ケロアンのアグラブ朝の貯水池には、日本でも人気者が守衛をしていた-チュニジア旅行記9

【チュニジア世界遺産紀行8日間】3日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】

チュニジアの貯水池?!

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)での朝食は?

迎えたチュニジア3日目の朝。昨晩もスッキリと眠れて、調子は上々です。

 

 ホテルにて朝食バイキング!

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)での朝食は?1

ツアーでは基本朝食はホテルのバイキングが付いています。昨日夕食を食べたレストランに向かいます。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)での朝食は?2

テーブルは昨日と同じ場所で食べます。朝一に入ると他の日本人観光客の団体さんが別に1組いましたね。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)での朝食は?3

ここのホテルの朝食は簡易な感じ。ボクとしては野菜があれば充分です。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)での朝食は?4

チュニジアのホテルの朝食バイキングでは、早い時間に行くとまだ出来立て熱々の料理が出来ていない場合がありますので添乗員さん曰く「ちょっと遅い目に行かれた方がいいかと思います!」との事。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)での朝食は?5

お馴染みのネスカフェのコーヒーメーカー。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)での朝食は?6

食パンも種類がありますが、あんまり食パンは取った事がないですね。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)での朝食は?7

パン系はクロワッサン一辺倒のボク。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)での朝食は?8

ゆで卵は温かかったですね。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)での朝食は?9

水が見当たらなかったのでとりあえずコーヒーを2杯取ります。お皿の半分以上は野菜。チュニジアといえばオリーブが特産なので、オリーブの実も少し食べる事にします。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)での朝食を食べる

続々と朝食会場に人がやってきます。やっぱり早い目に来るに越したことはないですね。。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)での朝食を食べる1

プレーンのヨーグルトを追加で頂きます。普段から味無しのプレーンばかり食べているので、そのまま食べますが周りを見ていると味を添加する人が多いですね。しかもハチミツとかの甘いのを。。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)での朝食を食べる2

ゆっくりと朝食を食べて、チェックアウトの用意をします。朝はやっぱりちょっと冷えます。アフリカ大陸は朝晩がちょっと冷えるので、服装的にめんどくさい。。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)での朝食を食べる3

こちらは今回のバスドライバーの「セミ」さん。アゴ髭を毎日丁寧に整えていたのが印象的な優しいお兄さんって感じのナイスガイでした!挨拶代わりに寿司キーホルダーをプレゼントします。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池に向かう

本日の観光はまずアグラブ朝時代に出来た貯水池を見学します。そこまではホテルから歩きで行けるので、荷物はバスに一旦置いてから出発します。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池に向かう1

まだ3日目でそこまで仲良くなってないので、まだ静かな団体の様子。後半はお喋りが止まらなくなるのですが、いつも前半は皆さん様子見といった感じでしょうか。

 

 アグラブ朝の貯水池を見学!

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池に向かう2

宿泊したホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)の門を出ます。ホテル前には看板がありましたね。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池に向かう3

ホテル前の道を挟んだ向かいに建物が見えます。こちらが目的地のようです・・・近い!!

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池に向かう3

前の道を全員で一緒に渡ります。バラバラに行くと危ないので、全員揃って行動します。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池に向かう4

道を渡って、建物の入口に進みます。

 

 アグラブ朝の貯水池

住所:53 Rue Ibn Rachiq, Kairouan, チュニジア

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学

朝イチだからか、全然人が居ません。現地ガイドが入場を手配してくれます。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学1

階段を登っていると、途中の階にショップがありそちらに居たこのオジサンが挨拶してきます。どうも何かの雑誌に載っているオジサンのようです。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学2

後で「地球の歩き方 チュニジア」を開くと、チュニジア中部のページにこちらのオジサンが載っていましたね。。ただこの「地球の歩き方 チュニジア」は最終更新が2014年9月とちょっと古く、次回の更新は2019年11月以降を予定しているそうです。

古くても無いよりはマシ・・・!?

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学3
建物の屋上に登ってきました。通常の建物の3階部分になるので、そこまで登る感じではありませんでしたね。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学4

反対側には昨日宿泊したホテル:コンチネンタルが目の前に見えます。本当に真ん前・・・。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学5

こちらはチュニジア国旗。元々社会主義国だったので、赤一色になっています。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学6

9世紀のアグラブ朝時代に造られた貯水池。当時は大小の貯水池を合わせて14個もあったそうだ。今では4個だけが残り、1969年に修復されたものだそうだ。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学7

今日は晴れていないので、何かモヤっとした天気。イマイチ写真映えしないね。。

 

 貯水池の様子 動画

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学8

元々はこのケロアンの街から約36キロ離れた場所から水を引いていたという。現在は水道などの発達により、水不足が解消されたが当時は深刻だった水不足の様子が垣間見れます。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学9

ただ貯水池といっても特段変わったものが有る訳でもなく、昔のままでそのまま残っている訳でもないので残念ながらそこまでの見所はありません。。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学し国旗に触れる

あまり風が吹いてなく、チュニジア国旗がはためいていなかったので現地ガイドさんが国旗を持って写真映えするように手伝ってくれます。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学し国旗に触れる1

チュニジアに来た証拠写真として、こういうカットで取っておけば間違いないですね!

