一番奥にある城跡や城壁の上から眺める、イザベル王妃が愛したオビドスの街並み-ポルトガル旅行記36

ポルトガル旅行記:5日目
阪急交通社ツアー「お1人様参加限定:決定版ポルトガル8日間」-2020年1月13~20日

高い所から眺める街並みも乙

ここはポルトガル中部にある、中世の王妃が愛したオビドスの街。そんな王妃が自分の好みに合わせて改装した街は、今ではすっかり女性にとても人気のある、ポルトガルの観光地と化しています。

 

オビドスの街にて

そして単なる街並みだけではなく、小さい街ながらも中央にあるメインストリートには左右に面するお土産物屋さんだらけ。そして置かれているお土産も定番品ばかりではなく、可愛い雑貨や置物なども沢山の種類が置いてあったりと、他の観光地とは違ってとても良い雰囲気のある街です。

 

そんなオビドスの街はあまり大きくなく、入口を入ってから数分で街の奥にあるサン・ティアゴ教会とお城跡が見えてきます。

 

こちらにあるお城跡は今では”ポサーダ(POUSADA)”という、国営の城や修道院を改装した高級ホテルチェーンになっていて、泊まれるホテルになっています。

 

 

ポルトガルのこのポサーダには宿泊した事はまだないけど、スペインでも同じような高級ホテルチェーンのパラドールにはロンダの街で一回だけ宿泊した事があります。ロンダの街でも一番景色の良い場所に建てられている建物を改装しただけあって、眺めは非常に素晴らしく、かつレストランも立派な雰囲気で楽しかった思い出があります。

 

 

 

お城跡のポサーダ周辺にて

15世紀に造られた城跡、宿泊しない人でも城の敷地内に入るのは別に構わない。ただし内側は城っぽい感じというか、あまりそのような雰囲気を感じれる建物ではないけど。

 

そんなお城から見える景色は、高台にあるだけあってオビドスの街を一望できる素晴らしい眺めである。城はどこでも高い場所に造られたりしていて、要塞でもあったので街を見下ろす事が出来る。

 

1泊200€前後の宿泊料だという、このポサーダ。たまには趣向を変えて、こういう歴史のある、かつ眺めも素晴らしくて雰囲気のある建物に泊まるのも楽しいだろう。

 

やっぱり建物の外壁が白い石灰で塗られているもので統一されているので、とても綺麗に見える。

ちなみにボクは最近は殆ど白いスボンばかり履いていますけど。。

 

そしてそんなお城の前にある展望台は、このオビドスでも一番の人気記念撮影スポットでもある。青空に調和するオビドスの街並みをバックに撮れる場所。

 

そんなオビドスの街で、1人遠くを見つめる男。

ただしこの後、はしゃぎ過ぎて汗だくになってしまうのであるが。。

 

下では”常に元気な奥様”「写真撮ってあげるよ~~!ポーズして!!」と言ってくれて、写真を撮ってくれました。ちなみにこの奥様は山登りが好きなようで、よく山登りするだけあって体力があり、動きも俊敏でした。

 

そんな奥様に撮っていただいた1枚。お城前の城壁に座る、黄色いパーカー男。。

 

ただ高い所からオビドスの街を見下ろすと、思った以上に街の規模が小さい事が分かる。村以上街未満といった感じだろうか。

 

さてここからは各自、約1時間のフリータイムに突入します。

 

オビドスの街には昔の城壁が残っていて、上に登れる可能性もあるけど、前に崩れた影響で登れない可能性もあるとの事。とりあえず高い場所からの景色を見たいボクは、ジンジャ(サクランボのお酒)を飲みたい気持ちを堪えて、まずは城壁に登ってみる事にする。

 

これ位の小さい規模の街だからこそ、こんなにゆったりとした雰囲気が出ているのであろう。ポルトガルの首都であるリスボンから車で約1時間位の距離にあるので、もうちょっと人が住んでいて大きな街になりそうな感じもあるけどこのままでいて欲しいと思う。

 

 

さてちょっと先程見えたポサーダの中を見てみる事にする。

 

こちらがお城跡を改装して高級ホテルの敷地。レストランは結構評判がいいらしく、ホテルに泊まらなくてもレストランの利用だけでも雰囲気を楽しめていいかもしれない。

 

 

個人的にはホテルには最低限の設備だけあって、お湯とベッドとコンセントさえあれば大丈夫なタイプなんだけど、たまにはこういう古風な建物に泊まって中世の雰囲気を味わってゆっくりと滞在してみたいという気持ちもある。

 

どうやらこのお城の砦のような、正面に見える建物の一番上がこのオビドスで一番高そうな場所。だけど登っている人の姿が見えないので、という事は入れない場所なのかもしれないな。

 

このように崩れている場所もあるので、城壁も登れないかとガッカリした瞬間。

 

オビドスの街を一望できる城前の景色 動画

 

ここには展望台に付き物の双眼鏡があったけど、そこまでして眺める著名な建物とかは無いんだけどね。。

 

こちらはお城の横にあったレストランのお庭。芝生がキレイだったので、ちょっと入らせてもらった。

 

このオビドスの街は周辺を緑で囲まれていて、人口も多くないのでゆったりとしてくつろげる場所。

 

優雅に景色を眺めるには最高の場所である。それに今日は絶好の晴天なのだし!

