パムッカレのホテルで夕食後は、温泉プールでツアー参加者さんと童心に帰って遊ぶ-トルコ旅行記29

【トルコ周遊10日間ツアー】4日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】2019年7月中旬

温泉プールで騒ぐ!?

 パム・サーマル・ホテルに宿泊!

ここはトルコの世界遺産パムッカレ付近の【パム・サーマル・ホテル】(Pam Thermal Hotel)です。手前に見えるのが温泉プールで、お湯の温度は上にいく毎に熱くなっていきます。

 

 パム・サーマル・ホテルの眺め 動画

 


【パム・サーマル・ホテル】(Pam Thermal Hotel)
4つ星ホテル(★★★★)


 

 ホテルで夕食タイム!

ホテル内にあるレストラン会場に向かいます。こちらはドリンク・メニューです。この日本語の手書き感が何とも言えない・・。

 

ここでも勿論ビール大(500ml)をオーダーしますが、隣に座られているお姉様が気を使って、手酌してくれます。

 

いや~~ビールが無いと食事が楽しめない・・という脳になってしまった。。

 

こちらのカゴにはどっさりドリンクが置かれていて、ちゃんと氷も入れられている。日本人はこういうサービスをしてくれているのを見ると嬉しく感じる!

 

こちらはちょっとお腹がぽっちゃりのウエイターさん。

カメラを向けるとポージングしてくれました!

まだバイキング開始の時間ではなかったらしく、「メインの食事はもうちょっと待て!」みたいな事を言っていたけど、果物やデザート類は準備が出来ていました。

 

そんなデザート類にいきなり手を出す女性陣・・・「ご飯を食べないのに、いきなり甘いデザートから食べるの?!」というボクの考え方では理解できない行動ではありますが、女性からすると一般的な行動のようです。。

 

それにしてもデザート類も色んな種類が置かれていて、その置き方も何か可愛らしい感じがする。

 

いかにも女性向けという感じかな?? というか女性はデザートの質で文句を言うか、言わないかを決める。。

 

こちらでは「もうちょっと待て!」とウエイターが言っていたが。待ちきれずになだれ込む人達。犬じゃないけど、大人の人間に”待て!”を躾する方が大変そう・・・。

 

皆さんは食事にしか目が行ってないけど、ボクは1人冷静にカメラを構えて、写真撮影に夢中。

 

まあこれだけ料理があれば、無くなる事もないだろうし、ゆっくりと取ればいいものの「早く食べたい!!」という気持ちが隠せない人々。。

 

ほうれん草っぽい葉っぱやネギのような野菜もあった。そのネギのような野菜は食べてみると、やっぱりネギそのものだった・・・。

 

これだけ色んな種類が置かれていても、お皿に取るのってごく僅か。

 

単なる料理を作るだけではなく、その料理の盛り付け方を見て楽しむ事もこういう旅行では大事である。そういうのがそのホテルなどでのレベルを図れる要素でもあるから。

 

基本トルコではご飯系の料理はほとんど食べなかった。特にバイキングではわざわざ日本米と違うものを食べたいという気持ちが沸き起こって来なかったから。。

 

こちらでは”お父さん”が色々と料理をお皿に盛っている最中。話を聞いてみると「色々と置いてあるので、それを取ってたら色々と取り過ぎたよ~~」と、年甲斐も無く可愛らしい感じのコメントをする”お父さん”でした。

 

こちらでは右に立っているオジサンが何かの料理を包んでくれるサービスがありました。勿論利用しませんでしたが。。

 

そしてこちらが本日の晩御飯なり!今回も野菜たっぷりです。

 

ただビールが美味しく飲めて、料理は食べれるだけでボクは幸せであります!

こちらのレストラン会場は広く、300人位は入れる規模でしたね。

 

大きなミネラルウォーターは添乗員さんから差し入れで頂きました。

 

隣のテーブルを見ると、何やらカメラマンのような人が来て写真を撮っているようです。

 

それを見ていると、次はこちらのテーブルにもやって来ました。外国でこういうカメラをこっちに向けて写真を撮られると、ほぼ後日自分の写真入りアイテムの販売があります。

 

勿論ここでも、翌日にフロント近くにこの時撮った写真が入ったクリスタルのようなガラスの販売をしていました。

 

なのでこういう時は、その写真を買う・買わないに関わらず、とびきりの笑顔をして”いい写真”を撮ってもらいましょう!

