行ってきたイタリア旅行記-15-フィレンツェ編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)


イタリア周遊10日間 ひとり旅ツアー(阪急交通社)口コミ旅行記-3&4日目

フィレンツェにて

ホテルで夕食を

スーパーマーケットからホテルに着くと、夕食の時間になっています。買った荷物をそのまま持ってレストランに向かいます。

まずはドリンクのオーダー。今回はテーブルの皆さんと話して、全員で赤ワインのボトルを飲み合いましょうと決める。

ただ皆さんそこまで赤ワインに”こだわり”がないので、「銘柄は任せた!」という顔をしている。

行動派のこちらのオバサマがスタッフさんに「フルボディ?!」と聞いてくれます。始めは通じなかったのですが、やっと通じてスタッフのお姉さんもにっこり笑顔に。

レストランにて赤ワインを開けるスタッフさん

向こう側には別に日本人団体ツアーの人達が座っている。

赤ワインを注いでくれるスタッフさん

各グラスにスタッフさんが赤ワインを注いでくれます。

赤ワインを持つスタッフさん

スタッフのお姉さん、グラッチェ、グラッチェ!!

夕食レストランにてペンネを

夕食はペンネのミートソース和え。なかなか美味しい。

夕食レストランにて赤ワインを

「Rosso Di Montalcino」という赤ワイン。正直あまり普段は赤ワインを飲まないので、味については評価しづらい。。

夕食レストランにてローストビーフを

続いてローストビーフとポテト。これはこってりしたソースが掛かっていて美味しい。

夕食レストランにてデザートをを

そしてデザート。甘そうな感じがしたので、珍しく残してしまいましたが。

ホテルの部屋で晩酌タイム

本日スーパーマーケットで購入したお酒

先程買ったスパークリングワインとビール。重たいし嵩張るのでこれらはこのホテル宿泊時に呑み切る予定。

スパークリングワイン(3本)5.59ユーロ。ビール(3本)4.45ユーロなり。

本日スーパーマーケットで購入したもの

さっきのスーパーで購入した品々。下の「Loacker」はイタリア製で食べ出すとハマるウエハース。ここで買う必要はないのだがハリボも購入。

本日スーパーマーケットで購入したスパークリングワインと帽子

今日ベネチアの街で買ったお気に入りに追加された「赤いバラの花柄の帽子」をバックにスパークリングワインを味わう。辛口でした。

という事で楽しいベネチアの街観光を済ませて、眠りにつくのであった・・・。

ツアー4日目 フィレンツェ観光

NILHOTELの朝食バイキング会場

朝食バイキング会場は昨日の夕食を食べたレストランではなく、違う場所にありました。ツアー参加者の数人が同じように間違えて、昨日のレストラン会場に集まっていましたが。

NILHOTELでも朝食バイキング

NILHOTELの朝食バイキング

翌朝、朝食バイキング会場に向かう。朝食の時間は基本”早め”の方が混みあわず、好きに食べ物を選べるのでオススメです。意外と早くから開いている場合があります。

NILHOTELの朝食バイキングの様子

まずはハムがお出迎え!

NILHOTELの朝食バイキングの様子2

そしてパンたち。このように無くなっているのもありますが、後で補充はされますので。

NILHOTELの朝食バイキングの様子3

ここは全然野菜がない。フルーツも缶詰のマンゴーみたいなのだけ。。

NILHOTELの朝食バイキングの様子4

スクランブルエッグはどこに行っても定番のモーニングに欠かせない料理。

NILHOTELの朝食バイキングの様子5

みんなコーヒー好き。必ずっていう程、みんなコーヒーを飲む。

NILHOTELの部屋からの眺め

NILHOTEから外を見てみる

朝日が出ていて、ちょっと曇っているがすっきり晴れるといいな!