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学し国旗に触れる2

この付近はあまり交通量がなく、静かな朝の感じ。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学し国旗に触れる3

チュニジア国旗の”赤地に中央の白い円&三日月&星”は昔からイスラム教の象徴であり、幸運のシンボルでもある。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学し国旗に触れる4

ボクも「今チュニジアに居てますよ~~!!」という証拠写真を入手!

 

 貯水池の様子 動画2

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学し国旗に触れる5

貯水池も簡単に見るだけで、各自写真を撮り終えた人から降りていきます。

 

 建物内のお土産物屋さんにて

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学し国旗に触れる6

「みんな降りていくの、早いな~~」と思っていたら、さっきのオジサンがやっているお土産屋さんに集まっていました。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学し国旗に触れる7

キレイな日本語で書かれた紙があります。恐らく観光で来た日本人に書いてもらったのでしょう。多分ツアーで来た仲のいい日本人添乗員さんとかに、よくこういうのを書いてもらうよう依頼している姿を見かけますね。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学し国旗に触れる8

元々はドリンクのお店なのかな?!

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学し国旗に触れる9

今回はこのチュニジア・ツアーでは公認のお土産物屋さんの訪問がありませんでした。大体どこの国に行っても、日程にお土産物屋さんが組み込まれているのですが。

ここで面白かったのが、さっきのオジサンが接客して今回の現地ガイドさんが会計を担当していた事。ただ単に仲がいいだけなのか、ちょっとリベートを貰っているからか?!

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学しお土産を購入

狭い店内なので、ボクらの団体だけで満員状態。。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学しお土産を購入1

お菓子からアルガンオイル、ローズオイルからリップクリームなど所狭しと置かれています。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学しお土産を購入2

何が何だかまだ分からない状態で「何コレ?こっちは何??」という声も聞こえてきます。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学しお土産を購入3

女性陣は「アルガンオイル」という言葉に敏感に反応します。アルガンオイルといえば、モロッコ原産のアルガンの木から取れた実から得られる希少価値の高い化粧品として用いられるものです。チュニジアにはアルガンは生えていませんが、近くの国なので輸入しているようです。

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学しお土産を購入4

緑の箱に入ったアルガンオイルが何と一箱10TND(約370円)と驚きのお値段!!

それを聞いてみんなの手がアルガンオイルに伸びて、あっという間に店頭の商品在庫が減っていきます。ただしアルガンオイルと一口に言っても、それが純度100%なのか、混ぜ物があるかで商品価値が変わってきます。その辺を吟味して慎重に購入する必要がありますが、プレゼント用にであれば「アルガンオイルを買ってきた!」で充分です。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学しお土産を購入5

なので「ちょっと怪しいけど安いから買っておこうか!」と皆さん、何だかんだで大量購入しているご様子でしたね。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学しお土産を購入6

壁にはこういう置物系も並んでいましたが、見向きもされていませんでしたね・・・。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学しお土産を購入7

「地球の歩き方:チュニジア」に載っている、こちらの個性的なオジサンと記念写真をと。

サービス精神満載のオジサンから、帽子を被せてもらいましたね!

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学しお土産を購入8

お土産の定番でもあるポストカード。殆ど買わないですけど・・・。人によってはその国に来た記念として、日本の自分宛に郵送で送る人もいますね。今回一緒になったオジサンは毎回友達と海外に行った際は、それぞれに送り合っているそうで素晴らしい友情のお友達を持たれているようでしたね。

 

チュニジアのホテル:コンチネンタル(CONTINENTAL)を出て向かいの貯水池を見学しお土産を購入9

こちらが購入したアルガンオイル。これで20TND(約740円)とは安く感じますが、モロッコやスペインで買ったアルガンオイルがあるので、こちらは贈答用にする事に。

 

そして次の目的地に向かいます。その様子はまた次回に続きます!

↓↓↓↓チュニジア旅行記:初回↓↓

”世界遺産の旅”チュニジア旅行記-1 準備編
トラピックスの1人参加限定旅ツアーで訪れたチュニジア旅行8日間の旅行記。まずはチュニジアってどんな国なのでしょうか?治安は大丈夫?!