バルカン半島周遊6ヶ国旅行記-35 モンテネグロ:ポトゴリツァ-夕食&買い物編

【バルカン半島周遊6ヶ国】5日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】2019年5~6月

監禁の危機?!

モンテネグロの首都ポトゴリツァで、ラマダホテル(RAMADA)に宿泊。

 

 ホテルの部屋の様子は??

こちら4010号室。すんなりと扉が開きます。

 

部屋はなかなかの感じ。

 

ベッドが2つ並んでいます。あとはソファーもあり、そこそこ良さそう。

 

窓を開けると狭いベランダがあり、そこから周囲が見渡せます。

 

雨はまだ降っており、周囲もあまり綺麗ではないアパートが立ち並んでいる。

 

ベッドルームも電気を付ければ、なかなかお洒落な感じに見える。

 

こちらは洗面所。

 

バスタブはなく、シャワーのみ。しかもガラスが中途半端で、床も段差がないので絶対シャワーを使うと辺りがビショビショになるハズ。。

 

お湯は問題なく出ました。部屋に入ったらお湯が出るかだけ、必ず確認しておきましょう。

 

トイレは至ってシンプル。汚くはありませんでした。

 

ここでは一応湯沸かし器があって、お茶とコーヒーの粉が置いてあります。そういえば海外で一回も湯沸かし器を使った事って無いな。。

 

そろそろ夕食の時間になってきたので、部屋を出て昼食会場へ向かいます。いつもながらの階段を使おうと、消防扉のような扉を押して階段で降りて行ったがレストラン階に着いても内側から扉が開かない・・・・焦る・・・・。

で更に下に降りると扉が開いたので、出てみると全然レストランとは関係ない景色が広がる。。

 

どうも横のショッピングモールと繋がっているらしく、ホテルの階段は共用のようだった。

 

 ホテルの夕食会場へ

ちょっと慌てつつ、集合時間に遅れて何とかホテル内のレストラン会場に辿り着く。

 

すでに皆さま、着席していた。今回のツアー参加者さん達は皆集合時間にはキッチリと来られる人ばかり。

 

テーブルの真ん中にはパンが置かれている。

 

そして前菜は野菜サラダ。ちょっと簡素な感じだが。

 

今回の夕食は、こちらの奥様3人と頂きます。

 

モンテネグロで見る夕焼け。雨さえ降っていなければもっと良かったけど、雨は自然の恵だから仕方ないね。。

 

ドリンクは勿論の事、ビール!! なんとこちらの奥様が注いでくれましたね。ちなみにこの奥様、ボクが無職で旅行ばかり行っているという話をしたけど全然話を信じてくれませんでした。「アナタみたいな、そんな目をして楽しそうにしている人間が無職な訳ない!無職だと、もっと”打ちひしがれたような感じ”をしているハズだから!」と言ってました。。

 

こちらのビールは3.5€。モンテネグロの割にはちょっと高め設定??

 

スープはお皿だけが置いてあり、こちらのオジサンが一つずつスープを注いでくれます。

 

こちらの奥様もちょっとカッチョいいオジサンに注がれて、嬉しそう!

 

美味しいスープでしたね。

 

メイン料理はこちらのお皿。

 

鳥の肉だったような、豚肉だったか??・・・覚えていません・・・。

 

そろそろ旅に慣れてきたので、各テーブルではお喋りで盛り上がっているようです。ボクもこれまでそんなにお話していない奥様方のテーブルに座ったので、”異質なオーラ”を出すボクの素性に興味津々なご様子で色々と質問が飛んできます。

ツアー参加者さんも周りの人達が気になるようで色々と探る人もいます。ボクの場合は正直に喋りすぎるので、逆に信用されない事がありますがそれは相手側の問題なので気にせず喋るのみ!

 

食後のデザートはアイスクリーム。

 

コーヒー味のアイスクリームを美味しくいただきました。

 

 ショッピングモールでお買い物!

夕食を食べた後、そのまま横のショッピングモールへ向かいます。建物が繋がっているので雨に濡れずに行けるので便利です。

 

ただ夜はあまり遅くまでは営業しておらず、21時閉店のようです。

 

ここモンテネグロの人は、これまでの3ヶ国とは違って微妙に顔つきが違っていたような印象を持ちました。

 

こちらはショッピングモール内にある本屋さん。そろそろ閉店の準備をしているようで、シャッターが下り気味でした。

 

カフェスペースにはまだ人がボチボチいます。

 

こちらはモンテネグロのお土産物を売っている店。ただし観光資源があまり無いからか、品揃えも他の国に比べると少なめだった。

 

ここではハチミツが売っていた。海外で買うと安いがあまり調子に乗って買い過ぎると、荷物が重たくなってしまうので、そこだけ注意を!

