行ってきたイタリア旅行記-54-カプリ島編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)


イタリア周遊10日間 ひとり旅ツアー(阪急交通社)口コミ旅行記-8日目

カプリ島観光

カプリ島のケーブルカーに乗る2

これからケーブルカーに乗ってカプリ島の中心部に向かいます。こちらはケーブルカーのチケットで片道2ユーロ。

ケーブルカー乗り場にて

カプリ島のケーブルカーに乗る3

こちらの自動改札機に先程のチケットをかざすとゲートが開きます。

カプリ島のケーブルカーに乗る4

ちょうどケーブルカーが出発してしまった所だったので、しばらく待つ必要があります。

カプリ島のケーブルカーに乗る5

こちらはヨーロッパ系の高校生か、大学生のカップルがペアで旅行中みたい。

カプリ島のケーブルカーに乗る6

ちょっと待っているとケーブルカーがやってきました。

カプリ島のケーブルカーに乗る7

そこそこの人を乗せている。上の「ウンベルト1世広場」までは歩いても行く事ができますが、ただ坂道で約25分程かかるそうです。

ケーブルカーに乗り込む

カプリ島のケーブルカーに乗る8

そこまでキレイでもなく、また汚くもないケーブルカー。

カプリ島のケーブルカーの車内

スラっと美人さんに見られている。。

カプリ島のケーブルカーから見た景色

段々ケーブルカーで上がっていくと海が見えてきて、とてもキレイ!

カプリ島のケーブルカーから見た景色2

レモンの産地でもあるカプリ島。レモンの樹が沢山見える。ケーブルカーに約5分乗ると650mの高さの場所に着く。

ウンベルト1世広場(Piazza Umberto I)に到着

カプリ島のケーブルカーから見た景色3

ケーブルカーを降りるとそこには絶景が広がっている。まずはケーブルカーを降りてすぐのバルコニーで写真撮影をと。

カプリ島のケーブルカーから見た景色4

やっぱり白い壁の建物はキレイに見える。そして緑色と調和している。

カプリ島の上に到着

ただこのウンベルト1世広場の絶景写真スポットはここではないそうで、添乗員さんは「早く上に上がって来てください~!」とアナウンスしている。その声が聞こえてか聞こえないのか、とりあえず写真を撮りまくるオジサン達。

カプリ島の上に到着し記念撮影

という事でボクもとりあえずここで記念撮影。

カプリ島のウンベルト1世広場の時計塔

上の広場に上がるとまずは時計塔が見える。この時計はカプリ島のシンボルだそうだ。

□POINT ちなみにこの広場の名前となっている「ウンベルト1世(Umberto I)」はイタリアを統一した初代国王の「ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世」の息子であり、イタリア王国の2代目国王である。しかし国民からはあまり支持されなく最後は暗殺されてこの世を去っている。そんな彼以上に有名なのが彼の奥さんである。
その奥さんの名前は「マルゲリータ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァ」。この名前を聞いてピンと来ると思うが「マルゲリータ・ピザ」の名前の由来になった王妃である。彼女が気に入ったレシピのピザに彼女の名前が付けられたのだ。ちなみに”ピザの記念日”なるものが11月20日らしく、それはマルゲリータ王妃の誕生日からきているそうだ。

カプリ島のウンベルト1世広場のカフェ

そんなウンベルト1世広場ではマルゲリータピザしか置いてないんじゃないかとさえ思ってします。

カプリ島のウンベルト1世広場のカフェ2

「マルゲリータ・ピザ、一番人気ですよ~~!」って言ってそうな店員さん。

ウンベルト1世広場での絶景ポイントにて

カプリ島のウンベルト1世広場の望遠鏡

この広場の上が絶景ポイント。望遠鏡が50セントで使えるみたい。

カプリ島のウンベルト1世広場で記念撮影

そしてここで順番に記念撮影をする。とりあえず横に観光客がいてもお構いなしに撮る人達もいる。

カプリ島のウンベルト1世広場で記念撮影2

カプリ島の絶景を見て、”青の洞窟”に入れなかったダメージから完全に回復した男。

カプリ島のウンベルト1世広場で記念撮影3

もはや定番化した「落ちる~~!」のポーズ。そろそろ新しいポーズの開発が急務である。。

カプリ島のウンベルト1世広場で記念撮影4

頑張って新しいポーズを捻りだす男。

カプリ島のウンベルト1世広場で記念撮影5

教育の甲斐?もあってか、添乗員さんも1つのスポットで4~5枚の写真を撮ってくれる。「勘弁してくださいよ~そんなにポーズのレパートリーを用意していませんよ・・」ポーズの男。

