”ふらっと長崎へ”旅行記ブログ-8 新世界三大夜景「稲佐山」長崎の夜景編

スポンサーリンク

【甥っ子ちゃんとの長崎旅行】1日目

【個人旅行-スカイマーク便】2019年8月5日~2泊3日

 世界に誇る夜景?!

 稲佐山の頂上からの景色

ここは長崎県の稲佐山の頂上、標高333mの展望台から長崎の街を見下ろします。

 

観光に来たらやっぱりその街の夜景は見ておかないといけませんよね!

 

 稲佐山頂上からの眺め 動画

 

いい感じにやっと辺りは暗くなってきました。19時40分位ですが、急に暗くなってきましたね。

 

意外と日が暮れると、暗くなるのが早くいい感じの夜景が見えてきました。夜景も色んな評価があるかもしれませんが、どこでもそれなりに綺麗な夜景ですね。

 

原爆がこの長崎の街の投下されてから、もう70年以上も経過している。その爪痕には全然残っていない長崎の街並み。それだけ生き残った人には大変な事だったのかもしれないけど、その根性があったから今があるのである。

 

逆にそういった悲惨な出来事があったからこそ、ここまで復興できたのかもしれない。

 

ツラい思い出はあまりみんなしたくないけど、逆境に置かれた人間は能力以上を発揮する事が多い。

 

ここでカメラを持って来ていた甥っ子ちゃんの能力も発揮される。くちゃくちゃな髪の毛をしながらもファインダーを覗く甥っ子ちゃんの姿はなんとも言えない可愛らしさが出ている。

 

ただしこちらのカメラに目線を向ける時は、あまりいい顔がなかったけどね。。

 

いいカメラで撮っているので、もうちょっといい夜景写真を期待していたけど案外そうでもなかった。LINEで送ってきたので、元の写真に比べると少し画質が劣化していたのかもしれないけど。

スポンサーリンク

 

 稲佐山頂上からの眺め 動画2

 

この時は19時55分。すっかり30分で辺りは暗くなって、いい感じの夜景が見える時間となってきた。

 

はい、長崎の夜景を見れて満足気な甥っ子ちゃん。オジチャンと旅行に来て、沢山歩き回って少しシンドイ目もするけど、最終的には楽しかった思い出しか残らないようだ。良かった、良かった。

 

少しアゴ髭を伸ばしているオジチャン。黄色い服がいい感じで目立っています。

 

香港、ナポリ、函館と夜景を制覇し今回は長崎。お次はどちらにしようかな?

 

暗くなるとだんだん人が増えてくる稲佐山。でも函館山の頂上とは比べ物にはならない位に少なめである。向こうは展望台は有料だったけど、こちらは無料でも全然少ない。

 

函館山は4重位に手すり付近に人が並んでいたけど、こちらは全然そんな事なく1重程度。この時間は20時ちょうど位。

 

なので長崎の夜景の方が函館に比べるとゆっくり見てられる。

 

長崎の街の夜景と、オハバーTシャツの男。その夜景に何を感じるのか?!

 

そろそろ夜景も見尽くしたので、どうやって帰ろうか? わざわざタクシー会社に電話してここまで来てもらうのも大変なので、頂上に上がってくるタクシーを狙うものの、この写真を撮った時に来ていた2台を逃した後はタクシーが全然来なかった。。

 

視線を電波塔に移すと、すっかりいい感じにライトアップされていた。

 

その時間に応じて、色が変わるみたいなので、こちらも見ていて飽きない工夫がされていた。

 

こちらでは向き合って仲が良さそうな鶴のオブジェがいい感じに。

 

葉加瀬太郎は長崎のテーマ曲を作っていたようだ。

スポンサーリンク

 

 山頂からの帰りはロープウェイで

稲佐山からの帰りはタクシーが全然来なかったので、諦めてロープウェイに乗る事にする。

 

こちらのライトアップされた道の先にロープウェイの乗り場がある。

 

通常時と違ってピーク時は、ロープウェイの運航が早くなっているようだけどそこまで頻繁に行き交っている様子は無さそう。

 

最初から往復のチケットを買っている人はお得かもしれないけど、帰りだけのロープウェイのチケットを購入。ただしみんな来る時もロープウェイに乗ってきた人ばかりでここでチケットを買う人はほとんどいなかった。大人:片道720円、中高生520円の料金。

 

長崎で軍艦島クルーズもしたし、ちゃんぽんも食べたし、夜景も見れたりでそろそろスイッチがオフになりそうな甥っ子ちゃん。

ただそうは問屋が卸しませんよ!

