最終地リスボンに到着し、夕食を食べてステシア・スマート・ホテルにチェックイン-ポルトガル旅行記45

ポルトガル旅行記:5日目
阪急交通社ツアー「お1人様参加限定:決定版ポルトガル8日間」-2020年1月13~20日

首都リスボンに到着

このポルトガル旅行も終盤戦となってきました。遂に最終目的地である首都のリスボンに辿り着きます。

 

リスボンの街にて

リスボンについて早速、今日の夕食であるレストランに向かいます。バスがレストランの真ん前で停まってくれたので、バスを降りると迷う事なく、すぐに到着。

 

 

【Grand`Elias】で夕食

入口にはお酒が沢山飲めそうなお店の雰囲気を出しているレストラン。

 

 

レストラン内はちょっとごちゃごちゃした感じで、壁には至る所に色んな装飾があります。店内の見える範囲にはお客さんが見えませんが、まだ18時頃だったので地元ポルトガル人達にはちょっと早い時間だったようです。

 

さて、どんな料理が出てくるのか、楽しみな瞬間でもあります。

 

まずは定番のパンが置かれています。勿論ツアーで訪れるお店なので、パンを食べても追加料金は取られません。

 

ウエイトレスのお姉さん、綺麗な感じで愛想もいい。それを見て、ボクのセンサーがピコンピコンと鳴りだす。。

 

対面には”自称後期高齢者オジサン””メルハバおっちゃん”が並ぶ。意図しなくても酒飲みは自然と集まってくるのか?!

 

まずはサラダが前菜に出てくる。

野菜は体にいいので、しっかりと食べましょう!

 

そして夕食の楽しみであるビールですが、添乗員さんからのアナウンスでは「ビールは小のみ!」と言っていたので仕方なしにビール小を注文。しかしまだ前菜しか食べてない状態だったけど、あっという間にビール小を飲み干してしまった。。

ちなみにこの店のグラス、人によって大きさや形が異なり、左の奥様はちょっと小さめのグラスでビールが出てきた。そしてグラスに記されているラインより、少なめにビールが入っていたのでボクが冗談半分で「あっコレ、線の高さまで達していないのでもうちょっと入れて貰った方がいいですよ!」と言うと「ホントやね。ちょっとお姉さん~~、このラインまでビール入れて!」って店員さんに言っていた。。

 

こんな店だったら多分ビール大があるだろうと、マスターらしきオジサンに「ビッグ・ビール、プリーズ!」と頼むと持って来てくれたのが、こちらのヨーロッパでは珍しいキンキンに冷えたビール大。ちなみに料金は先程のビール小が3€、こちらビール大が6€。

 

ビール大があるのが分かって”メルハバおっちゃん”もビール大を追加注文して、リスボンに無事到着した事を祝して乾杯する。

”メルハバおっちゃん”の髪型は独特で、今日は4箇所も観光したのでそのお疲れがちょっと出ていたかも。。

 

そしてメイン料理である、タコが入ったリゾットが出てきます。

 

日本人は日本の米が世界で一番美味しいと自負する民族だけあって、海外で米料理を食べてもあまり美味しく感じないみたいだけど、このリゾットは美味しかった。

 

ポルトガルで訪れたレストランの中で一番愛想の良かったお姉さんは、真面目にテキパキ笑顔で働いています。

 

リゾットのお代わりを持って来てくれ、美味しかったので思わずお代わりを貰っちゃいました。それとこのお姉さん、左手にタトゥーが入っていて”自称後期高齢者オジサン”が「何のタトゥー??」って聞いたら「パパの名前を入れてるの!」と返ってきたみたい。

 

ここのリゾットはツアー参加者さん達にも当然好評で、お代わりする人続出です。さすが海の幸が豊富なポルトガルだけあります。

 

そしてあっという間にデザートのアイスが出てきます。

 

そしてここからお店のサービスで、シェリー酒が出てきます。

酒好きはタダ酒を飲める時程、嬉しい事はありません!

 

こちらのマスターみたいなオジサンは、さっきのお姉さんのパパさんではないそうだ。

 

ビール小と大を飲んで、美味しい料理も食べて、すっかり上機嫌になってしまった!

