”誘惑のトルコ”ツアー旅行記ブログ-21 イズミル-革製品のお土産物屋①編


【トルコ周遊10日間ツアー】4日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】2019年7月中旬

即席モデル!?

 途中でトイレ休憩に

イズミールの都市を通り過ぎて、エフェス遺跡に向かう途中にトイレ休憩にサービスエリアに到着します。

トラックなども休憩するサービスエリア。こちらのトイレは無料でした。

いつもながら早くトイレを済ませて、カフェ内を見学。

そこそこ色んな商品が置かれているけど、地元のスーパーマーケットに比べると、ちょっとだけ割高だし、まとめ買いには向いていないサービスエリアの売店。

カフェ内の看板にメニューと価格が書かれています。このボードを見て、てっきり文字の左側に書かれているのがその値段だと思っていましたが、正確には右側がその値段でした。

トルコといえばトルコ・コーヒー。中々他の国では飲むことのできないトルコ・コーヒーですが、添乗員さん曰く「私は一度飲んだので、もういいです!という感想です」との事。

ツアー参加者さんの一番若手の愛称”クマちゃん”にちょっとトルコ・コーヒーを貰いましたが、それなりの味でしたね。。

ただ味というよりは、雰囲気を楽しむのがトルコ・コーヒーのようです!

ちなみにトルコではコーヒーは外来の飲料で、こちらではコーヒーのことを「ネスカフェ」と言うのだとか。なので先程のメニューでも「コーヒー」とは記載されておらず「ネスカフェ」となっているのでした。

 再びバスに乗り、移動

今日はとても天気がいい日になってきました。今日も”いい出会い”があるかな?!

実はトルコにはあまり高速道路の道がない。意外かと思うけど、イスタンブール近郊と首都アンカラを結ぶ線しか無いのである。

ただ、それぞれの都市を結ぶ道はちゃんと舗装されているので、渋滞する事も停まる事もなくスムーズに進んだ。

 バスの車窓から眺める景色 動画

トルコは多くの断層があり、意外と地震大国でもある。なので都心とかの大きな新しい建物では耐震工事がなされているものが多い。

丘の上には城壁のようなものが見える。ギリシャにあるパルテノン神殿のように、丘の上に要塞を造って防御を固めていた地区は多い。それだけ上の土地の方が優勢に戦えるからだろう。

 革製品屋「FIRST PORT」に到着!

エフェス遺跡に到着・・・・の前に、先にツアー日程に組み込まれているお土産物屋さんに到着します。

ツアーでこういったお土産物屋さんに連れていかれる事は多々あります。ただそれは最初から日程表には書かれており、そのお土産物屋さんから旅行会社はリベート(購入された代金の一部キャッシュバック)を受けて、それで旅行代金を安くしたりできるという事を名目にツアー日程に組み込まれています。

今まで何回か阪急交通社ツアーに参加して、ツアー公認のお土産物屋さんに連れて行かれた事がありますが、個人的にあまり商品を買いたくなるようなお店は無かったです。というのもそのお店での価格が予想以上に”いいお値段”だったので、買う気が湧かなかったというのが原因です。恐らくこれは個人的な推測ですが、阪急交通社側が相当なリベートを要求している為に、その分多額な商品価格を上乗せしているのが問題なのかと思っています。

まあでもそんなお土産物を買うか、買わないかはその本人さん自体の問題。トルコではどんな感じ??かなと思っていると、まずはこちらの建物内に通されます。

そしてこちらの番号が並んだ表とエンピツをそれぞれ渡されます。

 ファッション・ショーのスタート!

すると電気が暗くなり、音楽が鳴り始め舞台に光が当たります。

と思ったらこちらのお店で販売するファッション・ショーが始まります。先程手渡された表はこのファッション・ショーで着ている衣装に番号札が下げられているので、気に入った番号を記入する為のものだったようです。

 ファッション・ショーの様子 動画




 ファッション・ショーの様子 動画2

意外と普段見る事の無いファッションショーに、少し興奮しているボク。それに女性モデルもキレイ系な女の子を採用しているし!

