”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-13 ラバト③編


【幻想の国 エキゾチックモロッコ10日間旅行記】3日目

【1人参加旅ツアー・阪急交通社(トラピックス)】

ラバトの観光

ラバトのムハンマド5世霊廟がやっと入れるみたいなので移動2

「ハッサンの搭」のある広場を一旦出ます。

ラバトのムハンマド5世霊廟がやっと入れるみたいなので移動3

ヤシの木が朝焼けの景色にカブッて、いい感じになっています。

 ムハンマド5世の霊廟を訪問!

ラバトのムハンマド5世霊廟がやっと入れるみたいなので移動4

隣にある「ムハンマド5世の霊廟」に向かいます。

ラバトのムハンマド5世霊廟がやっと入れるみたいなので移動5

やっと朝9時を迎えて、ゲートがオープンしました。ここは入場料は無料で入れます。

ラバトのムハンマド5世霊廟に入場して行きます

こちらは元国王ムハンマド5世の霊廟。1961年に死去した後、1973年にこの建物が完成した。

ラバトのムハンマド5世霊廟に入場して行きます2

中への入口は各4面にあり、それぞれに兵隊さんが立っています。

ラバトのムハンマド5世霊廟に入場して行きます3

ちなみにここの兵隊さんは横に立って、一緒に記念撮影に応じてくれます。

ラバトのムハンマド5世霊廟を守る兵隊さんと記念撮影

このように真横に立って、写真を撮ってもOKです!

兵隊さんと記念撮影の様子 動画

ラバトのムハンマド5世霊廟を守る兵隊さんと記念撮影2

この様に星マークが入ったベルトのバックルを左手で持ち、右手に銃を持ったスタイルがお気に入りみたい。

ラバトのムハンマド5世霊廟を守る兵隊さんと記念撮影3

兵隊さんによって、陽気でフレンドリーな人もいる。

ラバトのムハンマド5世霊廟を守る兵隊さんと記念撮影4

ここからも隣の「ハッサンの搭」が見える。

ラバトのムハンマド5世霊廟を守る兵隊さんと記念撮影5

ちょっと遠慮気味に写真を撮る。服からパスポートなどを入れる黒いポーチがはみ出てると気付かずに・・・。

ラバトのムハンマド5世霊廟を守る兵隊さんと記念撮影6

海外では特に、みんな足袋シューズが気になるみたい。こちらの兵隊さんも気になっていたようですね。

ラバトのムハンマド5世霊廟にの中の様子

この中に入り、まず目に入ってくるのが「ムハンマド5世」の棺

ラバトのムハンマド5世霊廟にの中の様子2

外側とは一転、内側はとても煌びやかな造りとなっている。

ラバトのムハンマド5世霊廟にの中の様子3

ここにはムハンマド5世のお墓以外に、その息子で前国王のハッサン2世と彼の弟のアブドゥラー王子のお墓も飾られています。

霊廟内の様子 動画

ラバトのムハンマド5世霊廟にの中の様子4

天井も豪華に造られている。この中で眠るムハンマド5世が毎日見上げるものだから、飽きさせないにしているのだろうか?!

ラバトのムハンマド5世霊廟にの中の様子5

4つある出入口にはちゃんと兵隊さんが立っていますね。

ラバトのムハンマド5世霊廟にの中の様子6

モロッコの国旗が大量に置かれています。

ラバトのムハンマド5世霊廟の中の景色

モロッコの英雄のお墓がある場所なので、豪華に造られている。

ラバトのムハンマド5世霊廟の中の景色2

みんな写真を撮ったり、眺めたりと大忙し。。

ラバトのムハンマド5世霊廟の中の景色3

そしてこの霊廟の4つ角にも、それぞれに兵隊さんが槍を持って立っています。

ラバトのムハンマド5世霊廟の中の景色4

でもここでず~~っと立ってるって仕事、大変だろうな・・・。

ラバトのムハンマド5世霊廟の中にて

地下には通路があって、ここを出入りしていましたが勿論観光客は入れません。。

ラバトのムハンマド5世霊廟の中にて3

壁の模様は幾何学的なモチーフ。

ラバトのムハンマド5世霊廟の中にて4

やっぱり左手をベルトに当てるのが、基本ポーズなのだろう。

ラバトのムハンマド5世霊廟の中にて5

ふと、外を見るとオジサンがポケトークで兵隊さんとお喋りをしていた。

ラバトのムハンマド5世霊廟の中にて6

何とかコミュニケーションが取れたみたいでご満悦だったオジサン。今回は4人がポケトークを持って来ていたが、4人ともオジサンでした。

ラバトのムハンマド5世霊廟を出る

どこの国でも独立を勝ち取った人は英雄で大事にされている。それだけ独立を勝ち取るというのは大変なことなんだろう。とてつもない勇気がある人にしか出来ないんだろうな。。