少し待って、やっとロープウェイに乗り込みます。函館山では人が多過ぎたのですが、ここではその反省を活かして、外観が見えるポジションを確保します。

 

ロープウェイは早く乗ったもの勝ちですね。

 

さて長崎の街を見下ろしながら、ロープウェイで下って行きます。

 

 稲佐山から降りるロープウェイでの景色 動画

 

ロープウェイでもただボケ~~と乗っているだけか、それとも景色を見れるポジション取りして、そこから眺めていれるかで全然価値が変わります。

 

約5分程揺られて、下に到着します。

 

観光地は人を呼びたい為に、色々と策を練るみたい。夜景が綺麗って定義は何なのかな??あくまで人の印象だけ?それとも照度計で何ルックスとかの基準があるのだろうか?!

 

その後は勿論歩き。長崎の夜景を見て、今日は終了と思っていた甥っ子ちゃん。そうは甘やかしませんからね!これはある程度歩いた場所から、さっきまで滞在していた稲佐山の頂上を見た景色。

 

ちょっと迷いながらもJR長崎駅に到着。

 

ただしJR長崎駅も新幹線が止まる駅ではなさそうで、そこまで大きな駅ではなさそう。

 

そんなJR長崎駅の向かいにはNHKの建物が、光っていた。

 

夜はホテルに帰って寝るだけよりも、ちょっと歩き回った方がその土地勘も付くし、夜の景色も綺麗なので絶対歩き回った方がいいと思う。

 

こちらはJR長崎駅前に設置されていた郵便ポスト。

 

ただ長崎駅前は広い感じで、アーケードもあった。ちょっと照明は暗かったけど、まだ電車は営業中。

 

長崎駅前は歩道橋が四方八方に張り巡らさせていて、無駄に信号待ちする必要がなくて便利だった。

 

そんな歩道橋もグルグルと回ってみる。一方で早くホテルに帰りたくて仕方ない甥っ子ちゃん。。

 

歩道橋から再びJR長崎駅を正面に捉える。

 

公共の乗り物に乗って移動するのもいいけど、やっぱり歩きながらちょっと迷いつつ自分の体を動かした方が”体でその土地勘を覚える”という感じがして、よく歩いちゃうのである。

 

そしてJR長崎駅から結局ホテルまで歩いて帰る事に、途中ちょっと迷いながらも眼鏡橋に辿り着く。こういう光景も歩いたから見れるのである。

 

ただここまでもう50分位は歩いていて、疲労はピークの甥っ子ちゃん。。サイヤ人じゃないけど、疲れた分は全て筋肉になるハズ!

スポンサーリンク

 

 ホテルに帰還し、就寝!

ホテルに帰るとさすがに足が痛かったという甥っ子ちゃん。翌日は実は筋肉痛になっていたという。この日のニュースは前日夜中に全英女子オープンに優勝した渋野日向子選手ばかり。一夜経って、テレビ出演ばかりで見ていても大変だな~~と思う。

 

今宵はコンビニで購入したキャンペーン・デザインのサッポロ黒ラベルを頂きます。長崎初日からたっぷり歩いたけど、まだ初日。

 

23時にはベッドに入った甥っ子ちゃん。見た目は可愛らしいけど、寝相はとても悪いのである。。

 

後でスマホの万歩計を見せてもらったら、今日は27000歩も歩いていたようだ。でもこれで疲れるという事は普段全然歩いていないだけ!

 

もうすっかりオジチャンとの旅行も慣れて、この歩き回る性格には諦めたようだ。ぐっすり眠って体力を回復し、明日もたっぷり歩きたまえと思いつつ、甥っ子ちゃんの寝顔をお酒の肴にしながら時間は過ぎていくのであります。

明日の様子はまた次回に続きます!

↓↓↓↓長崎旅行記:初回↓↓

”ふらっと長崎へ”旅行記ブログ-1 神戸空港スカイマーク~長崎空港到着編
定番の甥っ子ちゃんとの旅は、今回長崎を訪問!そこで繰り広げた珍道中をお送りします。まずは初体験の神戸空港からスカイマーク飛行機で台風を恐れずに長崎空港へ向かいます!

コメント