行ってきたイタリア旅行記-21-ピサ編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)


イタリア周遊10日間 ひとり旅ツアー(阪急交通社)口コミ旅行記-4日目

ピサ観光

バスでピサに移動

フィレンツェ郊外のバス乗り場付近の様子

こちらのバス乗り場で15分程待って、やっとバスが到着。これからピサに移動します。

フィレンツェからはピサの斜塔までバスで約1時間半の移動。

フィレンツェからピサに向かうバスから見た風景

ちょっと混雑しているフィレンツェ郊外の道。

フィレンツェからピサに向かうバスの中

本当にバス移動が多い今回のツアー。イタリアの北から南までの観光名所を巡るツアーなので、そこは文句を言えないところ。

フィレンツェからピサに向かうバスから見た空港

途中フィレンツェの空港が右手に見えます。素朴な空港で国内線規模っぽい。

フィレンツェからピサに向かうバスから見た空港2

管制塔が見える。高速道路のような道を快適に進む。

フィレンツェからピサに向かうバスから見た風景

郊外の風景って、何気に落ち着いた感じでいい。

ピサに到着

フィレンツェからピサに到着

バス移動で約1時間半でピサに到着。バス降り場で降りると、トロリーバスが待ち受けています。

ピサの駐車場に到着

まずはトイレ休憩へ。

ピサの駐車場でトイレ休憩

バス降り場にあるトイレを使います。ここは有料で50セント支払う必要がありますが、門番がこのタイミングでは不在だったので無料で使う事ができました。

ピサの駐車場でトロリーバスを待つ

ここからピサの斜塔までは歩くと15分以上かかるので、トロリーバスなどに乗って移動します。こちらのバス停でバスが来るまでちょっと休憩。

休憩していると”黒人の傘売り”が寄ってきて、ピサの斜塔デザインの傘を売りつけてきます。ただそんな商売っ気が有る訳ではなく、無視していればどこかへ去っていくのでそこまでしつこくはありません。

物売りによるスリには気を付けましょう!かばんは必ず前に持ち手で押さえておきましょう

ピサの駐車場でトロリーバスに乗り込む

バス停で待っていると、添乗員さんが急に「みなさ~~ん、こっちに来て下さ~い!」と声を出して向こうに誘導して行きます。路線バスだと時間がかかりそうと判断し、近くのトロリーバスの運転手と交渉し、すぐに乗せてもらう事に。

トロリーバスでピサの斜塔に移動

トロリーバスに乗って5分程でピサのドゥオーモ広場前に到着。

ピサのドゥオーモ広場前の露店

ピサの斜塔前の露店

トロリーバスを降りて、ドゥオーモ広場まで向かいます。この途中には左右に露店がたくさん出ています。

ピサとはあまり関係ないけど、レオナル・ド・ダヴィンチデザインのTシャツが売っています。

参道みたいな感じの通り。ピサでは観光業が一番なんだろうね。

城壁が見えてきました。その脇ではまだ閉まっているがレストランのテラス席もある。

ピサの斜塔グッズが沢山並んでいる。後で自由時間あれば、是非お土産屋さんに入ろうっと。

そういやホテルで瓶ビールを飲もうとして、なかなか開けれなかったので栓抜きを買おう。

同じような商品が並ぶ露店がずらりと。

ピサの斜塔付近の露店

露店の販売員は移民系っぽい顔をしていて、中東から来たような人達が多く怪しいお店の雰囲気を醸し出しているので、なかなか買いにくい。

ピサの斜塔付近の露店の様子

斜めになっているマグカップとか面白そう。勿論自分では使わず、プレゼント用ですが。

ピサのドゥオーモ広場

そして広場にやっと到着。ピサの斜塔を生で見て、感動で鳥肌が出る瞬間!!

ピサのドゥオーモ広場(Piazza del Duomo)【世界遺産】

ピサのドゥオーモ広場に着いた

10~12世紀に反映したピサの街は、ルネサンスの影響をあまり受けなかった為に独特のロマネスク様式が残り、中世の趣が今でも感じられる。ドゥオーモ広場には大聖堂(ドゥオーモ)洗礼堂ピサの斜塔(鐘楼)、そして墓地の4つ建物があり人間の人生の起承転結をここで行える(生まれる・洗礼される・死ぬ)場所であり、「奇跡の広場」とも呼ばれる。

ピサの現地ガイドさん

ピサの現地ガイド「ローラ」さんとご対面。昔はもっと美人だったんだろうなと感じる。ちなみに今でもおキレイですが。

ピサのドゥオーモ広場に入る

ドゥオーモ広場内に進んでいきます。

ピサのドゥオーモ広場で見かけた赤ん坊

ベビーカーに乗った赤ん坊と目が合います!何を訴え掛けているのか??

ピサのドゥオーモ広場の様子2

左側には「洗礼堂」、右側には「大聖堂」が並ぶ。そして植えられている芝生はキレイに手入れされていて美しい!

ピサのドゥオーモ広場でポーズするお兄ちゃん

そしてこんな面白ポーズをするお兄ちゃん出現。これは「ピサの斜塔を使ったトリック写真」を撮っている最中のようだ。負けてられない!!

ピサのドゥオーモ広場でピサの斜塔が見えてきた

だんだんピサの斜塔が近づいてくる。今回は斜塔の内部入場できるが、その時間までは30分程ありまだ余裕がある。その前に手荷物を専用のクロークに預ける必要がある。

ピサのドゥオーモ広場を進む

こちらの壁の向こうにはお墓があるそうだ。

ピサの大聖堂(Piazza del Duomo, Pisa)

ピサの大聖堂の正面

パレルモ沖海戦勝利の記念堂として、12世紀半ばに完成したロマネスク様式の大聖堂。その後の改修でイスラム・ビザンチンの様式を取り入れた内部になっている。

ピサのドゥオーモ広場の芝生

芝生の中は立ち入り禁止。キレイな緑色で手入れが行き届いている。

ピサのドゥオーモ広場で芝生と大聖堂を見る

鎖で繋がれているので、さすがに中に入っている人はいない。

ピサの洗礼堂(Battistero di San Giovanni-Pisa)

ピサのドゥオーモ広場の洗礼堂

全体的に白い大理石で造られたロマネスク様式とゴシック様式が融合した建物。完成には200年以上もの歳月を要した。

ピサの大聖堂の正面のアップ写真

これから大聖堂の内部を見学します。こちらは入場料は無料ですが、事前に整理券を貰っておく必要があるみたいです。

ピサの大聖堂の正面のドアップ写真

大聖堂のファーサイドの絵もキレイ。

ピサの大聖堂の正面の扉前の写真

色んな絵が彫刻された巨大な扉を前にするカップル。ちなみに大聖堂の入口はこの横にありますので。。

大聖堂の内部の様子は次回に続きます!

↓↓続き↓↓
>行ってきたイタリア旅行記-22-ピサ編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)
↓↓前↓↓
>行ってきたイタリア旅行記-20-フィレンツェ編 (阪急交通社ひとり旅ツアー)
↓↓イタリア旅行記:初回↓↓
>行ってきたイタリア周遊10日間 旅行記-1(阪急交通社ひとり旅ツアー)