 

こういうテラス席でゆっくりと時間を過ごすのも至福の時間だろう・・・と妄想にふける。。

 

さてさっきの城壁の登り口がダメだったけど、他に登れる場所がないかと探索を開始する。

 

すると目の前に昔に崩れてしまったような、中途半端な階段が見えてくる。

 

こちらの門構えは何とも面白い鉢植えが置かれている。中世の騎士のような顔に髪の毛が生えているように見える。

 

オビドスの街で上側の城壁近くの小道辺りには、さっき通ってきた下の通りとは違ってお土産物屋さんとかは見当たらない。

 

 

城壁付近にて

こちらの足場から城壁の外に出れそうなので、ちょっと探検しに行ってみます!

 

するとオビドス周辺に広がる畑や緑が一望できます。

 

ここは城壁の内側だけに民家などがあって、その周辺には何も無いようだ。

 

城壁の外はくつろげる場所となっていて、のどかな景色を見ながら過ごせるようにとベンチが数個か置かれていました。

 

13世紀頃にイザベル王妃にプレゼントされた、このオビドスの街はあまり規模が大きくなってないのだろう。下手に大きくなる街よりも、後世に渡って可愛い街である事を祈り続けたと思う。

 

ひたすらに城壁を眺める。それにしても青空というものは芸術作品である。去年12月に行ったバルト三国の旅行記を作っている時に、あまりテンションが上がらなかったけど、このポルトガルの写真を見出すと急にテンションが上がってきた。その原因はというと、多分ポルトガルは青空の景色が多かったからだと思う。

それだけ人間の本能に、青空の素晴らしさが擦り込まれているからそう思えるのだと感じている!

 

城壁の外には、何やら向こうに行ける道がありそうだ。ただしこの郊外の景色を見てしまうと、奥に行っても何も無さそうな感じもするけど、行ってみないとこの先に何があるかは分からない。

という事で小走りで足を進める事にする。

 

するとちょっと先に行った所にこのような洞穴を発見する。中世の頃からある街なので、この洞穴にも何か歴史があるのかと思い、近づいてみる。

 

ただし洞穴の中には入れずに、汚い感じだったが・・・。

 

この街の周辺にはご覧のように畑も広がっている。この辺りでは名産ジンジャの元になる、サクランボも沢山採れるのかもしれない。

 

さっき見えた、ちょっと崩れた城壁の階段に無理やり登って上に行くと、ちょうど下を通った”自称後期高齢者オジサン”が「おお~~いいね、ソコ。俺も行きたい!」との事。本人曰く後期高齢者という割にこんな足場が不安定で、ちょっと高い場所にも躊躇なく行こうとする気持ちと体がとても若く感じた瞬間。

 

ただしこの階段を登っても、残念ながら城壁の上までは辿り着けなかった。でもここからでも充分に街を一望できる景色が見られる。

 

しかし楽しくてテンションも上がって、歩き回っていたらいつのまにか汗だくになってきていた。。

 

歴史を感じさせる、建物も汚れ具合が何とも言えない雰囲気を醸し出している。

 

城壁から街を眺める 動画

 

「城壁の上に登りたいけど、これ以上は登れないッス!」という感じに見える、黄色いパーカー男。。

 

しかし下に降りてみたら、なんと城壁の上に登っているツアー参加者さん達を発見。登り方を聞いてみると、もうちょっと先に登り階段があるとの事。その通りにちょっと先に進むと、簡単に登れる階段を見つけて上に高鳴る気持ちを堪え切れずに駆け足で登る。

 

すると城壁の上からは、街を一望できる絶景が見えた!

やっぱり城壁の上に登ってみると、とても楽しいのである!

 

こんな旅はまた次回に続きます!

↓↓↓↓ポルトガル旅行記:初回↓↓

イベリア航空経由でまずはスペインへ-ポルトガル旅行記ブログ-1
阪急交通社トラピックスのツアーで訪れた1月のポルトガル。まずは成田空港からイベリア航空でスペインに向かいます。