎馬像」:ジャンボローニャ制作
「ヘラクレスとカークス像」:バンディネッリ制作
などの彫刻類が多数並べられている。
「ランツィのロッジア」(Loggia dei Lanzi)

シニョリーア広場にて銅像が並ぶ
広場のこの部分には、沢山の彫刻がかたまって展示されている。それに群がる群衆。

元々は広場での式典などに使う為に14世紀後半に建てられた野外舞台であったが、現在は多くの彫刻が飾られている。

ヴェッキオ宮殿の入口

ベッキオ宮殿前。左はあの「ダビデ像」で元々はこの場所に展示されていたそうだが、野外で損傷が激しい為に現在はフィレンツェのアカデミア美術館に保管されています。

ヴェッキオ宮殿を見上げる

現在もフィレンツェの市庁舎として活躍する「ベッキオ宮殿」。内部は見学可能なので時間があれば見てみたい所である。

ヴェッキオ宮殿前のダビデ像

フィレンツェ土産で一番人気はダビデ像関連のグッズ。力強い肉体美を描いた芸術品である。

シニョリーア広場の様子

広場に隣接する建物も趣あるものが並ぶシニョリーア広場。

シニョリーア広場で手を振る子供達

広場で上に向かって手を振る子供達が。

ヴェッキオ宮殿から手を振る人

ヴェッキオ宮殿を見上げるとテラスから手を振るオジサンの姿が見える。その人に対して子供達は手を振っていたようだ。

ヴェッキオ宮殿から手を振る人に応える子供達

ほんと、子供達は無邪気である。

VINCHIのチョコレートが流れる看板 動画

イタリアの人気チョコレート店「ベンチ」の店内にはチョコレートが流れる看板がある。こちらのお店はローマのダヴィンチ空港内にもあるので、帰りに寄る事ができる。

シニョリーア広場から歩いて5分程でモザイク調のキレイな教会が見えてきました。

あの八角形の美しいクーポラ(円蓋)はドゥオーモ(大聖堂)!

ここもフィレンツェを代表する観光スポット。

その脇では記念撮影に夢中の美女の姿が見える。

金髪の髪の毛の質がやっぱり違う。天然の髪色だろう。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(Cattedrale di Santa Maria del Fiore)

フィレンツェの大聖堂の風景

ドゥオーモとはカトリックの司教座を置かれた教会を示す言葉で、こちらの建物は完成までに約140年の歳月がかかり、1436年に完成した。大聖堂の大きさとしては世界3番目でローマのサン・ピエトロ大聖堂、ロンドンのセント・ポール大聖堂に次ぐ。白&緑&赤色の大理石が美しいゴシック様式のファザードとなっており、クーポラの展望台からはフィレンツェの街並みを一望できる。

一部修復中ではあるが、大きな大聖堂。建物は完成してから約500年。それを維持するには修復は不可欠である。

大聖堂の展望台からの絶景

フィレンツェの大聖堂の屋上からの風景

赤い屋根が特徴のフィレンツェ市内を一望できる。

フィレンツェの大聖堂のクーポラ内部

フィレンツェの大聖堂のクーポラ内部

主祭壇の上に広がる直径42m高さ106mのクーポラ。内側にはヴァザーリらによる『最後の審判』のフレスコ画が描かれている。

ジョットの鐘楼 (Campanile di Giotto)

フィレンツェ大聖堂の搭

1360年に完成した大聖堂の脇にある高さ84mの鐘楼。設計は大聖堂同様にジョットによるが、彼の死後は弟子に引き継がれていき、その影響で各人の個性が各階に表れている。ここも有料だが登る事ができて414段の階段を登った先には、その苦労に報われる絶景が待っているそうだ。

フィレンツェ大聖堂の搭付近

周りは観光客だらけ、絶好の写真スポットである。

フィレンツェ大聖堂の洗礼堂

向こうにあるのは「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」

フィレンツェ大聖堂近くに見る

ほんとゴシック様式の建物は壮大に見える。

フィレンツェ大聖堂の洗礼堂付近

大聖堂の写真を撮る美人さん発見!

フィレンツェ大聖堂の前で記念撮影

フィレンツェの大聖堂っぽい帽子を被って記念撮影する男。

フィレンツェ大聖堂の前で記念撮影2

大聖堂前のテラス席でカフェするのもオシャレ。

フィレンツェ大聖堂の前でのかふぇ

車は通らないので、テラス席でゆったりするのもいいかも。

フィレンツェ大聖堂の前での警備

大聖堂の入口には軍隊の車と兵士が警備している。彼らをモロに写真撮影すると捕まるのだとか。

フィレンツェ大聖堂の前での警備する軍隊

でも興味に駆られて、ちょっと盗み撮り。こちらの兵士さん、マシンガン銃を抱えています。

サン・ジョヴァンニ洗礼堂(Battistero di San Giovanni)

サン・ジョヴァンニ洗礼堂の様子

教会の起源は393年と古く、9世紀にジョヴァンニ大聖堂となり、11世紀に現在の八角形の形状に建て替えられ、洗礼堂として使われるようになる。正面にある有名な黄金の扉はギベルティ作で、ミケランジェロに「天国の門」と呼ばれた事でこの名が付いた。ちなみにこちらはレプリカで本物はドゥオーモ付属博物館に保管されている。

サン・ジョヴァンニ洗礼堂の前で写真を撮る美女

その「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」の前で写真を撮る金髪美女が。もし「黄金の扉」「金髪美女」のどちらかが貰えるとするなら、私はためらわずに「金髪美女」を選ぶ。。。

サン・ジョヴァンニ洗礼堂の前で写真を撮る美女2

写真の中心は「黄金の扉」だが、私の目は「金髪美女」に行っている。。。

大聖堂のファーサイド

フィレンツェ大聖堂のファザード

大聖堂のファーサイドの装飾は、ため息がでる位スゴイ。。

フィレンツェ大聖堂のファザード2

白の建物って、汚れやすいけどやっぱりキレイ!

大聖堂前の広場での馬車

フィレンツェ大聖堂前の広場の馬車

その後ろの道では馬車が走っている。

フィレンツェ大聖堂前の広場の馬車2

ここの馬車は現地ガイド曰く「ボッタクリが多いので注意!」との事。

フィレンツェ大聖堂の搭2

フィレンツェを代表する建物の大聖堂。この角度からはファザード・鐘楼・クーポラが一緒に見えるナイスポジション。

フィレンツェ大聖堂前の広場にて
その後ろで写真撮影に必死な美女を発見。

フィレンツェ大聖堂前の広場にて2

この付近には高級ブランド店が沢山集まっているそうです。

フィレンツェ大聖堂のファザードをバックに記念撮影

フィレンツェの大聖堂前で伸びをする男。

フィレンツェ大聖堂のファザードをバックに記念撮影2

「こちらはですね~~フィレンツェの大聖堂で~~」とガイドを夢見る??男。

フィレンツェ大聖堂前の広場の石畳

フィレンツェ中心地の地面は石畳。歴史を感じさせるものだ。

フィレンツェの大聖堂を後にする

フィレンツェの大聖堂の中を見る時間はこのツアーには無いので、後にします。これから近くの中華レストランで昼食です。

この続きはまた次回に!

↓↓続き↓↓
>行ってきたイタリア旅行記-20-フィレンツェ編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)
↓↓前↓↓
>行ってきたイタリア旅行記-18-フィレンツェ編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)
↓↓イタリア旅行記:初回↓↓
>行ってきたイタリア周遊10日間 旅行記-1(阪急交通社ひとり旅ツアー)