ウユニ塩湖&マチュピチュ ペルー大周遊HISツアー 旅行記⑩

南米(ペルー&ボリビア)旅行記(HISツアー)
6日目:ボリビア(ウユニ塩湖観光)


ウユニ塩湖&ペルー大周遊 10日間 の6日目。

DSC_9607.jpg

ウユニ塩湖の真ん中の塩ホテルの横に国旗が飾られた、ちょっと島的なのがあります。

DSC_9613.jpg

色んな国の国旗があります。

ただ全部揃っている訳ではなく、各自国旗を持って来て飾っているそうです。

DSC_9615.jpg

日本の国旗で記念撮影。日本の旗は2枚ありました。

ここは潮風が直に当たるので、旗の劣化が早いとの事。

現地ガイドさん曰く、日本人はあまり国旗を持ってこないらしい。

中国人や韓国人に比べると。

DSC_9616.jpg

この島付近には多くの人が集まってきています。

中には裸足で歩いている人もいます。

ケガしそう!

DSC_9617.jpg

小さな人影もここでは、とてもいい感じに見えます。

DSC_9619.jpg

近くにダカールラリーのモニュメントがあります。

その奥では、雲色がだいぶ怪しくなってきました。

DSC_9621.jpg

キレイ目な女性が写真を撮ると、絵になります。

ついでにパシャ。

DSC_9628.jpg

みんな写真を撮ろうと群がっています。色んな国の人達がいます。

日本みたいに礼儀正しく順番待ちをしていると、いくら経っても写真を撮れません。

マナー違反はしませんが、多少強引に行く必要があります。

DSC_9625.jpg

今回のHISツアー&日本代表として、人混みをかき分けての記念撮影。

行ったもん勝ち!?

DSC_9629.jpg

何とも幻想的。

DSC_9630.jpg

お次はトリック写真が撮れるポイントに向かいます。

というより雨雲に向かって進んでいきます。

「絶対雨降るだろう・・・」という感じ。

DSC_9631.jpg

水気の無い所を探して進みます。

DSC_9634.jpg

爆笑問題の田中さん似のドライバーさん。

DSC_9636.jpg

結構取り慣れているのか、マットを敷いてカメラを固定して撮影してくれます。

またアングルや動きなど細かい注文も多々してきます。

_20180319_211447.jpg

ドライバーさん持参の恐竜たちを使います。

凝る人はわざわざ被写体を持ってくるみたい。

ウユニ塩湖のトリック 動画

プリングルズの筒から飛び出してくるという定番のトリック動画。

ただし動画の場合は、動き続ける必要がありました。

この時も 常に踊り続けて! というリクエストが。

数回撮影すると、高地でまだ体が順応していない為にグロッキー状態になります。

その為に動画撮影は注意が必要です。

私は案の定、体調が悪くなっていきました・・・。

DSC_9640.jpg

車の中で酸素吸入のハメに。。。

DSC_9642.jpg

一旦ホテルに戻り休憩。そこから17時過ぎにお次は夕日鑑賞。

再び車に揺られ、ウユニ塩湖へ。

DSC_9643.jpg

ただ残念ながら、雲が多くキレイな夕日が顔を出しそうな雰囲気はなし。

DSC_9644.jpg

日が沈み、風が吹くとそこそこ寒くなる。

DSC_9645.jpg

これだけ雲が厚いと、この強風でもビクともしない。

DSC_9648.jpg

DSC_9651.jpg

雲が無ければ、どんな絶景か想像。

DSC_9657.jpg

寒い中を我慢して待ち続けるも、残念・・・。

ウユニ塩湖の絶景 夕陽 動画

残念ながら厚い雲に閉ざされています。

その雲の隙間から、少しだけ夕陽が顔を覗かせています。

今晩の星空に期待して、ウユニ塩湖を後にします。

DSC_9659.jpg

ホテルで晩飯。ハネムーンカップル特権のケーキの余りをお裾分けしてもらいます。

美味しい!

そして この晩飯直前にゲリラ豪雨が降ります。

どうも雹が降っていたらしく、屋根が凄い音に。。。

そして熟年夫婦の部屋が雨漏りして旦那さんが慌ててフロントへ行き、戻る時に部屋を間違えて私の部屋に入ってきました。

私も油断してカギをかけていなかったので、お互いビックリ!

びっくりね

豪雨が降ったので、キレイな星空が見えることを祈って就寝。

翌朝は朝4時起きの4時半出発。

現地ドライバーさんもちゃんとホテル前でスタンバイ状態。意外と働き者!

ただスマホしか持って行っていない私は星空写真が全然撮れず・・・・・。

いいカメラと三脚を持っていかないと星空写真は撮れないので注意!
※皆さん事前にAmazonで三脚を購入していた模様

こちらはツアー参加者が撮った写真を頂きました。

天の川がキレイに見えます。

感動~~。

この画像、シャッタースピードが長いのでどうしても人物がブレてしまいます。

イスに座ればヨカったのかな?

肩を組めばブレないかな?・・・と思い、肩を組んでみるもブレブレ。。。

普段住んでいる環境では、こんなに星なんか見えない。

というか星ってこんなにあるんや!と感心。

撮影モードを変えると合成したような写真になりました。

でも星空はとてもキレイに写って良かった。

DSC_9667.jpg

そうしている内に朝日が昇るタイミングが刻一刻と訪れてきます。

DSC_9670.jpg

現地ガイドさんより、足をパシャパシャして波紋を作るようリクエストがあります。

これまた幻想的な世界!

DSC_9679.jpg

あえてこんなシルエットで分かるぐらいの写真で年賀状 とかイイね!

ウユニ塩湖の絶景 夜明け前 動画

本当にハネムーンカップル向け。

DSC_9689.jpg

現地ガイドさん曰く、朝日はあっけないので それまでがとてもキレイですとの事。

確かにそう感じる。

DSC_9690.jpg

夕日は見れなかったが、朝日の焼け具合も同じ感じかな?

DSC_9693.jpg

だんだんと明るくなってくる。

DSC_9695.jpg

後ろ側もそれに影響し、明るくなってきた。

DSC_9697.jpg

何とも形容しづらい景色。

ただ単に語彙力が無いだけなのかも。。。

DSC_9698.jpg

DSC_9704.jpg

遂に日の出の時間がやってきた!

DSC_9708.jpg

昇ってきたばっかりも眩しい!

太陽光の凄さを実感する瞬間。

ウユニ塩湖の絶景 日の出 動画!

DSC_9709.jpg

太陽光が昇ると後ろも微妙な色気から、キレイな青色に変化する。

DSC_9710.jpg

太陽が2つ見えるので、よけい眩しい。

日の出の瞬間は僅か数分。

でも素晴らしいひととき。

太陽があるから地球の生物が存在できていると実感する瞬間。

DSC_9712.jpg

DSC_9713.jpg

朝の景色はまた別格!

DSC_9718.jpg

ウユニ塩湖でも映えるRED SOXジャンパー。

DSC_9720.jpg

ホテルへ戻る道中。ぞろぞろと順番に進む車たち。

明確な目印はないが、同じ道を他の車も進む。

最高の景色を見れて良かった。

やっぱり雨が降るかが大事なポイントなのかな?

そういう意味では我々はとてもラッキーだった。

–続く–