カプリ島のウンベルト1世広場での景色

しかし海のキレイなブルーとカプリ島のと建物のが見事に調和していて、とても綺麗な景色である。「これぞ地球の美しさ!」と思わせてくれる風景。

カプリ島のウンベルト1世広場での景色2

「こういう所に住んでいたら、たまらんね~」と思う瞬間である。

カプリ島のウンベルト1世広場での景色3

望遠鏡で遊ぶ子供。絶景にマッチするのは、キレイな女性か可愛らしい子供。

カプリ島のウンベルト1世広場での景色4

この子の横ではママさんが嬉しそうに写真を撮りまくっていた。

カプリ島のウンベルト1世広場での景色5

このウンベルト1世広場の付近がこのカプリ島の中心部で高級ブランドショップのお店もあるそうだ。「高級ブランド品を買って来て」と頼まれている人はこの絶景を楽しむより「早くブランド店に連れて行って」モードに入っていた。。

カプリ島のウンベルト1世広場での景色6

下に見えるのは先程来た時に着いた船着き場がある「マリーン・グランデ」”大きな港”の意味でナポリからの船は全てここに到着するそうです。

カプリ島のウンベルト1世広場の様子

このウンベルト1世広場には「グッチ」「プラダ」などの高級ブランド店があります。その他にも沢山のお店が広がっています。

カプリ島のウンベルト1世広場の様子2

ここで”「グッチ」のお店にどうしても行きたい組”が添乗員さんと共に別行動になり、行かない人はこの辺りでフラフラタイムがスタート。

カプリ島のウンベルト1世広場の様子3

ここの広場の建物の2階は市庁舎になっているみたい。

カプリ島のウンベルト1世広場の様子3

高級ブランドのお店に行く人達はこの先に消えて行きました。

カプリ島のウンベルト1世広場の様子4

カプリ島の中心部でもありシンボルでもある時計塔。カプリウォッチの代名詞っぽい。

カプリ島のウンベルト1世広場にいた可愛い子供

ワンちゃんと遊ぶ子供が。やっぱりヨーロッパ人の子供ってとても可愛く見える!

カプリ島のウンベルト1世広場にいた可愛い子供2

無邪気な子供をよそにカメラ目線のワンちゃん。

カプリ島のウンベルト1世広場からの見晴らし

集合時間まで辺りを散策。

カプリ島のウンベルト1世広場の郵便ポスト

こちらはカプリ島の郵便ポスト。あまりキレイではない・・・。もっとカプリ島っぽい色にすればいいのに。。

カプリ島のウンベルト1世広場からの見晴らし2

左にあるのはプラダのお店。グッチに行って希望の商品が無かったオジサンが「ちょっとプラダに行ってくる」と大忙し。でも家族からキチッと商品が載ったHPの写真をプリントアウトして渡されて持って来ていました。確かにそういう手段であれば希望の商品を探しやすい!

ちなみにあるオジサンは家族から”抽象的なニュアンス”で商品の要望を聞かされているだけで、その事の文句を何回も聞かされました。「欲しい商品の画像でも送ってくれれば、キチッと買ってやるのに!」と。

カプリ島のウンベルト1世広場からの見晴らし3

寒くもなく暑くもなく丁度いい感じの気温に気持ちが良くなるカプリ島。

カプリ島のウンベルト1世広場から見晴らすカップル

ヨーロッパ系の人は後ろ姿がとてもキレイ!背中がパックリあいてサングラスをかけていると、それだけで美人さんに見えてしまう。

カプリ島のウンベルト1世広場から見晴らすカップル2

興味本位で横から見てみたらオバサンでしたが。。。

この続きはまた次回に!

↓↓続き↓↓
>行ってきたイタリア旅行記-55-カプリ島編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)
1人参加旅のツアーを探すなら阪急交通社(トラピックス)で検索を!
↓↓前↓↓
>行ってきたイタリア旅行記-53-カプリ島編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)
↓↓イタリア旅行記:初回↓↓
>行ってきたイタリア周遊10日間 旅行記-1(阪急交通社ひとり旅ツアー)