そんな写真を撮っていると、後ろのテーブルにはさっき立ち寄った休憩所でも出会った、同じ阪急交通社ツアーで大阪からお越しの団体さんが着席しました。仲良くなったオバサマとはここでも挨拶しました。そしてこの時は面識がなかったのですが、この後仲良くなる”西郷ドン”も写真に写っていましたね。

 

意外と熱心に写真撮影をするカメラマン。彼らからするとその時の相手の表情1つで写真の売れ行きが変わるので、そりゃ真剣に写真を撮るわな。。

 

まだ撮ってる・・・(笑)。

 

こちらは隣のお姉様の晩御飯・・・と言うか「ほぼケーキやん!!」とビックリする。しかもこれだけ取って半分も食べないのだから恐ろしい。。

 

食事を楽しく食べて、部屋に戻る最中に売店を見てみる。

 

中国系か、韓国系の観光客が強引な値引き交渉をしていたが、全然値引く気が無い店主。しまいに怒り出していた店主。。こういうホテル内にある売店では、強気営業で値切りはしてくれない印象がある。

 

 ホテル内の温泉プールを楽しむ!

部屋に戻って、海水パンツに着替えていざ温泉プールに繰り出す。食事を食べる前に比べると、一気に人がやってきていた。

 

近くにいたオジサンに写真を撮ってもらったのだが、1枚目が手ブレしていたので再度撮って貰うも2枚目も手ブレしていた・・・。

ちなみにこの下の屋内プール内の施設にロッカーがありますので、そちらに一応荷物を預けました。ある人は「この辺りに上着を置いていたけど、無くなった・・」と言っていましたね。

 

この時は帽子をしていませんがこの温泉プールに入る時には水泳帽の着用が必要なので、忘れずに。こちらは先程写真を撮って貰った”手ブレ・オジサン”。撮って貰っているのに文句を言っちゃダメですね。。

 

下に降りると屋内プールのようにもなっています。

勿論ここも温泉ですが、人気はやっぱり露天というか外ですね!

こちらは先程の説明した屋内プール施設にあるロッカーです。

 

外のプールでは、食事を終えた”お父さん”が早速ドボンと飛び込んでいました。

 

パムッカレのホテルの温水プールを満喫する”お父さん”。年甲斐もなく楽しそうである。

 

ここでまた別の人に写真を撮ってもらいましたが、またブレブレでした・・。

 

スマホのカメラも暗くなり出すと、手ブレし易くなるので意外と暗がりでの撮影は難しいのです。

 

すっかり暗くなってきたプールサイド。さすがに温泉プールがあるので、あまり普通のプールで泳いでいる人は居なかった。

 

やっぱり上の段の温泉プールに入らないとね。

 

という事で上の段の温泉プールに入ります。上の壺の方に行くにしたがって、温度が上がっていきます。そして温泉プールの底には泥が溜まっているので、それを顔や体に塗りつけて泥パックも楽しめます。

 

カメラを持ってきた奥さんに、今回の旅行で出会った同じツアーのオジサン仲間と記念撮影。

 

「若い、若い」と言われても、ハタから見ればもう既にオジサンの仲間入りしたボク。。

 

近くに居た同じツアーのお姉さん方とも一緒に記念撮影をして、遊びます。

 

そろそろプールサイドで今晩予定されていたベリーダンスが始まりだした様子。皆さん温泉プールの一番手前まで行って、上から眺めています。

 

 ホテルの温泉プールの様子 動画

 

そこそこ盛況な感じのベリーダンスだったけど、遠くから見ていたので美人さんが踊っていたのかは全然分からなかった・・・。ちなみに踊り終わった後に日本人と見られるちょっと若めの男性がベリーダンサーにチップを渡している姿が見えた。

別のツアーにそれらしき男性がいた記憶があるので、明日会ったら聞いてみようっと。

 

 温泉プールから見るベリーダンス 動画

 

ボクはというと、ロッカーにあるシャワーが1台しかなかったので混み合う事を想定して、早々に温泉プールを出たけどまだまだ皆さんお楽しみの最中のようです。

 

その後、部屋に戻って歯磨きして寝る前にホテル内を散歩するも、さすがにプールサイドにはほとんど人が居なかった。

 

あまり遅い時間になると、プールは遊泳禁止になるみたい。

 

という事で部屋に戻って就寝します。さて明日が楽しみです!

その様子はまた次回に続きます!

↓↓↓↓トルコ周遊旅行記:初回↓↓

”誘惑のトルコ”ツアー旅行記ブログ-1 事前準備&クチコミ編
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコってどんな国なの???行く前にまずはお勉強を!