 

という事でポルトガルで一番愛想があり、笑顔が最高に可愛らしかった、こちらのお姉さんにいつもの寿司キーホルダーをプレゼントする。ちなみに名前はジェシカさんで、”自称後期高齢者オジサン”曰く「年は28歳だって!」との事。

 

ついでに記念写真を撮って貰うと、ひょっこりと厨房で働く別のお姉さんもカットインしてました。

 

写真を撮ってくれた”自称後期高齢者オジサン”に「もう一人一緒に入っていたよ!」と知らされて、厨房に戻ってそこにいたオバサンに寿司キーホルダーをプレゼントしましたが、さっき一緒に写っていたお姉さんと違う人でした・・・・でもとても喜んでくれましたが。。

 

このお店、店内の装飾が結構面白くて世界中の国旗とそれぞれの時計が置かれています。

 

勿論日本の国旗もあり、そこには長崎の文字もあります。長崎はポルトとも姉妹都市ですが、今日訪れたシントラの街とも姉妹都市であるのです。それと今の日本国内にはポルトガルとの間に、なんと8箇所も姉妹都市提携されている自治体があります。

 

 

 

ステシア・スマート・ホテルにて

美味しい夕食を食べて、美味しいビールもたっぷり飲んで、そして愛想が良くて可愛らしい店員さんと写真を撮って大満足した後、リスボン市内のホテルに到着。

 

【ルテシア・スマート・デザイン・ホテル】

(LUTECIA Smart Design Hotel)

住所:Av. Frei Miguel Contreiras 52, 1749-086 Lisboa

 

 

ホテルに辿り着くと、入口には別の日本人団体が到着したばかりみたいで、ロビーには大勢の日本人が溢れていました。後で聞いたらクラブツーリズムの団体で、ボク達と同じ8日間のツアーだったみたい。

 

今日は色んな所を観光してお疲れだったのか、部屋の鍵を貰うとツアー参加者さん達は一目散にエレベーターに乗り込んで行きます。ボクはそんな人達を見送ってからゆっくりエレベーターに乗ろうと思って待っていたら、
”自称後期高齢者オジサン”のカバンがロビーの椅子の上に忘れて置かれているのを発見。

よくホテルのチェックイン待ちの時にカバンや荷物を降ろして、鍵を貰った後に部屋に向かう時はスーツケースに気が行って、手荷物を忘れる時が多々あるのでご注意を。

ツアー参加者さんに不幸な事が起きれば、ボクら団体にも良くないので、ここでしっかりと殿を務めて忘れ物を見張るボクであります!

 

ホテルの部屋はどんな感じ??

さてこのホテルは今日と明日連泊なので、重要なホテルとなります。

 

思ったよりもコンパクトなサイズの部屋ですが、キレイな感じに見える第一印象。

 

コンパクトな部屋だけどベッドはツイン。どうせ1人で泊まる部屋なので、広さとかよりも個人的に重要なのはホテルの立地だけ。街中にある方が夜歩きし易いので。

 

バスルームは、ご覧のようにバックライトで少し幻想的な雰囲気を出している。

 

ヨーロッパのホテルでは、このように上に固定されているシャワーと手持ち用シャワーがある所が多い。だけどこのダブルシャワー、意外と切り替えが上手くいかない時があるのだが・・・。

 

 

近くのスーパーまでお買い物に

さて荷物を部屋に置いて部屋内をチェックした後は、添乗員さんが近くのスーパーマーケットまで連れて行ってくれるとの事で、ツアー参加者さん有志と向かう。

 

さてリスボンの夜。ポルトガルの首都であるが、治安面に関しては全然不安な印象は個人的には感じなかった。

 

ホテルから歩いて8分程の距離にある、スーパーマーケットに到着。

 

ポルトガルでは昔から海鮮系が豊富であったが、保存が効くタラが一番ポピュラーだそうだ。ポルトガルでは1年間毎日タラを食べても違う料理で出せるらしい(365種類以上のタラ料理があるという事)。

 

美味しいのかは分からないけど、オイルサーディンは1缶1€もしない。流石スーパーマーケットである。

 

ボクの狙いは勿論アルコール。色んな種類が置かれているので、結構迷います。

 

今晩と明日の晩酌用アルコール類を購入した後は、一旦ホテルに戻って荷物を置きます。そして再びホテルを出発して、これから満を持して地下鉄でリスボン市内に向かいます。

 

こんな旅はまた次回に続きます!

↓↓↓↓ポルトガル旅行記:初回↓↓

イベリア航空経由でまずはスペインへ-ポルトガル旅行記ブログ-1
阪急交通社トラピックスのツアーで訪れた1月のポルトガル。まずは成田空港からイベリア航空でスペインに向かいます。