初心者が始めた社交ダンスで2か月後の成果は?

今年の3月に誘われて社交ダンスの体験レッスンをしてから、気が付けば早や2カ月。

社交ダンス

レッスンは週一回の団体レッスン。

初心者コースは月曜日の19時から1時間。

今の所、知り合いのDさんと二人だけのレッスン。

Dさんはたまに仕事で休むので、その際はほぼ個人レッスン状態。

そして初心者コースが終わった後の中級コースも端で見学し、たまに一緒に参加する。

講師の先生が2人いる場合は、その時間は別に指導してくれたりする。

足形として、最初に学ぶのが「ブルース」「ワルツ」「ルンバ」といった所です。

初めは先生が教えてくれる足の運びに、注力する。

それを真似て足を運ぶ。

ちょっと慣れると、足元を見ずに目線は正面を向けたままでやらされる。

やってみると意外と難しい。

それがやっと出来ると、次は先生と組んで動く。

ここで1人で足形を行うのと、先生と言えども女性と組んで行うのでは全然感覚が違う。

そこでだいぶ戸惑う。

社交ダンスの大事なルールというか重要な点として

「ダンスは男性がリードする」

というのがある。

現代を代表する草食系男子である私、見た目には全然そんな感じでは思われないが思いっきりドMな草食系。社会ダンスなんて向いてないのでは?と少し感じる。

社交ダンス

でもそこは心を切り替えて、新しい自分になりきる。

「グイグイ行くしか道はない!」

そう思いこむ。

社会ダンスしだしてから、改めて映画「シャルウィダンス」を見てみると同じポイントを指摘されている。

 

社交ダンス

「遠慮しないの!」

社交ダンス

「もっと右足を大きくだして!」

「その一歩目がキチンと出せないから、相手に伝わらない!」

「ボールルームダンスはリーダーが体全体を使ってどう踊るか伝えないといけないの!」

本当によくできた映画。教室の先生も言っていた。

初心者でやっていると、ズキンと響く言葉。

[amazonjs asin=”B00KWWZAWY” locale=”JP” title=”Shall we ダンス? DVD”]

しかし、一番社交ダンスで重要なのは

『音楽に乗ってダンスを楽しむ事!』

これは先生も言っていたし、長井慎平さんの本にも書かれていた。

人生も仕事も何事もすべて同じ。

「生きるということは刺激的なことであり、それは楽しみである」
by アインシュタイン

アインシュタイン

人生を楽しむ為に始めた社交ダンス。

固く考えずに、楽しく学ぼう。