”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-18 シャウエン④編


【幻想の国 エキゾチックモロッコ10日間旅行記】3日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】

シャウエンで遂に有名な風景を目にする!

こちらの場所で小休憩。ツアー参加者の全体の数を確認します。

こちらの扉はキレイに色が塗られています。シャウエンはこんなお洒落な扉が多い!

どこかの小学生の作品の絵のような感じ。。

壁に鉢植えを引っ掛けるのが、またいい感じ!

ブルーのペンキを塗っても、定期的に塗り直さないといけないみたい。手入れは大事だね!

カラフルな色は目立つけど、服装などでいざ自分がそれを着ようとすると意外と”見えないプレッシャー”がかかってくる。「こんな服、オレ着れる?!」って感じで。

人間って知らず知らずのうちに周りの目を気にして生きている。だからカラフルで目立つ服装は「周りから目立つと何を言われるか分からないから、カラフルな服を着るのはやめて無難な恰好をしとこ・・・」となりやすい。

実はボクもそんな人間であったが、レッドソックスの赤ジャンパーを初めて着たドイツ旅行の時に「カラフルな色を着ていると、楽しくなってくる自分」に気付いた。それ以来、楽しくなる為にもカラフルな服を着る自分がいますね!

このシャウエンは地中海に近く、雨が少なく温暖な気候である。1~3月は寒気ではあるがそこまで寒くない。ただ日向と日陰は温暖さがある。

まだまだシャウエンの街観光は続きます

こちらでは現地の子供達と記念写真を撮っている。

まだまだシャウエンの街観光は続きます2

子供達と一緒に記念撮影をしていたこちらのお姉さん(通称:”姫”)は、ボクの住んでいる区の”隣の区”に住んでいる。他に人達に「(ボクと)隣、隣に住んでる!!」って言っていたけど、”隣の家”に住んでいる訳ではなく”隣の区”に住んでる」って言わないと他の人が勘違いしてしまう・・・と感じた。。

まだまだシャウエンの街観光は続きます3

この子の服装を見ていると「シャウエンには真っ黄色の服で来なくちゃいけないな!」と感じた。。 すごく目立ってイイ感じ!!

まだまだシャウエンの街観光は続きます4

その横にはアラビア文字が色んな色で描かれた、お洒落な家が。

まだまだシャウエンの街観光は続きます5

漢字も書かれていた!どういうチョイスでこの辺の漢字を選んだんだろう?!

まだまだシャウエンの街観光は続きます6

青い街シャウエンに植わっているサボテン。

まだまだシャウエンの街観光は続きます7

天気のいい日にシャウエンに来れて良かった!

まだまだシャウエンの街観光は続きます8

ひたすらシャウエンの街を写真に収める、このツアー一同。特に今の時代は、目で見るより「写真に残しておかないと忘れる・・・」とみんな写真の撮りまくり。。

まだまだシャウエンの街観光は続きます9

お店の看板もよくあるチェーン店のような”味気の無い”ものではなく、手作り感があって街にとても馴染んでいる感じがする。

まだまだシャウエンの街観光は続きます10

この先はお店が並んでいます。

シャウエンの街で絶好の景色を求めて歩く

モロッコの伝統的な衣装の”ジュラバ(Jellaba)”もカラフルで派手なデザインがあれば、欲しかったがそこまでのデザインは売っていなかったね。。

シャウエンの街で絶好の景色を求めて歩く2

お土産の定番のマグネットも沢山ある。ただマグネット関係は全然欲しいとは思えない。。

というのも家の冷蔵庫の前面は、このマグネットがくっつかないから。

シャウエンの街で絶好の景色を求めて歩く3

外国って店頭に陳列している商品を選ぶと”お店の中から新品を渡してくれる”のではなく、”店頭の商品をそのまま渡す”事が多く、あまり状態がキレイでなかったりする場合があるので注意!

シャウエンの街で絶好の景色を求めて歩く4

女子ならこういった小物関係に目が行くだろうが、男子にはあまり興味がない。。




 シャウエンの一番人気撮影スポットに到着!

シャウエンの街で絶好の景色の写真スポットに到着

それらのお店を抜けた場所で、みんなが集まっていたので左側を見てみるとどこかで見たような景色が待っていた!

モロッコ旅行で必ずパンフレット等に載っている写真が撮影されている場所ですね!

シャウエンの街で絶好の景色の写真スポットに到着1

階段と建物の下半分が濃いブルーで塗られて、壁に設置されているカラフルな鉢植えが見事に調和した景色。いきなり出てきたのでちょっとビックリしましたが。。

シャウエンの街で絶好の景色の写真スポットに到着2

その階段の脇では、こちらの風景絵などがちゃっかり販売されています。

シャウエンの街で絶好の景色の写真スポットに到着3

シャウエンの街でも人気No.1の場所だけに、みんな興奮して写真撮る順番待ちの列があっという間に出来ています!