次々とモデルさんが音楽に合わせて、軽くダンスをして去って行きます。

そんなのを見ていると、気に入った衣装とかを見ている暇もなく、モデルさんの顔を見るだけで必死です。。

でもお土産物屋さんでこんなファッション・ショーがあるとは思っていなかったのですが、なかなか楽しめます。

個人的には正直、革製品は全然欲しいと思っていなかった。特に革ジャンとか、最初はいいけど手入れとかが面倒でだんだん着なくなるのが分かっているので。。

でもなかなかこれだけステージから近い位置でファッションショーを見れる機会もないので、それを楽しむ。

 ファッション・ショーの様子 動画3

 ファッション・ショーの様子 動画4




 ファッション・ショーの様子 動画5

 ファッション・ショーの様子 動画6

すると途中でダンサーたちが、観客のツアー参加者さん数人を誘ってステージの裏側に連れていきます。前の晩に他の人のブログをちょっとだけ見た時に「ステージ周りに座っていると、ステージに上げられる」と書いてあったので、それを警戒して2列目に座ったのですがお隣のお兄さんは見事に吊り上げられていましたね。。

ツアー参加者さんの数人が裏方に連れていかれたにも関わらず、まだまだファッション・ショーは続きます。

すると先程、奥に連れて行かれたツアー参加者さんの1人がイケメンモデルと共に入場してきました。

歩き方とか簡単に打合せをしたのか? 意外とスムーズにステージ上で舞うお姉さん。

お次はボクの横に座っていたお兄さん。ちょっとテンションが低めだったけど、女の子のテンションの高さに引っ張られるように何とか頑張って動きます。

ノリノリの女の子。お兄さんは衣装の前のジッパーを締めた方がよかったかもしれないね。。

お次はこちらの奥様。いい笑顔をされていました。

最後に1人、前に出てポージングをする場面ですが「こんな場面、出た事ないからどんなポーズをしていいか?分からなかった♡」と可愛らしいコメントを後で言ってましたね。

最後に登場したこちらのオジサンが一番ノリノリでしたね!

多分裏で特に打合せもしていないハズなのに、女の子のダンスに合わせて、頑張って腰をゆするオジサン。

最後のポーズも様になっていますね! お見事!!

こうして素人参加のファッションショーはそれなりに盛況で幕を閉じます。




まだまだファッション・ショーは続きます。

そうしていると先程、ファッションショーに参加していた人達が戻ってきました。その健闘ぶりに拍手で出迎えます。

こういったファッション・ショーはツアーに参加しないと、体験できないもの。そういう意味ではツアーに参加して楽しめるメリットでもあります。

でも別の角度から考えると、彼らもタダでファッション・ショーをしてくれている訳ではありません。販売している革製品を買ってもらえるようにショーを開いているのです。ある意味、購入客を呼び寄せる為の客寄せの催しに過ぎないのです。

そしてその後待ち受けるトルコの土産物屋さんの攻勢は、他の国とは一味違った”しつこい””軟禁商法”を用いてきますのでご注意ください。

「阪急交通社公認のお土産物屋さんだから、大丈夫!」と思っていたら痛い目に遭うかもしれませんよ!




 ファッション・ショーの様子 動画7

そしてファッション・ショーが終了し、革製品が置かれているブティックの方に移動します。その入口のドアを開けてくれていたお姉さんが可愛らしかったので、人一倍テンションが上がったボクだったのであります・・・。

この続きはまた次回に続きます!

↓↓↓↓トルコ周遊旅行記:初回↓↓

”誘惑のトルコ”ツアー旅行記ブログ-1 事前準備&クチコミ編
阪急交通社/トラピックスのツアーで訪れたトルコ旅行記の口コミブログ。トルコってどんな国なの???行く前にまずはお勉強を!