ラバトのムハンマド5世霊廟を出る6

そんな「ムハンマド5世霊廟」の前でマトリックスポーズ。ここでも服の中からポーチが顔を出していましたね。。

ここからバスが停まっている「ハッサンの搭」の反対側に移動しようと歩いていると、馬に乗った兵隊さんがこちらに向かってきました。

 馬に乗った兵隊さんの様子 動画

ラバトのムハンマド5世霊廟を出る7

馬に乗った兵隊さんが居なかった時は「何かな??」と思っていたが、これを見ればそれがあった理由が分かって納得!!

ラバトのハッサンの搭前の馬に乗った兵隊さんとたわむれる

ここで「この兵隊さんが何をするのかな?」と思っていたら、普通に立っているだけでした。。

ラバトのハッサンの搭前の馬に乗った兵隊さんとたわむれる2

「意外とこの馬ちゃん、ウブなんですよ~~!」

ラバトのハッサンの搭前の馬に乗った兵隊さんとたわむれる3

「おっ、てめ~ヤルつもりか?!」

ラバトのハッサンの搭前の馬に乗った兵隊さんとたわむれる4

「しっ失礼しました~~!」という顔の馬ちゃん?!

ラバトのハッサンの搭前の馬に乗った兵隊さんとたわむれる5

反対側の馬ちゃんと兵隊さんにも一応挨拶を。

 再びハッサンの搭にて

ラバトのハッサンの搭で再び撮影会を

ハッサンの搭の広場を通った反対側にバスが停まっているので、再びこの広場を通ります。そこでも”ダメ押し”とばかりに写真撮影をしていた。。

ハッサンの搭がある広場の様子 動画

ラバトのハッサンの搭で再び撮影会を2

柱の残骸も微妙にそれぞれ高さが違っている。

ラバトのハッサンの搭で再び撮影会を3

あっちの壁側の方の柱は高くまで造っている。初めの方に出来あがったものかな?!

ラバトのハッサンの搭で再び撮影会を4

首都ラバトの見晴らしがいい場所に、国家の英雄が眠っているのである。

ラバトのハッサンの搭で再び撮影会を5

古くからある壁のように見える。

約800年前に建てられて、その後放置が続くハッサンの搭。これはこれでモスク建設の続行は出来ないのだろうか?

みんな結構自分を入れて写真を撮って欲しい人が多いように見受けられる。1人旅限定ツアーでは添乗員さんが気を利かして、写真を撮ってくれますが参加者が多いので各自で写真を撮り合いする事が多いですね。

こちら側でも同じように馬に乗った兵隊さんが立っていますね。

馬もじっとここで立っているだけなんて、面白くないような。。ただ大人しい馬が選ばれているのだろうが。

真面目そうな兵隊さん。写真を撮っても特に表情を変える訳でもない。

こちらのオジサマは近くにいた物売りから、アクセサリーを物色しています。

多くの人がバスに乗っているので、マイペースでアクセサリーを値切っていましたね。。

兵庫県の丹波篠山近くから来られているオジサンで、昔千原兄弟のお父さんが経営する建設会社に勤めていた時に千原兄弟ともよく会っていて、当時の千原兄弟の様子を教えてくれたりしましたね。

今回のツアー参加者は全員ではありませんが、マイペースに写真を撮ったりする人などで集合時間になってもバスに乗らない人が数人いました。添乗員さんも温和なタイプなので、キツく言わない方でしたね。

バスの前方には、このツアーの名前が貼られています。途中サービスエリアやレストランに行って、帰ってくる時に同じようなバスが何台か並んでいる時があります。

その為、こういった目印を頼りにキチンとバスに戻りましょう!

モロッコのナンバープレートはこのようにアラビア文字も入っています。

この後は”青の街”シャウエンまでバスで長旅です。

この続きはまた次回に続きます!!

↓↓モロッコ旅行記:初回↓↓

”幻想の国”モロッコ旅行記(阪急ツアー)-1 準備編
阪急交通社の1人参加限定旅ツアーで訪れたモロッコ旅行10日間の旅行記です。まずはモロッコという国の紹介を!