シャウエンの街で絶好の景色の写真スポットに到着4

今回のツアー参加者は24名なので、写真撮影もちょっと時間がかかります。

シャウエンの街で絶好の景色の写真スポットに到着5

人によってはアッサリと1枚だけの写真で良かったり、色んなポーズで何枚か撮って欲しい人もいたりと。




シャウエンの街の人気の場所で写真撮影を

そしてここで満を持して”オハバーTシャツ”の出番。半袖なのでちょっと肌寒かったが、真っ黄色の方がシャウエンの街並みに映えます!

シャウエンの街の人気の場所で写真撮影を2

添乗員さんも大忙しで、次々と写真を撮ってくれます。

シャウエンの街の人気の場所で写真撮影を3

この道は住民も通るので、進入禁止の場所ではありません。こちらのオジサンは上まで試しに登っていましたね。

シャウエンの街の人気の場所で写真撮影を4

シャウエンの街の人気スポットで”写真を撮る側の写真”を撮ってみた。

シャウエンの街の人気の場所で写真撮影を5

添乗員さんの後ろには、他の国からやってきている観光客の人達が「まだか?まだか?」という感じで待っています。

シャウエンの街の人気の場所で仲良く写真撮影を

こちらがその写真を撮られながら写真を撮っている写真。

シャウエンの街の人気の場所で写真撮影を6

なかなか写真を撮っている側の写真を撮る機会ってないもんね。

シャウエンの街の人気の場所で仲良く写真撮影を3

今回のツアー参加者ですっかり仲良くなった”メグちゃん””姫”と一緒に記念撮影!

やっぱり真っ黄色の服がカラフルさを出していてイイね!

シャウエンの街の人気の場所で仲良く写真撮影を4

遂にシャウエンの街の一番の景色を見れて、満足した一同。





シャウエンの街はまだまだこれから

ほんと、いくらでも見ててしまう街。

シャウエンの街はまだまだこれから1

こちらのお家の落書き的な絵は、なかなか遊び心があって面白い!

シャウエンの街はまだまだこれから2

家の中がどういう感じになっている、見たかったな。。

シャウエンの街はまだまだこれから3

女子にはこのシャウエンの景色とか、大好きになるんだろうな。

シャウエンの街はまだまだこれから4

こんな狭い路地でも、向かいからオート三輪が走って来てビックリ!!

写真を撮るのもいいけど、轢かれないように注意しましょう!

シャウエンの街はまだまだこれから5

この壁を青く塗っているのは”観光用の為”という説もあるが、確かに石灰岩の白だけだとシャウエンの街がここまで人気は出なかっただろう。

シャウエンの街はまだまだこれから6

真ん中のオジサンが着ている服がモロッコの伝統的衣装の”ジュラバ(Jellaba)”。現地ガイドさんはず~~っとこの服を着ていました。

この服は肌が隠れるので厳しい直射日光から体を守ってくれて、なおかつ風通しがよく暑くもなく、また砂漠では服の中に砂がたまりにくいという。

シャウエンの街はまだまだこれから6

こういう景色を見ると「とりあえずシャウエンの街だけは行っておけ!」と言いたくなる光景だ。

シャウエンの街はまだまだこれから7

こちらはカフェのようだ。

シャウエンの街はまだまだこれから8

カラフルなカバンのデザインもモロッコらしさが出ている。

こちらはこの建物に住んでいる人の表札?!

シャウエンの建物って、この2階部分のように元々はこういう色で、そこに石灰岩を塗ってから青いペンキで色を付けている。




こんな屋根のレンガから草が生えているのを見ると、何か微笑ましい光景。

「君たちも頑張っているんだな!」と感じる瞬間。

シャウエンの人口は3~4万人。

ちなみに近くに大麻の生産地があるそうだ。そして見かけなかったがハシシと呼ばれる大麻製品が売られていて、それを売りつけてくる人間には注意をしないといけない。

確かに地中海沿岸の街は日光が強いので、住んでいる人達は色んな工夫をして生きてきたのだ。

太陽の光が当たっている時は暖かいが、こういった日陰の場所に入ると急に涼しくなる。

海外行くと、何もかもが新鮮なのでこういった場所を見ながら歩くのがとても楽しい!

スペインで起こったレコンキスタ(キリスト教徒の国土回復運動)でヨーロッパを追われたユダヤ人などが、ジブラルタル海峡を渡ってこの辺りの街にやってきた。

なので、ヨーロッパでもよく見かける細い路地の街になっている。

シャウエンには約200軒のホテルがあるらしいが、メディナ(旧市街地)にあるホテルは外まで迎えに来てもらわないと簡単には辿り着けないだろうな。

こういった帽子も可愛らしくてイイね!

楽しくてしょうがない街、シャウエン。

この様子はまだまだまだまだ続きます!

↓↓モロッコ旅行記:初回↓↓

”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-1 準備編
阪急交通社の1人参加限定旅ツアーで訪れたモロッコ旅行10日間の旅行記です。まずはモロッコという国の紹介を!