”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-48 ワルザザート②編


【幻想の国 エキゾチックモロッコ10日間旅行記】6日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】

ワルザザートのホテルはイマイチ?!

バラのローズウォーター関連の商品が置いているお土産物屋さんを後にして、ワルザザートにバスで移動します。

 タウリルトのカスバの写真スポットにて

ワルザザートの街に向かう途中に、写真スポットで一旦バスを降ります。

こちらは何なのか全然聞いていませんでした・・・。

写真中央に写るのが「タウリルトのカスバ」「カスバ」とは要塞や砦を示す。

ここには元々グラウイ(Glaoui)という”20世紀初頭のマラケシュの司令官をしていた”人物が住んでいた場所だそうだ。

そこまで歴史的な建物でもなさそうで、軽く写真を撮って戻るような雰囲気でした。こちらのオジサンは何か言いたげなのか?いい場所からこちらを振り向いていましたね。。

せっかくなんで”や~だ~♡姫”と記念写真を撮りますが、このカスバを摘まんでいる雰囲気で撮ってもらっているつもりでしたが、全然指先がカスリもしていませんでしたね。。

ここからバスに乗ってホテルまで移動しますが、ここからは近いみたい。ただし昨日から再三添乗員さんが「ワルザザートのホテルは今までのホテルに比べると、あまりよくない・・・・」と言っていた。こっそり話を聞いてみると、このワルザザートの街のホテルはどこもサービスが良くなくて、改善提案を出しても全然ダメだそうだ。

モロッコというよりはワルザザートの特性なのだろうか?だから「このホテルでは多少は我慢してね!」という感じのニュアンスで添乗員さんがアナウンスしていましたね。

 ホテル【Ouarzazate Le Riad】に到着

モロッコのワルザザートのホテルに到着

添乗員さんがそこまで「よろしくは無いホテルです・・・・」と言う位なので、どんなホテルか?逆に楽しみになってきました!門構えはそういう感じは出ていないような。

ホテル:Ouarzazate Le Riad


でっかくてキレイに放射線状に葉っぱが広がっている大きなヤシの木がお出迎え。

添乗員さんのオススメではないホテルなので、警戒しながら進んでいく。

ここでも入口に金属探知機があるが、鳴っても誰も反応しない・・・・。

まずはチェックイン。お湯さえ出てくれれば、他の事は大抵我慢できるのだが。

ホテルの中央には大きめのプールがあって、プールサイドには椅子が沢山並べられていてリラックスできそうだ。

ただこのホテルの敷地内の道が分かりにくく、途中で曲がったりしていたので皆さん食事後に部屋に戻る時に迷っていましたね。

ロビーには何故かゴルゴ13の漫画が2冊置かれていた。ここで出会ったのも何かの運命かもしれないので、とりあえず1冊は部屋に持って行って読んでみる事に。

こちらは明日の案内メモ。明日は9時出発とちょっとゆったりの日程だ。

ホテルの部屋の中は・・・?!

ある意味楽しみにしていたこのホテルの部屋に入ります。

おっ、懐かしのブラウン管のテレビが見えます!

部屋はベッドが2台あって、狭くもなくボチボチな感じ。テレビは基本見ないのでブラウン管でも全く問題がありません。それよりコンセントがちゃんとあるかだけが重要です。

それとホテルのWi-Fiはここでは殆ど使えませんでした。。

モロッコのワルザザートのホテルの部屋の様子

肝心のシャワーは・・・・・・お湯が無事に出ました! これでひと安心です!