 

 スーパーマーケットにて

昨日コソボのスーパーマーケットでそこそこお土産を買ったので、ここでは見学メインで店内を見て回る。

 

スーパーマーケットでは、このように店頭陳列用の什器などが置いてある。前職時代にこういった紙製什器関係の仕事をしていたので、どうしても商品よりこういった什器に自然と目が行ってしまう。。

 

こちらでは安売りコーナーもあって、みんなの目が行っていた。

 

人によってはカートをゴロゴロ引っ張って、買う気満タンなようだ。

 

あまり嵩張るお菓子を買っても、後で困るしな・・・。

 

スーツケースや日用品などもたくさん売っている。

 

お酒類は意外と充実していて、こちらの奥までの棚はズラ~~っとワインばかりが並んでいた。

 

こちらには牛肉などが売られていた。

 

歩いていると、同じツアー参加者の奥様達がお茶コーナーに群がっていた。ただ箱に入っているお茶は結構かさばるので・・・。

 

意外と飲むヨーグルトとかのお土産も、新鮮な感じでいいかもしれない。なかなかこういった物はお土産で選ばれないから。

 

キットカットの味もどこでも同じような・・・それなら種類が豊富な日本のキットカットの方がいいような。。

 

こちらではギミックが付いたお菓子も売っている。それにしても色んな種類がある。。

 

チーズはお土産に向いている。ただ好き嫌いがあるので、万人向けではないが。

 

こちらも販売什器台に目が行ったので、ついでに写真を撮る。

 

この棚はモンテネグロのワイン。意外とラベルが可愛らしかったので、すでに1本ワインをお土産として購入しているがついでにもう一本買ってしまった。。

 

こちらはスピリッツ類。この辺りでは色んな蒸留酒があり、それらが好きな人にはたまらないコーナー。

 

こちらのチョコっぽいお菓子が安かったので数箱購入。そろそろこのスーパーマーケットの閉まる時間のようだ。

 

それと板チョコも買い、ついでにプレゼント用の袋も購入。合計で32€。

 

モンテネグロのお姉ちゃん。黙々とレジをこなします。

 

こちらの奥様もワインを2本位購入されていました。ワイン好きにはヨーロッパでワインが欲しくなるみたい。。

 

 ホテルの部屋に戻る

ホテルの部屋に戻って、クロークの扉を開けると珍しくスリッパがありました。ただこういうのを使おうと久々に履いてみると、すごく使い勝手が悪いですね。日本からクロックスもどきのサンダルを持って来ているので、そちらの方が断然に履き心地はいい。

 

こちらも珍しく、アイロンとアイロン台が置かれていた。

 

こちらは先程のスーパーマーケットでお買い物をした時のレシート。これはユーロ表記である。

 

こちらは1箱0.59€と安売りで売られていたチョコ。ちょっと微妙な味でしたが・・・。

 

とりあえず買っておけば文句は言われない板チョコ。1.99€×5個で9.95€なり。

 

こちらはミント関係。可愛らしいピンクの缶はデザインで選ぶ。

 

こちらはロゼ・ワイン。9.69€なり。味は全然分からないので、ラベルのデザインで気に入ったものをフィーリングで購入。

 

モンテネグロのJANコード番号は、こちらのように「860」で始まる。どこの国の製品か知りたければ、JANコードの番号を見ればすぐに分かります。それにほとんどの商品に付いているので。

 

洗濯を軽くして、外に乾そうとしたが雨が降っていたのを忘れていた・・・。

 

最悪乾いていなかったら、ドライヤーで乾かそう・・・というか確実に乾かないので、翌日の朝はず~~っと洗濯物にドライヤーをかけていたが。。

こういった感じでモンテネグロの夜は過ぎて行くのであります。

この続きはまた次回に続きます!

↓↓↓↓バルカン半島周遊旅行記:初回↓↓

バルカン半島周遊6ヶ国旅行記-1 準備編
トラピックスのツアーで訪れたバルカン半島周遊6か国旅行記。バルカン半島ってどんな国があるの???行く前に軽くお勉強を!

コメント