NILHOTEから外を見てみる

郊外にあるホテルなので、部屋からの眺めは全然良くはありませんが。。

バスでミケランジェロ広場へ移動

バスでフィレンツェ市内を移動2

連泊なのでスーツケースは部屋に置いて楽々移動。ただフィレンツェ市内は雨がパラついています。

バスでフィレンツェ市内を移動

バスの車内は2席を1人で使えて、それでも席がまだ余っています。今回のツアー参加者は私を入れて全員で19名。大きなゆったりバス。

バスでフィレンツェ市内を移動3

朝は混み合うイタリアの道路。

バスでフィレンツェ市内を移動4

途中に工事中の場所がある。それにしてもイタリアは信号機が少ない感じがする。ちなみに道路は「歩行者優先」らしく、信号機の無い道路では車が譲ってくれるそうだ。

バスでフィレンツェ市内を移動5

「ヨーロッパの人はあまり傘を差さない」っていうけど、自分もどっちかというとそのタイプなのでそんな光景を見てもあまり違和感を感じない。

バスでフィレンツェ市内を移動6

ヨーロッパでは昔からの建物が多く、街中ではあまり「駐車場」というのを見かけない感じがする。ほぼ路駐ばかり・・・。

バスでフィレンツェ市内を移動7

ロータリーになっている場所には建物も丸くなっている。

バスでフィレンツェ市内をバスから眺める

ミケランジェロ広場の広場の近くにある「アルノ川」。ちなみに「アルノ川」はアニペン山脈から流れ込んでおり、豪雨の時は水量が急激に増して市民の生活を脅かすそうだ。1966年には大洪水が発生し、”フィレンツェ始まって以来の大惨事”と言われたそうだ。

バスでフィレンツェ市内をバスから眺める

橋の向こう側にフィレンツェの街並みが見えてくる。これからちょっと高台に登ると景色が良くなってくるそうだ。

バスでフィレンツェ市内をバスから眺める

そして「ミケランジェロ広場」に到着。

ミケランジェロ広場(Piazzale Michelangelo)

フィレンツェ観光では欠かせない、アルノ川のほとりにある小高い丘にある街いちばんの絶景ポイントで1875年頃に造られた。中央にはミケランジェロ作の「ダビデ像」のレプリカが立っている。ちなみにフィレンツェ市内がキレイに見えるのは、夕暮れの時だそうだ。

フィレンツェ市内のミケランジェロ広場に到着

広場の中央にはダビデ像があります。こちらは勿論レプリカです。本物はフィレンツェのアカデミア美術館に展示されている。

フィレンツェ市内のミケランジェロ広場からの絶景

こちらがミケランジェロ広場からフィレンツェ市内を見た風景。フィレンツェの街並みを一望できる観光スポット。

フィレンツェ市内のミケランジェロ広場からの絶景2

来た時間帯は午前中だったが、一番キレイなのは”夕焼け時”だとか。

フィレンツェ市内のミケランジェロ広場からの絶景3

右手側は緑が茂っている。

フィレンツェ市内のミケランジェロ広場で記念撮影

「皆さん、いかがですか?これがフィレンツェの街並みですよ!」と言わんばかりの男。

フィレンツェ市内のミケランジェロ広場で夜景を

ちなみにフィレンツェの街の夜景。「天井の無い美術館」とも評される街並み。

ミケランジェロ広場からの動画

フィレンツェ市内のミケランジェロ広場のダビデ

フィレンツェの街並みを見て写真撮影終了後は、改めてダビデ像に見入る。これは銅製だそうだ。

ダビデ像(David di Michelangelo)

ミケランジェロが1501年から3年の歳月を掛けて完成させたルネサンス期を代表する彫刻である。

フィレンツェ市内のミケランジェロ広場のダビデ像と私

これぞ、人間の裸体美!アソコ丸出しでも芸術なのだ。

フィレンツェ市内のミケランジェロ広場の様子

時間が経つにつれて、観光客がどんどん増えてくる。流石フィレンツェの街並みを見下ろせる観光スポットだけある。

フィレンツェ市内のミケランジェロ広場の露店

露店も色んなシャツを売っている。

フィレンツェ市内のミケランジェロ広場の露店

そしてここでも色んなデザインのエプロンが売っています。

フィレンツェ市内のミケランジェロ広場にいたナイスバディのお姉さん

ごっついお尻の形をしたお姉さん。顔はともかくお尻に目が行ってしまいます・・。

フィレンツェ市内のミケランジェロ広場のダビデ像パンツ

そして”いいお土産”になりそうなダビデ像のアソコのパンツ。1枚10ユーロらしい。

次はフィレンツェ市内の観光です。続きはまた次回に!

↓↓続き↓↓
>行ってきたイタリア旅行記-16-フィレンツェ編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)
↓↓前↓↓
>行ってきたイタリア周遊10日間 旅行記-14(阪急交通社ひとり旅ツアー)
↓↓イタリア旅行記:初回↓↓
>行ってきたイタリア周遊10日間 旅行記-1(阪急交通社ひとり旅ツアー)