モロッコのワルザザートのホテルの部屋の様子1

トイレも水が流れるし、特に問題なさそうだ。

モロッコのワルザザートのホテルの部屋の様子2

部屋が問題ないのを確認して、ホテル内の夕食会場に向かいます。もう辺りは暗くなってきたのですが、このライトはず~~っと点いている訳ではなく勝手に消えるので壁にあるスイッチを押して点ける必要があります。ただ初めてのホテルで真っ暗な廊下でそんなスイッチの在り処が分かるハズもない・・・しかもこの階はすぐに2段降りる階段になっていたので他の人も躓いていましたね。。

モロッコのワルザザートのホテルの部屋の様子3

部屋の前にはまたさっきの大きなプールとは別の小さめのプールもありました。

モロッコのワルザザートのホテルの部屋の様子4

さっきの大きなプールの奥に夕食会場があります。その手前にはバーもありました。

 レストラン会場で夕食を食べる

モロッコのワルザザートのホテルで夕食を食べます

ホテル内の夕食会場でバイキング形式で夕食を頂きます。

モロッコのワルザザートのホテルで夕食を食べます1

モロッコは比較的野菜の種類が多く、個人的には嬉しかった。

モロッコのワルザザートのホテルで夕食を食べます2

お皿の具の周りには薄切りのレモンが敷き詰められていましたね。

モロッコのワルザザートのホテルで夕食を食べます3

こちらのコップにはフルーツが細かく切られて入っていました。コップのフチがソルティードッグのように何か粉末が付いていました。ソルティードッグのように塩だとおかしいので、砂糖でしょう。

モロッコのワルザザートのホテルで夕食を食べます4

真ん中にはパンがあります。ナイフでカットするには微妙な大きさのパンでしたね。

モロッコのワルザザートのホテルで夕食を食べます5

こちらはチキンのようです。チキン料理は全世界中、どこにいってもあまり大きなハズレはありません。

海外のバイキングで迷ったらチキンを選びましょう!

モロッコのワルザザートのホテルで夕食の様子

こちらは野菜を細長く四角に切ったのを炒めたものでしょうか。

モロッコのワルザザートのホテルで夕食の様子1

白身魚はパス。

モロッコのワルザザートのホテルで夕食の様子2

パスタは定番でお皿に取ってしまう。ただかかっている具が少なすぎる・・・もう少し全体的にかけて欲しかった。。

モロッコのワルザザートのホテルで夕食の様子3

こちらはポテトを揚げたもの。

モロッコのワルザザートのホテルで夕食の様子4

本日の夕食はこんな感じになりました。毎度ながらのミートソースパスタと野菜盛り。

ヘルシーな体を目指しているので!!

モロッコのワルザザートのホテルで夕食の様子5

ビールは勿論カサブランカ・ビール!

やっぱりモロッコビールの中ではこれが一番旨い!

モロッコのワルザザートのホテルで夕食の様子6

最後にフルーツ盛りを頂きました。美味しかったですね。

モロッコのワルザザートのホテルの夜はプールサイドでゆっくりと

夕食が終わり、部屋に戻って歯を磨き、シャワーを浴びます。いつもなら部屋飲みをする所ですがWi-Fiの電波が届かないのでプールサイドまで日本から持参したお酒を持っていきます。プールサイドではそこそこ快適にホテルのフリーWi-Fiが使えました。

モロッコのワルザザートのホテルの夜はプールサイドでゆっくりと1

夜といってもまだそこまで寒くはありませんでした。”ボクの生存確認”という意味も込めてフェイスブックにモロッコでの写真をアップ。持ってきたお酒もそこそこ美味しい。

モロッコのワルザザートのホテルの夜はプールサイドでゆっくりと2

このようにプールサイドで1人寂しく飲んでいると、横の方で同じツアー参加者さん達が盛り上がっていました。フェイスブックにアップ完了し、1人で飲むのもアレなので突撃しました。最終的には添乗員さんも入って、盛り上がりましたね。

やっぱり酒飲みが多い方が楽しいですね!

こういう感じで6日目が終了していきます。

明日以降の続きはまた次回に!

↓↓↓↓モロッコ旅行記:初回↓↓

”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-1 準備編
阪急交通社の1人参加限定旅ツアーで訪れたモロッコ旅行10日間の旅行記です。まずはモロッコという国の紹介を!